「カリフラワー?」「パイナップルかりんとう?」気になるカルディの珍味系おやつを実際に食べてみました

  • 2021年07月30日更新

こんにちは、家計簿の支出項目に「カルディ」があるほどカルディでしょっちゅう買い物をするヨムーノライター、佐々木舞です。

国内外の美味しい食べ物が揃うカルディは、店内を歩くだけでワクワクします。
その一方で、「これは一体どんな味なんだ。」と味の想像ができない食べ物もよく見かけます。

どんな味か見当がつかないと、購入するのはなかなか勇気がいりますよね。
……でも気になる!!

その気持ち分かります!
そこでこの記事では、カルディの味が想像できないけれど気になるおやつ3つをピックアップして、皆さんの代わりに食べてレポしますっ!

美味しいだけじゃなく驚きの秘密が"カリフラワーパフ”

レジに並んでいる時にチラッと視界に入り、そのおしゃれなパッケージと「カリフラワー」という文字が気になって急遽購入したこちら(298円税込)。タイのお菓子で全面英語、しかもカリフラワーのお菓子とは、想像ができませんよね。

開けてみると、フワッとした軽いスナックが出てきました。買った後に知ったのですが、成分はカリフラワー、米、米油、食塩のみで、添加物不使用!グルテンフリーのお菓子でした。

しかもノンフライ。今はやりの、食べても罪悪感を感じない「ギルトフリー」スナックでした。ラッキー!

揚げていないのが嘘のように、さくっと軽い歯応え。シンプルな塩味で、カリフラワーの風味をほんのり感じます。

食感は、数年前に惜しまれながら販売終了となった明治のスナック菓子、カールにそっくり。

味も食べ始めたら止まらない系の塩味で、グルテンフリー&ギルトフリーなのが信じられないほど、美味しい。良い意味で「普通のスナック」なんです。これは絶対にリピします。いや、ストックします。

本気で全甘いもの好きに食べて欲しい"ソーンパプディ"

実はわたし、世界60カ国以上でスイーツの食べ歩きをしているのですが、衝撃的に美味しくて記憶に残っているスイーツがいくつかあります。その中のひとつがこの"ソーンパプディ"なんです。

パッケージからは味どころかどんな食べ物かさえ想像ができない&473円(税込)とちょっとお高いので買うのを躊躇う人が多いと思いますが、大丈夫ですよ。めちゃくちゃ美味しいです!

パッケージを開けるとこんなスイーツが出てきます。

これはインドの伝統的なおやつで、ひよこ豆、砂糖、チャイに使われるスパイスや細かく砕いたナッツが入った砂糖菓子。日本のわた飴に少しだけ似ています。

持ち上げる時はそーっと動かさないとホロリと崩れてしまうので注意が必要。口に入れると、繊細な繊維のような生地がホロホロほどけ、一瞬で溶けて形がなくなります。これがもうクセになる!

結構甘いのですが、ジンジャーをはじめとしたスパイスが効いているので、甘ったるさはなく後味はスッキリです。

散りばめられたナッツのカリッとした食感と香ばしさが良いアクセントになっていて、一度食べ始めたら止まりません。
ホットミルクに数粒混ぜれば、即席のチャイも作れます。

このスイーツを知っている日本人は少ないと思うと、もったいない!本当に本当に本当に美味しいので是非食べて欲しいです。

レモンの次はコレ!?"パイナップルかりんとう"

カルディの人気シリーズ、安定の「もへじ」から出た新商品です(213円税込)。

最近のカルディはレモン関連商品が目立ちますが、こちらはパイナップルのかりんとう!ネット上にも「どんな味?」「気になるけど買う勇気が……」などの声が多く上がっていたので、購入してみました。

袋を開けると、その時点でふわっとパイナップルの香りが上がってきました。

食べてみると、想像以上のパイナップル味!パイナップルの風味はかなり強めで、しっかり甘く、ほどよく酸味が効いたかりんとうです。
一緒に食べた友人とほぼ同時に「パイン飴みたいな味がする!」と声が出ました。懐かしい味わいです。

かりんとう独特のカリッとした食感もまた良い。
パイナップル好きにはたまらないおやつだと思います!

たまには冒険してみるのも楽しい

商品の入れ替わりも多く、行くたびに見たことがない商品と出会えるカルディ。
いつものお気に入りの商品に加え、たまには冒険してみると、素敵な出会いがあるかもしれません♪

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事