在庫切れするほどの人気!【成城石井】カロリー半端ない「リリコイバター」がキテます

  • 2021年05月27日更新

こんにちは、ヨム―ノのライターの白石柊です。

成城石井のいちごバターに続いて、注目が集まっていると思われるリリコイバター。
ご存じですか?

2021年5月25日時点の成城石井オンラインショップでも紹介されていますが「お一人様一点限りの販売とさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、ご了承お願いいたします」とのことです。
もちろん在庫切れ中です。

そのリリコイバターを、偶然にも店舗で発見!
肝心のお味はどうでしょう?さっそくレポートします。

成城石井 リリコイバター 260g 755円(税込)

パッションフルーツの酸味が爽やかなトロピカルフルーツバター。パンケーキや、トーストしたパン、ヨーグルトやバニラアイスクリームにもピッタリです!

商品番号 : 4953762419695-I
配送方法 : 常温

パッションフルーツのフルーティーな味わいが美味しい

さて、「リリコイバターのリリコイってなんだ?」って思ってしまう人も多いかと思いますが、実はパッションフルーツのこと。

パッションフルーツは食べたこともあるし、知っていますが、そういえば日本にはあまりパッションフルーツ味のジャムやお菓子ってみません。

そういう意味ではリリコイバターはスプレット界の新風と言えるかもしれませんね。

こちらがリリコイバターです。瓶入りで姿かたちから見るとどこから見てもジャムです。

瓶を空けるとトロピカルな甘酸っぱい爽やかな香りが……。
美味しさに期待が高まります。

分厚く塗るとポタポタこぼれてきます

さっそくこんがり焼いたトーストに塗ってみました。
ところが、バターという名前だったのでバターナイフでつけようとしたところ、すくえません!

思った以上にスプレッドがゆるくて、バターナイフから落ちてしまいます。仕方がないのでスプーンですくうことに。トロトロです。

お味の方は安定のトロピカルでフルーティー!
甘酸っぱいおいしさにたくさんのせて食べたくなる味です。

ですが、やっぱりゆるい。
パンに塗ってもなかなかこんもりというふうにはならず、パンにのせるのにも限界が……。

食べ進めていくうちに端から流れ落ちていくので、食べにくいところも。味は美味しいのですが、なかなか食べるのにコツが必要そうです。

ヨーグルトにのせてみた

試しにヨーグルトにものせてみました。
試したのは次の日だったのですが、冷蔵庫に入れていたせいもあり、ややゆるさは緩和されたかも。また、瓶の周りに塊らしいものがついていてバターだと確認できました。

ですが、やっぱり全体的にはゆるくて、ヨーグルトにもやっぱりスプーンで投入。お味の方は安定のトロピカルなフルーティーの酸味。美味しいですね。

ヨーグルトが冷たかったせいもあり、口に入れたスプーンの裏側にざらっとした触感が。これがバター?って思いました。

ですが、それもかすかに感じられる程度。私の中ではやっぱりバターというよりジャムでした。

カロリーが半端ない!成城石井のリリコイバター

さて、美味しいスプレッドではあるのですが、ジャムと思って食べていると気になるのがバターの部分。
バター感はあまりないのに、知らずに食べているとなれば気になるのがカロリーです。

チェックしてみたところ、100gで315キロカロリー。なかなか手ごわい……。

スプレッドのゆるさも手伝ってついついモリモリで食べてしまいたくなってしまいますが、食べすぎには要注意ですね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事