【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

業務スーパー通の"売切れたら困る!"便利食材ランキングTOP5!毎回リピする1個6円大福とは

  • 2019年10月07日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

業務スーパーマニアが「コレ無しでは乗り切れなかった!」お金も手間もカットする便利食材ランキングTOP5を発表!こちらを参考に、献立を考えてみてはいかがでしょうか。

【業務スーパーまとめ】ヨムーノライターが買い続ける食品とは?

冷凍食品・チルド・お菓子まで厳選まとめはこちら

1位:!1㎏297円の衝撃コスパ!「冷凍ぷち大福」

「ぷち大福」 1㎏入り 297円(税込) 安心の国内製造です。

宮城製粉は業務スーパーのグループ会社で、業務スーパーにはたくさんの宮城製粉の商品が並んでいます。
以前ご紹介したやわらか煮豚、チキンのトマト煮込みのほかにも、チューロスやカレー、おかゆなどなど。

袋の中には一口サイズの大福がたっくさん!
宮城製粉ホームページによると、1袋に約44個入っているそうです。
ということは1個6.7円!

20℃で約2時間解凍するそうですが、この時期はもちろんそんなにかかりません。
完全に解凍されないと、当然固いのですが、暑い季節はそれはそれで美味しかったりします!
個人的には、半解凍より少し溶けたくらいが好きです。

簡単アレンジも楽しい

串に刺してみました!半解凍くらいが扱いやすいですよ。
串に刺すだけで可愛いですし、食べやすくなりますね!

完全解凍された大福は柔らかくってとても美味しいです!
きな粉をかけても食べても美味しそう!

みたらし団子のようにあんをかけてみました!
表面のしょっぱさと、中の甘いあんこの組み合わせがなんとも言えない美味しさです。

みたらしあんは、とても簡単にできますよ。

<作りやすい分量のレシピ>

  • 砂糖 大さじ3
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 100ml

材料をすべて小鍋に入れて火にかけ、常に混ぜながら、透明になりとろっとしたらできあがり!

宮城製粉ホームページによると、1袋に約44個入っているそうです。
ということは1個6.7円!

賞味期限は購入日から約1年先と長く、急に子どものお友達が来た時などにもすぐ出せる。
便利で安い、まさにコスパ最高の商品ですね。お勧めです!!

▲1位の記事詳しくはこちら

2位:1個約37円の衝撃お値段。解凍するだけ!「冷凍ワッフル」

「冷凍ベルギーワッフル」
10個入り 375円(税込)

ベルギーのスイーツといえば、ワッフル!
これは、直輸入品です。

ワッフルは、子どもたちによく作るおやつの1つです。
ですが、家にずーっと子どもがいる長期休みは、作るのを省略!買います(笑)。

なんといっても、解凍するだけでOK!というのが魅力です。

そして、業務スーパーではなんと!
驚きの1個37.5円!

10個あれば、さすがに食べ盛りの我が家の男子たちでも満足してくれる量です。
個包装になっているのは、かなり便利ポイントが高いですね!

大きさは、一番長い所で約9センチ。

賞味期限も購入した日から半年以上あります。使い残しの心配も無し!ですね。

「冷凍ワッフル」(焼くだけですが)作ってみた

食べ方は、自然解凍、またはオーブントースターで加熱するだけ。 パッケージ裏には「1200Wで約4分加熱」とあるので、その通りにしようとしたら……。

スタイリング使用食器:ツェラミカ アルティスティッチナ 

我が家のトースターでは、焦げてしまうところでした!!
焦げ始めるとあっという間なので、オーブントースターでカリッと焼きたい場合は、よく様子を見ながら加熱してくださいね。

美味しく焼くコツを発見!

オーブントースターで焼くと、ワッフルはしっとりとやわらかくなります。
表面をサクッとさせるには、温めたあとオーブントースターの蓋をあけたまま、2分ほど放置すると良いですよ!

焼くと、やはりとても美味しい!外はサクッと、中はふわっとしています。
甘さも、甘すぎずちょうど良い感じ。パールシュガーのような砂糖も入っています。
こんな本格スイーツが1個37.5円とは!業務スーパーさん、ありがとう!

「冷凍ワッフル」を簡単アレンジしてみた

生クリームが大好きな二男は生クリームたっぷりで。

▲2位の記事詳しくはこちら

3位:業務スーパー「500g278円ムール貝」は使い回し簡単!

衝撃のお値段で、しかも便利な「冷凍ムール貝」も業務スーパーで購入できます。

「チリ産 ムール貝」
500g入り 278円(税込)

コストコには、同じメーカーの味付きタイプがあります。そちらも、とても美味しいです。  
業務スーパーは、味がついていないタイプ。
最近は、生のムール貝も最近は普通のスーパーで購入できますが、ひげがついていたり洗ったり、結構下処理が大変!

