【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

【ダイエット】セブンイレブンの冷凍食品が使える!「管理栄養士推し」3品

  • 2020年11月03日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。
「ダイエットしたいけれど、毎日自炊するのは大変」「かといってカップ麺やレトルトカレーばかりだと太っちゃう……」そんな困りごとの解決に有効なのが「冷凍食品」です。

冷凍食品がダイエットに使えるってどういうこと?どんな冷凍食品がダイエットにいいの?そんな疑問を解決するべく、管理栄養士の猪坂みなみさんに、ダイエットに冷凍食品がおすすめな理由と、セブンイレブンで買える具体的なおすすめメニューを教えてもらいました。

冷凍食品は忙しい女性のダイエットにおすすめ!

冷凍食品は、マイナス18℃以下で保存して菌の繁殖を防ぐことで、長期間の保存を可能にした食品です。そのため、保存料を使用しなくても賞味期限が1年程度もあり、買い置きにもぴったりです。

また、メニューのバリエーションも豊富です。一昔前は、冷凍食品と言えばお弁当用のミニコロッケなどが定番、という時代もありましたが、現在では、あんかけ焼きそばや餃子、チンジャオロースーなど、普段の食卓のおかずとして使える便利なメニューが増えています。

しかし、バリエーションが豊富というだけでなく、実は冷凍食品には、ダイエット中に取り入れると便利な理由が3つあります。

1.一食分ずつ個包装だからカロリーコントロールが簡単

ひとつめの理由は、一食分ずつ分かれて包装されているものが多いため、カロリーコントロールをしやすいという点です。

ピラフやチャーハンの場合は、2~3回分の量が1つの包装に入っているタイプがありますが、おかずタイプの冷凍食品の多くは、1回分ずつ分けて包装されています。そのため、今日食べるのはこれだけ、という量がわかりやすく、なんとなくダラダラ食べ続けてしまう…という事態を招きにくいと言えます。

パッケージには栄養成分も表示されているため、購入するときに、自分にとってカロリーが高すぎないかどうかをチェックしましょう。

2.自炊できなくてもOKだから挫折しない

2つ目の理由は、自炊できないときでも続けやすいという点です。 冷凍食品の調理方法は、レンジで加熱するだけ、湯せんするだけ、自然解凍するだけ、などと、とても簡単です。そのため、「忙しくて自炊できないからダイエットできない」と思っている方でも、無理なく取り入れて継続することができます。

賞味期限も長い(食品によって異なりますが、通常1年間程度)ので、時間のあるときにまとめ買いしておくことが可能です。忙しくて野菜を買いに行けない…というときでも、冷凍庫におかずのストックがあれば安心ですよね。

3.たんぱく質や野菜をとれる

3つ目の理由は、ダイエット中にしっかり摂取したい「たんぱく質を含む食品」や「野菜」をとることができるという点です。

一般的に、賞味期限の長い加工食品であるインスタント食品やレトルト食品などには、加工の難しさやコスト上の問題などで、たんぱく質や野菜はあまりたくさん入っていないことが多いです。
しかし冷凍食品の場合は、ほとんどの食品は問題なく凍らせることができるため、肉や魚、卵、野菜、きのこなど、いろいろな食材が使用されています。

日持ちする加工食品の中では、最も手作りの料理に近い食感や味、栄養状態を再現できているのが、冷凍食品なのです。

ダイエットが効率よく進む!セブンイレブンのおすすめ冷凍食品

具体的には、どんな冷凍食品がダイエットに向いているのかを知りたい方のために、身近なコンビニエンスストア、セブンイレブンの中でおすすめの商品をピックアップしました。

1.一食分のたんぱく質で筋肉の減少を防止!大葉香るささみチーズカツ

  • 7プレミアム ささみチーズカツ 278円(税込300円)

