「お1人様2点まで」になる前に【イオン】「買うだけでお得!BEST10」700万円貯めた達人の節約術

  • 2021年12月07日更新

こんにちは、「イオン」マニア歴5年、「週7日」イオンパトロールをしている700万円ためた節約家のヤギコです。イオンが大好きすぎて、「Mrs.イオン」と呼ばれたい!

ハムやソーセージなどの加工肉って毎日欠かせないものだけど、意外と種類が少なく、価格が高いものが多いんですよね。実は、イオンのトップバリュはハムやソーセージなどの加工肉売り場は、高コスパのものなど、やりすぎなくらい充実しているんです。

ちなみに12月に活躍の機会が増える生ハムも、それだけで3種類もでているのですよ? このハムコーナーのすばらしさを伝えたい!ということで、高コスパ10品をさっそくご紹介していきますね。

イオンはハムだけでも10種類以上!

イオンはプライベートブランド(PB)のハムだけでも、たくさんあります。私がざっと売り場で、「ハム」と書かれた商品は11種類もありました!
これだけ数が多い理由は、たとえば同じハムでも部位や価格の違いがあるためのようでした。

個人的には、ハムのなかでも生ハムがコスパもよくおすすめです。まずは生ハムからご紹介します。

【イオンおすすめ生ハム1】食べ切りサイズ

【しっとりまろやか 生ハムロース】50g 税込価格 192円

生ハムは高価なイメージですが、なんとトップバリュだと「ベストプライス」という価格が安いシリーズで販売しています。すごくないですか?

ロースで50gなので、ひとつひとつが小さく使い切りやすいのが特徴です。丸パンにはさんでもちょうどいいですよ。

味付けもまろやかな海水塩をつかい、マイルドに。ほかの食材と一緒にはさんで食べても、邪魔しすぎずちょうどいい塩梅です。

【イオンおすすめ生ハム2】生ハムロース 

【しっとりまろやか 生ハムロース】110g税込価格 300円

さきほど紹介した、ロースの生ハム50gの110g版です。倍量以上が入っているのに、価格は2倍以下とコスパがいいのが魅力的ですよね。

生ハムは開けると乾燥しやすいため、できれば一回で食べ切ってしまいたいですよね。たくさん使うときのほうが、おすすめかもしれません。

しかし実際我が家では、残った時もラップにくるんで次の日に食べてしまっています。 同じく塩味が少ないので、料理に使いやすいです。

【イオンおすすめ生ハム3】生ハムもも

【しっとりまろやか もも生ハム切落し】110g (税込価格 300円)

トップバリュベストプライスの生ハムは“ロース”だけでなく〝もも”も販売しています。これ、すごくないですか?
すごくうれしいですが、「そこまでしなくてもいいよ、イオンさん」とも思います。いえ、やっぱりそういうところが大好きです。

そして困ることに”ロース”も” もも”も、量も価格も一緒です。最初のころは何で選んだらいいか困りました。

しかし、ももの方が大きいので基本的に包丁を使う手間は出ると思います。
ロングサイズのパンにはさむなら、このままでもいいでしょう。

味はロースのほうが薄く、とろける感じがします。対して、ももは少し厚みとすじの噛み応えがあります。そのため食べた感もつよく、個人的には満足感があるのはももだと感じます。

チャーシューだけでも5種類

つづいては、チャーシューのご紹介です。 イオンはなぜかチャーシューもとても充実しており、売り場で数えてみたところ「チャーシュー」と名がつくPBは5種類ありました。こちらもおすすめをご紹介します。

【イオンおすすめチャーシュー1】かたまりチャーシュー

【焼豚 高温直火焼き】270g (税込419円)

ベストプライスからでている、チャーシューです。安くてたくさんあるのがうれしい!
甘めの味付けで、チャーハンなど料理に入れてアレンジするのにも使いやすいのですよ。 もちろんスライスしてそのまま出せば、おつまみとしても喜ばれます。

【イオンおすすめチャーシュー2】バラチャーシュー

【そのままでも、おいしい バラ焼豚切落し】116g (税込価格 300円)

こちらは「バラ」をつかったチャーシューで、脂身の甘さがありおいしく食べられます。
すでにスライスしてあるため、ラーメンを作った時にも乗せることができますよ。
ラーメンに乗せると、スープに脂身が溶けてまたおいしい!

