イケア・カインズ・最近人気のMAWAハンガー?"意外とこだわり派"にぴったりハンガー12選

  • 2018年12月11日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

普段何気なく洋服をかけているハンガー。
使い方によってはシワや型崩れの原因になることをご存知でしょうか。

お気に入りの洋服をいつまでも綺麗に保つためのハンガーの正しい選び方とおすすめ商品を紹介します。

ハンガーの選び方ポイント

お気に入りの洋服を綺麗に保つためにハンガーを利用する人は多いかと思いますが、ハンガーと洋服との相性が悪いために、かえってシワや型崩れを起こしてしまうことも珍しくありません。

シワや型崩れをきちんと防ぐためには、いったいどんなことに気をつければいいのでしょうか。ハンガーの正しい選び方のポイントを見ていきましょう。

洋服に合わせて選ぶ

基本的には洋服の肩幅・厚み・肩のラインに合ったハンガーを選ぶようにしましょう。

まず肩幅については短すぎず、長すぎないものがベストです。

洋服の肩の部分がハンガーの端にちょうど来るサイズをついつい選びたくなってしまいますが、服の肩幅よりも1cmほど小さいサイズを選んだ方が収まり良くなります。

実際に洋服をかけた時に上下にゆすってみて、ずれることがなければ大丈夫です。

ハンガーの厚みはジャケットの場合は3~5cm、シャツの場合には1~3cmが適切と言われています。5cm以上の厚みのハンガーは洋服が型崩れする場合が多いと言えるでしょう。

肩のラインについては『肩先が前方に緩やかにカーブしているタイプ』を選ぶと安心です。

ハンガーの中には肩先が真横に突き出ているタイプのものもありますが、こちらは服の首の後ろが突っ張りやすく、シワになる恐れがあります。

メンズ、レディースでサイズが違う

ハンガーには大きくメンズ用・レディース用の2種類があります。S~LLサイズまで幅広いサイズがありますが、最も多く見られるサイズは男性用が45cm、女性用が38cmです。

メンズ用・レディース用のサイズの目安は次の通りです。

・『メンズ』S:38~42cm/M:42~45cm/L:45~47cm/LL:47~52cm

・『レディース』S:38cm/M:38~42cm/L:42~45cm/LL:45~47cm

洋服とハンガーのサイズが合っていない場合、袖に跡がついたり洋服が伸びてしまうことにもなりかねません。特に肩幅のサイズ感を大切に、型崩れを起こさない最適なハンガーを見つけてみてください。

スーツの型崩れ防止、おしゃれ木製ハンガー

ここからはおすすめのハンガーを4つのテーマに分けて紹介していきます。

まずはおすすめの木製ハンガーを3製品ご覧ください。木製ハンガーはプラスチック製よりも見た目がおしゃれに決まりやすく、厚みもあるので洋服の型崩れも防げます。

また、静電気を起こしにくく、防湿効果に優れているところもポイントです。

イケア ブメラング

▲無垢材のハンガーブメラング

ブラックの木製ハンガーはクローゼットの中もグッとスタイリッシュな雰囲気にしてくれます。 また見た目のオシャレさだけでなく、ニットやブラウスなどの型崩れを防いでくれる機能性も備わっています。

ハンガーのサイズは幅43cmと男性・女性問わずに使いやすく、厚さもあるのでスーツやコートにも最適です。

ナカタハンガー レディスジャケットハンガー

木製ハンガー専門メーカー『ナカタハンガー』から販売されている、レディース用の木製ジャケットハンガーです。

天然木材を使用した手触りのいいハンガーとなっており、湾曲を帯びたフォルムがジャケットにしっくりフィットしてくれます。

サイズは幅38cm・厚さ4cmで、ジャケット以外にもブラウスやワンピース、スーツなど幅広い洋服をかけるのにピッタリです。

無印商品 レッドシダーハンガー・婦人用

▲レッドシダーハンガー・婦人用

防虫・防臭効果に優れ、香りがいいことで知られる『レッドシダー』を使用したハンガーです。サイズは女性用40cm、男性用45cmで、型崩れが起こりにくいよう首回りと厚みが工夫されています。

