ラーメン界激震【セブン】「山頭火旭川とんこつ塩」が歴20年マニア的”最高級”!最後の1滴まで完飲

  • 2021年12月01日更新

こんにちは。ヨムーノライターの臼井愛美です。 フードコーディネーター、料理教室主宰、WEBマガジンのライターなどをしています。 34歳3児の母です。

私は仕事の終わりに、プチご褒美で一人でラーメン屋に行くのが趣味(通称:ソロラー)。ソロラー歴20年超えで、初めて訪れる街に行く時は、その土地の人気ラーメン屋を調べてから行くほどです。

コロナ禍の自炊疲れの反動で外食ばかりしていたら、経済的にダメージも大きいですよね。そんな時にピッタリなのがコンビニのカップ麺!100~300円で外食の味が堪能できます!

特にセブンイレブンのカップラーメンがクオリティが高くて大好きです!今回はセブンの大好きなカップ麺がリニューアルしたということで徹底比較してみました!

7月12日にリニュアル!セブンプレミアムゴールド《山頭火》

セブンプレミアムゴールド《山頭火旭川とんこつ塩》300円(税込)

名店の味を再現した魚介の旨みと濃厚な豚骨スープと歯切れのいい麺のカップ麺です。

そんな好きなカップ麺の一つが7月12日にリニューアルしました!

ということでリニューアル前と後の山頭火を食べ比べてみました。

2点とも内容はかわらず。

麺はノンフライ麺。 かやく、チャーシュー、液体スープ、粉末スープ。

かやくはチャーシュー、メンマ、きくらげ、なると、ねぎ、ごま、梅干しと変わりません。

麺は色がリニューアルする前の方がき色が濃いですね。

比較してみました!

比較してみました! 見た目に変わりはありません。

リニューアルした後のスープは、濃厚でこっくりとしたスープ。 クリーミーで柔らかな味です。

リニューアルする前のスープは、塩味が効いている分すっきりとした味わいです。

飲み比べてみて、しっかり変わっていることにびっくり。

リニューアルした後の麺は、それほど違いはありませんが少し柔らかめ。

さすが、山頭火シリーズ史上、最高級スープと書いてあるだけあります!

リニューアルする前の麺は、コシがあり食べ応えがあります。

まとめ

比較してみた結果、私の好みもありますがスープはリニューアル後、麺はリニューアル前がおいしかったです。 しかし、カップ麺の域を超えた美味しいカップ麺にいつも驚きます。 満足感が高いです。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事