このまますぐに調理することができるのは、やはり便利ですよね!
袋に穴をあけて、レンジ加熱もすることができますが、身が固くなるのであまりお勧めしたくありません。

業スー「ムール貝×トマト缶」で簡単おすすめレシピ

「ムール貝のトマト煮」 を作ってみました!

作り方

  1. オリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを鍋に入れ、弱火で加熱し、香りがたってきたらムール貝を入れ、白ワインか酒少々を加え蓋をして、貝が開くまで蒸します。
  2. 貝が開いたらトマトソースを加えてあえ、パセリのみじん切り適量をふったら完成!

身も大きく美味しいです!
ムール貝に塩気があるので、塩をする場合は味見をしながら調整くださいね!
ソースが多めなので、こちらに茹でたパスタを入れても、とても美味しいと思いますよ。

注意する点が一つあります。
調理している最中に、貝の殻が欠けてしまうことがあります。
怪我をしては大変ですので、小さな子どもが食べるときには気を付けて見てあげて下さいね。

▲3位の記事詳しくはこちら

4位:豆腐パック風!3種の濃厚「冷凍デザート」

リッチチーズケーキ  299円
リッチ抹茶ケーキ   299円
リッチショコラケーキ 299円

こちらは、兵庫県姫路市にある株式会社ソイキューブという会社が製造しています。
お豆腐などを製造している会社のようなので、お豆腐みたいな入れ物にチーズケーキを入れる発想になるのかも!

3種類全部、500gの大容量!
それで299円の低価格は驚きですよね!

SNSで話題!濃厚なチーズ感が絶品「リッチチーズケーキ」

SNSで「濃厚で美味しすぎる!」と話題のリッチチーズケーキ!


   冷凍の状態で販売されていて、はがすとこのような感じです。

ひっくり返すようにして取り出してみると、あらためて500gのボリュームを感じます!
カロリーは100gあたり265キロカロリー。

食べてみると確かに!話題の通り、圧倒的にチーズを感じる、濃厚なケーキです。
我が家のスイーツ男子たちからは大好評!
「すごく濃厚で美味しい!」と喜びました。

カフェ風に簡単アレンジしてみた

「半解凍の状態で、包丁を温めて切ると良い」とパッケージに書いてあります。 そこで早速、ケーキ入刀!?

ではなく、もっとお手軽に。 100均で購入したセルクルで型を抜き、ブルーベリージャムと冷凍ベリー類を置いただけで、こんなにおしゃれ! シンプルな味のチーズケーキには、ベリーが良く合いますね。 まさか、500gで299円には見えません(笑)。

賞味期限も、私が購入した日からは11カ月くらい先まででした。
冷凍庫に1つ入れておくと、とっても便利です!

▲4位の記事詳しくはこちら

5位:レンチンで即メインおかず!「ピリピリチキン」

名前の通り(笑)、辛みのある鶏手羽元の煮込みです。
お値段298円+税。コスパも最高!

調理法は……チンするだけ♪

手羽元が6本入っています。そして味はキムチの素が入っているので、ピリッと辛いです。 お父さんのビールのおつまみにピッタリ!夏はピリッとしたもののほうが食が進みますよね。

レンジ加熱か湯せんで温めるだけで、美味しいおかずが完成します!そして、安心の国内製造。
レンジ加熱でできるというのは嬉しいですね!鍋を洗う手間がひとつ省けます!

気になるお味は?

鶏肉はとっても柔らかく、お箸でもほろっと骨から外すことができます。
味も、キムチベースのピリッとしたところがアクセントになって、とっても美味しいですよ!
子どもとは遊びに行った先で夕食を済ませ、でも夫には作らないといけない〜(涙)。という状況の時に是非、おすすめしたいです!

そのままレンジでチンして出すだけでも十分美味しいのですが、彩りが良くなるお野菜と一緒に炒めてみました。

超簡単アレンジで色味をプラス

ズッキーニ、パプリカ(赤・黄色2種)各適量を一口大に切り、油少々で炒めてしんなりさせます。
そこへ「ピリピリチキン」を、たれも含めて全部入れ、フタをして温める程度に加熱したら出来上がり!

味がしっかりしているので、調味料は何も足さなくても大丈夫ですよ。
ちょっと野菜を足して温めるだけ!
それでしっかりとしたメイン料理になるので、とっても便利な1品だと思います。賞味期限も長めなので冷蔵庫に入れておくと安心です!

▲5位の記事詳しくはこちら

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事