チーズの旨味と大葉の風味が香るささみチーズカツです。

熱量:288kcal、たんぱく質:23.4g、脂質:13.3g、炭水化物:18.6g(糖質:18.6g、食物繊維:0.0g)、食塩相当量:2.5g

https://www.sej.co.jp/products/a/item/410276/kanto/

最初におすすめするのは「ささみチーズカツ」です。たんぱく質が23.4gと、しっかり含まれているのが特徴。

ダイエット中に、痩せたいと思って全体的に食べる量を減らしすぎると、動くために必要なエネルギーが足りず、筋肉が分解されてしまいます。そうすると代謝が落ちる原因となってしまいますので、避けたいところですよね。

筋肉の分解を防止したい!そんな方におすすめするのが、たんぱく質を適度に摂ることができるこのメニューです。

ただしこのメニューだけでは野菜類が足りないため、具沢山の野菜スープや、サラダなどと一緒に食べるのがおすすめです。

2.食物繊維で血糖値の急上昇を防止!野菜のあんかけ焼きそば

  • 7プレミアム 五目あんかけ焼そば 368円(税込397円)

レンジで温めてそのままいただける、五目あんかけ焼そばです。 

熱量:464kcal、たんぱく質:14.4g、脂質:15.6g、炭水化物:69.2g(糖質:64.0g、食物繊維:5.2g)、食塩相当量:4.1g

https://www.sej.co.jp/products/a/item/410161/

2つ目におすすめするのは、食物繊維を5.2g摂ることができる、野菜たっぷりのあんかけ焼きそばです。女性が1日に摂取したい食物繊維の目標量は18gですので、その3割近くを補給することができますね。

食物繊維には、血糖値の急上昇を防止する効果が期待されています。血糖値の急激な上昇は脂肪蓄積を招きやすいため、食物繊維をしっかり摂ることで、ダイエットもスムーズに進みやすくなりますね。
ただし塩分が多いので、あんは落としながら食べるようにすると、むくみの防止になるのでおすすめです。

3.牛肉を食べて脂肪燃焼!牛プルコギ春雨

  • 7P牛プルコギ 春雨入り163g 338円(税込365円)

香味油の風味と甘みのある醤油ベースのタレが食欲をそそる牛プルコギです。春雨入りで食べ応えがあり、お肉だけではなく、3種類の野菜も一緒に摂れる一品です。

熱量:338kcal、たんぱく質:11.2g、脂質:24.8g、炭水化物:18.1g(糖質:16.8g、食物繊維:1.3g)、食塩相当量:1.4g

https://www.sej.co.jp/products/a/item/410083/kanto/

3つ目のおすすめ商品は、牛プルコギ春雨。 牛肉の赤身部分には、脂肪燃焼を促進すると考えられている「L-カルニチン」というアミノ酸が含まれています。そのため、ダイエット中に嬉しい食材ですね。

ただし、糖質を含む食品である春雨も入っているため、白米を一緒に食べると、糖質の摂り過ぎを招く恐れがあります。糖質の過剰摂取を防止したいという場合は、木綿豆腐などと一緒に食べると良いでしょう。

冷凍食品を上手に活用してダイエット効果を高めよう

冷凍食品がなぜダイエットに役立つのかという点と、具体的にダイエット中の女性におすすめな、セブンイレブンの冷凍食品を3つ紹介しました。

忙しくて自炊ができないからと言って、ダイエットをあきらめないでください。調理が手軽で賞味期限も長く、栄養バランスも整えやすい冷凍食品を活用して、食事を楽しみながらダイエットを続けていきましょう!

セブンイレブンの冷凍食品について教えてくれたのは、こちらの方

ダイエットアドバイザー・管理栄養士 猪坂みなみ
LINEで気軽に取り組めるパーソナルダイエットプログラム「ダイエットナビ」の運営 や、Webメディアを中心に健康・ダイエット情報、漢方の養生方法などの情報発信・執筆活動を行っています。⇒ダイエットナビ
猪坂みなみ

参考になりましたか?

押してあなたの気持ちを教えてね!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事