マスク忘れも防止【100均】カーテンクリップを使った裏ワザ洗濯アイデア

  • 2021年08月05日更新

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する100均情報サイト、『100円のチカラ』レポーターの“まつ”です。

マスク生活にもすっかり慣れましたが、マスク生活が始まったばかりの頃は、マスクを着け忘れて出てしまうことも…。まつ以上に小学生の子どもは、しょっちゅうマスクを忘れていました。

が! このマスク収納法に変えてから、「マスク(忘れてるよ)!」と後ろ姿に叫ぶことがなくなりました♪

今回は、洗えるマスクにぴったりの収納方法をご紹介します~。

マスク収納にカーテンクリップが便利過ぎた!

マスク収納に使ったのは、これ!

そう、100均のカーテンクリップです。カフェカーテンなどを留めるあれですね。 詳しく見ていきましょう!

  • アルミカーテンクリップ 4P

特にマスク収納におすすめなのが、こちらの「アルミカーテンクリップ」。

小さな子どもの力でも簡単に開くことができ、なおかつ挟む部分が広いためしっかりホールドできるんです♪

  • カーテンクリップ モノクロ6P ※2点とも同名商品

こちらの「カーテンクリップ モノクロ」の良いところは、何と言ってもこのマットな質感。 なのに、100円で6個も入ってるなんて…! 高見えが過ぎる!

カーテンクリップをマスク収納に使うと?

カーテンクリップでマスクを挟んで、お好きなところに吊るすだけ♪

上の写真では、洗濯機の上に設置した突っ張りポールにかけています。

カーテンクリップを掛けているだけなので、カンタンに位置をずらせるのが良いところ♪ 上の写真のように、洗ったマスクを干したら、乾いたマスクはちょっと離しておく…というのも数秒で完了。

これは、ピンチハンガーに干していたときに地味に苦労していたところでした。 濡れたマスクの近くに乾いたマスクを干しちゃうと、乾いたマスクまで湿ってしまうという悲劇が。

もちろん、鴨居フックに引っかけて乾かす…というのもできます。

でも本領発揮は、ここからです!

乾いた後は、部屋のドアノブに掛けておいたり。

椅子の背に掛けておいたり。

「乾いているから、ちゃんと持って行ってね」アピールが自由自在。

まつ家の場合は、玄関の脇の棚にこんな感じで引っかけておくことで、子どものマスク忘れがなくなりました。 「見える収納」の偉大さよ♡

マスクの収納場所に困っている方、マスクを忘れちゃうことがある方は、ぜひお試しくださいね。 100円(税込110円)で試すことができちゃいますから!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事