【チャンドンゴン×パクヒョンシク】リメイクドラマ「SUITS/スーツ〜運命の選択〜」の見どころ紹介

  • 2021年11月26日更新

こんにちは、ドラマと映画のことならお任せ!ヨムーノライターのはるです。

今回は、除隊後の復帰作となるドラマ「Happiness」の撮影に挑んでいる人気俳優パクヒョンシクの出演ドラマ「SUITS/スーツ〜運命の選択〜」を紹介していきます。

日本でも織田裕二主演でリメイクされているので、違いを比べても面白いかもしれません(元々はアメリカのドラマ)。テンポの良いストーリーとチャンドンゴン×パクヒョンシクの最強タッグが楽しめる本作をぜひチェックしてみてくださいね。

韓国ドラマ「SUITS/スーツ〜運命の選択〜」のあらすじ

弁護士のチェ・ガンソク(チャン・ドンゴン)は、事務所のシニアパートナーになるためにアシスタントを雇うことに。ガンソクはホテルで面接をするも、そこに集まったのは高学歴ながらガンソクの出した問題に答えられない応募者ばかりでした。

そんな時、1人の応募者がガンソクの質問に見事に答えますが、実は彼は弁護士資格のないコ・ヨヌ(パク・ヒョンシク)。ヨヌは麻薬売買の受け渡し役を引き受けるも取引相手に騙されて警察に追われており、面接室に逃げ込んできたのでした。

ずば抜けた記憶力を持ち、法律の知識も持っているものの、悪友とつるんで真っ当な道を歩む機会を失っていたヨヌ。ガンソクは、無資格ながら他の応募者よりも見どころのあるヨヌをアシスタントとして雇うことにしますが……。

DVD-SET1

DVD-SET2

韓国ドラマ「SUITS/スーツ〜運命の選択〜」の見どころ

スピード感のあるストーリー

全9シーズンの原作ドラマのうちシーズン2までの内容とシーズン5の一部を詰め込んでいる本作。といっても無理な展開は一切なく、自然なストーリーに仕上がっており、スマートな印象を受けました。

原作ではかなり揉めたヨヌ絡みの恋のいざこざも、本作では比較的あっさりしており穏便に終了。パラリーガルのジナ(コ・ソンヒ→「あなたが眠っている間に」では優秀な検事役)との恋愛は、韓国ドラマらしいスローペースの進み方で、可愛い恋愛にキュンとしました。

また原作ではしょっちゅうベッドインしていたガンソク(元キャラはハーヴィー)も、本作では一度限りで終了。女好きの印象が強かったハーヴィーの面は本作ではあまり出て来ず、ヨヌとの友情の方に重点が置かれた描かれ方をしていました。 本作は全24話の中に、ガンソクの検事時代の出来事や元代表のハム(原作ではハードマン)とのやりとり、ヨヌの恋愛やガンソクとヨヌのブロマンス、そして嘘をついてアシスタントになったことへのケジメなど、原作の見どころが韓国テイストにアレンジされてギュギュッと詰まっているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

パクヒョンシクの違ったスタイルが楽しめる

これまで現代ものでは「上流社会」「力の強い女 ト・ボンスン」と、甘いルックスを引き立てる長めの髪と仕立ての良い服をパリッと着こなす御曹司役が続いていたパクヒョンシク。

しかし本作では、お金がなく悪い友人とつるみ、道を踏み外す選択ばかりしている青年ヨヌを熱演しました。そのため本作では、眉毛の見える短髪姿を披露。眉毛の形もこれまでとは異なり、視線を惹きつけるものになっていました。

また、スーツにスニーカーとリュックを合わせるのもヨヌ流。スーツ×スニーカーは日本であまり見かけないのでちょっと驚きでしたが、ヨヌが革靴を履かないのにはちゃんと理由があって、ヨヌと言うキャラクターの大事な部分でもあるので、ぜひ本編でチェックしてみてください。でも、今思うとスーツ×スニーカーって、ありですよね。動きやすいし、むしろ普及すればいいのに、と勝手に思っています(笑)。

気になるドラマを観て”Stay Home”を楽しみましょう

アメリカ版の面白さと韓国ならではのアレンジがギュギュッと詰まった本作を観て、おうち時間を楽しんでくださいね。

DVD-SET1

DVD-SET2

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事