大損!【ドンキ】で「絶対ダメな買い方」VS「他店の4割引!お得3選」1,000万円貯めた人の節約術

  • 2021年07月02日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

みなさんご存知、激安の殿堂【ドン・キホーテ】。

いろいろな商品を安く買えて家計が助かる一方、その魅力から、少し油断をすると予算がオーバーしてしまうことも…。

そこで今回は、そんな失敗を防ぎ、ドンキでお得にお買い物する方法を、”貯金ゼロから1000万円貯めた”ヨムーノライターchippuさんに教えてもらました!ドンキを使いこなす節約達人のアドバイス、ぜひ参考にしてくださいね。

ドンキで絶対にやってはいけない「買い方ルール」

5人家族で食費月2万5000円でやりくりしているchippuさんは、ドン・キホーテで食品を買いすぎないように気を付けているポイントがあるそうです。

ドン・キホーテで「ムダ買いを防ぐ買い物のコツ」=「絶対にやってはいけない買い方」をご紹介いたします♪

【ドン・キホーテ買い物のコツ1】魅力的なポップに惑わされない!

ドン・キホーテでと言えば、“派手なポップ”が特徴的ですよね♪
ドン・キホーテには、「ポップライター」という、お店に飾るPOPを専門に作る人がいます。

このPOPこそ、ドンキ・ホーテ最強の武器!
どれもカラフルで引き寄せられるので、つい商品に手を伸ばしてしまうことも多いです…。
そこで私は、どんなに魅力的なPOPを見ても、「買いたい欲」を抑えるよう、気持ちにがっちりフタをしています(笑)
ドン・キホーテのPOPを良く見てみると、派手だからと言って必ずしも割安とは限らないんです。

カラフルでいかにもお得そうなPOPがついていても、実際は定価と変わらなかったり、定価より少し高かったりすることも。
「POPが派手=安い」ではないので、派手なPOPに惑わされないよう買い物をしています。

「ワンコイン」「特売」などのポップには要注意

ドン・キホーテのPOPはいろいろな、買いたくなるワードが使われています。
なかでも危険度が高いのが、「ワンコイン」「特売」「限定価格」「圧倒価格」といった、いかにもお得なワードには要注意です!
たった一言で“安い”と思わせられる言葉が、独特のドンキ文字で書かれているので、販促効果は何倍にもなります。

ですが、やっぱりよく見てみると、案外そこまでお得ではないことが多いです。
ワンコインで売り出している商品も、ドラッグストアやスーパーで買った方が安い商品もあります。
ドン・キホーテでPOPを見るときは、販売価格が本当に安いかをジャッジすることが大切です♪

【ドン・キホーテ買い物のコツ2】訳あり品は、安さだけで即カゴに入れない!

ドン・キホーテに行くと、山積みに陳列されている訳ありの激安商品に出会うこともあります。
POPを見ると、「大量一括仕入れで安く販売できました!」と安い理由をかかれていることもあります。
ですが、どんなに理由があっても、訳あり品…。
訳ありになった理由が何なのかを知ったうえでカゴに入れないと、かえってムダ買いになってしまうことも。

例えば、お菓子や飲み物の激安訳あり品は、ちょっと変わったフレーバーだったり、不人気だったりすることが多いです。
それを知ったうえで購入するのは良いけれど、安いからと言ってまとめ買いして、口に合わなかったとなれば、ムダにしかなりません。

ドン・キホーテで激安の訳あり品を購入するときは、どんな商品なのかしっかり見てからカゴに入れるようにしています♪

【ドン・キホーテ買い物のコツ3】レジ待ちで“ついで買い“はしない!

ドン・キホーテは、敷地内すべてが売り場のようなもの!
「こんなところにも商品を並べるの?」と思ってしまうような場所に陳列されていることもありますよね(笑)
店先はもちろん、レジに並ぶ通路、駐車場も部分的に売り場として使われています。
つまり、店に入る前からレジでお会計をするまで、ずっと商品に囲まれているような状態なんです!