また、ごはんに数枚乗せてチャーシュー丼にしても喜ばれます。ネギや野菜も少し添えるともっとおいしいです。

チャーシューのいいところは、家に何もないときもこれがあれば家族のテンションがあがるところです。イケてないときの夕飯でも、チャーシューが添えてあればごきげんな我が家!

【イオンおすすめチャーシュー3】ももチャーシュー

【ひとくちもも焼豚】122g(税込価格 300円)

生ハムと同じく、チャーシューも部位違いが用意されています。
さきほどは”バラ”でしたが、こちらは"もも"です。

バラとももの違いは、もものほうが脂身が少なくヘルシーなところでしょうか。食べた感じで脂っぽさが少ないので、油っこいものが苦手な方にもおすすめですよ。

バラチャーシューと同価格ですが、もものほうが122gと6gほど多く入っているため、コスパがよいのもこっちだったりします。

【イオンおすすめチャーシュー4】角煮もおいしい

【三温糖使用 豚角煮】(税込価格 645円)

少しチャーシューとは少し異なりますが、角煮もおいしいのでご紹介させてください。
ボイル、もしくは電子レンジで温めるタイプの角煮です。

袋入りの角煮は、煮汁が入っているのが魅力的。あたたかいご飯に汁をしみ込ませて食べると、もう最高!「お肉は正義!」と叫びたくなりますよ。
三温糖を使っているので、やさしい甘さがおいしいですよ。大根をいれたバージョンも販売されてくれないかな。

オーガニックソーセージも充実

ここまでの商品は「トップバリュベストプライス」と「トップバリュ」の2つのPBアイテムでした。しかしオーガニックブランドの「グリーンアイ」からも加工肉は登場しています。

ソーセージというと、余計な保存料や発色剤がたくさん使われている気がしますが、こちらには使用されていません。
なんといっても抗生物質を使わずに飼育した豚の肉が原料です。発色剤を使っていないため、ソーセージの色も素材本来のまま。
だから、子どものお弁当にも安心して入れることができますよ。

さらにイオンのグリーンアイは、オーガニック商品なのにお手頃なのが本当にうれしいです。国内の有名ブランドと商品の価格で、グリーンアイなら購入できることがほとんど。

そしてそんなグリーンアイですら、なぜかソーセージには「あらびき」と「ほそびき」の2種類が用意されていました。オーガニック製品は、アイテム数がそんなに用意されていない印象ですが、それさえもくつがえしてきました…!(尊敬) 詳しくご紹介しますね。

【イオンおすすめソーセージ1】オーガニックあらびき

【Free From ポークあらびきウインナー】 120g(税込価格 300円)

歯ごたえのあるソーセージです。みっちりお肉が詰まっていて、ボイルにして食べると、少しキュッキュっという歯ごたえが楽しめます。

オーガニック商品だけあり、味わいは素朴です。子どもにじゃこのまま食べてほしいですし、足りないときはケチャップをつけています、

【イオンおすすめソーセージ2】オーガニックほそびき

【Free From ポークほそびきウインナー】 127g(税込価格 300円)

つづいて、ほそびきのソーセージです。
味わいはあらびきと同じで素朴な感じです。

あらびき肉に比べて食感がやわらかくなっているのがポイント。噛む回数が少なくて飲み込めます。
さらに…うまく伝わらないかもしれませんが、親知らずなどであまり噛めないときにも食べやすそうだなあと感じています。

イオンにはまだまだ加工肉がある!

イオンの、充実しすぎている加工肉たちについてご紹介しました。
ほかにも、まだまだたくさんありましてふつうのハムも、ローストビーフも美味しいです。

さらに最近では大豆ミートも、イオンはたくさん販売してきています。
とにかくお肉系は、商品が豊富なトップバリュ。ぜひ、製品が並んでいるお店に寄った際は店頭をチェックしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事