ドン・キホーテでムダ買いを防ぐために、こういった数々の売り場商品をついでに買わないよう注意しています。
「コレいいな」と思っても、ついで買いになってしまうものはカゴに入れません。
私はひとつカゴに入れてしまうと、「まぁいっか」と気持ちが緩んでしまうことが多いので、とにかく買わないように気を引き締めています。

他店の4割引!「買うだけでお得な3つの方法」

では、ドンキではどんな食品を買うのがお得なのでしょうか?

chippuさんによると、「お菓子」はスーパーで買うよりも断然お得なことも多く、まとめ買いしているそうです。

chippuさんおすすめの「ドンキで買うと安いお菓子」をご紹介します。

【ドンキで買うと安いお菓子1】スナック菓子

子どもたちのおやつタイムに登場する回数が多い『スナック菓子』。
ものにもよりますが、近所の安いスーパーでも1袋80円以上します。
でもドンキなら、“大量一括仕入れ“などで1個50~60円で買えることが多いです。

その日によって安売りしているお菓子は違うけれど、それはそれで楽しみになっています♡
スナック菓子も、全体的に値段が手ごろなので、お菓子のまとめ買いもしやすいです。

大袋サイズもお買い得!ポテチのファミリーパックが200円以下♪

60g入りの普通サイズだとあっという間になくなってしまうので、普通サイズよりも割安な大袋サイズを買うことも多い我が家。
ファミリーパックは割安だけど、その分出費がかさみます。
スーパーの価格は、130g程度のもので200円。大きいとはいえ、ポテチ1つに200円は痛い出費ですよね。 

ドンキなら、大袋サイズも値段が手ごろ♪  ときどきドンキの公式アプリで割引クーポンを配信しているときだと、130g程度のポテチが150円以下で買えることもあります。

【ドンキで買うと安いお菓子2】ファミリーパックの小分けお菓子

仕事や家事の合間に、ほっと疲れを癒してくれるチョコレート菓子♡
子どもたちだけでなく、私や夫も好んで食べているので、食べ過ぎ防止のために我が家は“小分けタイプ”を買っています。
小分けになっている大袋のチョコレート菓子は、量も多い分1つの値段もお高め…。
スーパーだと、特売品になっていない限り、1袋250円~300円はします。

でも、ドンキなら1袋200円ちょっとで買える確率が高めです♪  私はドンキが近所にあるので、月に4~5回は通っていますが、いつ行ってもチョコレートの大袋菓子がスーパーより断然安い値段で売っています。
先日はチョコパイのパーティーパック(9個入り)が198円、キットカットの大袋も148円と他店より割安でした。

さらに!ドンキのアプリクーポンが出ているときは、1袋150円以下で買えることも♡
ファミリーパックのチョコレート菓子は割安なので、とくにねらい目です。

【ドンキで買うと安いお菓子3】キャラクター系のお菓子

ドンキは、キャラクター系菓子の品ぞろえも豊富♡
我が家の娘たちは、今『鬼滅の刃』にドはまりしているので、ときどき買うことがあるのですが…。
コンビニやスーパーだと、1個200円近くすることもあって、簡単に手が出せない値段でした。 

でも、さすが安さの殿堂ドン・キホーテ♪
他店では高すぎて買えなかったキャラクター菓子も、半分以下の値段でゲットできたんです。
在庫や価格は店舗によって違いはあると思いますが、ドンキは大量一括仕入れが多いので、割安に変える確率が高め。
家計にちっとも優しくないキャラクター菓子は、すべてドンキで購入しています♡

もうドンキで失敗しない!

ドン・キホーテは、色とりどりのPOPが飾られていていろいろな商品が購入できる、テーマパークのようなお店ですよね♪

パッと見ると安い商品が多いので、つい予定外のものも買ってしまいそうになります。 ですが節約達人chippuさんによると、よ~く考えるとそこまで割安ではないものも多いそう。

ドン・キホーテへ行くときは、今回のアドバイスを参考に、ムダ買いに気を付けて上手にお買い物をしてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事