表面をサンドペーパーで軽く削ることで弱まった香りも復活するので、長年愛用するにも安心です。

首周りを伸ばさない、Tシャツ用ハンガー

お気に入りのTシャツを収納する際、ジャケットやシャツと同じようにハンガーを利用する人も多いかと思います。ただしTシャツをハンガーにかける場合には、首周りを誤って伸ばしてしまわないように注意が必要です。

ここでは、Tシャツ用におすすめのハンガーを3選にして紹介します。

ハンガーのタヤ Tシャツの襟が伸びない TAYAオリジナルTシャツ用ハンガー

機能性とデザイン性に優れたスタイリッシュなスチールハンガーです。独特のフォルムのハンガーとなっており、Tシャツの裾を伸ばすことなくスムーズにかけることができます。

また、職人が丁寧に仕上げを行う繋ぎ目処理により、Tシャツの繊維に傷がつきにくいところもポイントです。

MAWAハンガー エコノミック

ドイツ発のMAWAハンガーは、衣類をしっかり固定してくれるノンスリップコーティングが特徴です。

Tシャツはもちろん、滑りやすいニット素材やロング丈の衣類であっても、型崩れや滑り落ちを気にすることなく収納できます。

そんなMAWAハンガーの『エコノミック』シリーズは、肩の出っ張りを無くしたデザインが魅力です。肩先まで緩やかなカーブが続いているため洋服が引っ張られる心配が少なく、生地を傷めることもありません。

NAGASHIO すべらない すべりにくい 薄型 衣類ハンガーセット スリムマルチハンガー

▲長塩産業 ノンスリップ スリムマルチハンガー 15本セット

襟首を伸ばさずにかけれる特殊な形状と、洋服のずり落ちを防ぐ滑り止め加工をいいとこ取りで備えた機能的なハンガーです。

Tシャツをはじめ、キャミソールやスカート、ストールやパンツなどがかけられる工夫が施されており、マルチに活用することができます。

また、厚さは約0.5cmとかなりの薄型なので、大量の衣類を収納するのにもピッタリです。

コスパ重視、価格が安いおすすめハンガー

ここからはコスパに優れたハンガーを3製品紹介していきます。「服の型崩れは防ぎたいけど高いハンガーはちょっと…」という人はぜひ参考にしてみてください。

ニトリ ハンガー10本組

幅39cmと男女ともに使いやすいニトリの10本組ハンガーです。

薄型なのでシャツなどをかけるのに便利で、クローゼットが狭い場合もたくさんかけることができます。また、スカーフなどがいっしょに干せるところも好ポイントです。

カインズ 首もとが伸びないハンガー

カインズから販売されている『首もとが伸びないハンガー5本組』です。

ハンガーを特殊な形状にすることで、ネーミング通りTシャツの首元を伸ばさずにかけることができます。幅38cmと多くの女性に使いやすいサイズ感です。

アイリスオーヤマ BAUハンガー

収納性に優れたアイリスオーヤマの『BAUハンガー(10本セット)』です。

ジャケットやスーツをかけるのに便利な幅約42cmで、肩ひも用のフックも備えています。かさばりにくいスリムな設計なので、クローゼットの中にたくさんの服を収納したい人にピッタリです。

洗濯が楽しくなる、オススメ便利ハンガー

最後に洗濯するのが思わず楽しくなるような、アイディア光るおすすめハンガーを紹介します。

オーエ LD時短 ハンガーダイレクト

オーエ 洗濯物ハンガー ブルー

洗濯ものがスムーズに干せる6連ハンガーです。左右の白いボタンを押すだけでアームが簡単に折りたため、洗濯ものがサッと取り込めます。

また、スライド式の肩パッドや両サイドのフックもポイント。特にフックは2点で固定するタイプなので、竿に干した時も回転したり傾いたりすることなく安定して使用できます。

サワフジ 広げて干せる ジーパンハンガー

ジーンズなどの厚手のパンツを干すことに特化したジーパンハンガーです。4つの強力なピンチで洗濯ものを広げて干すので風通しがよくなり、乾きにくい厚手のジーンズが早く乾かせるようになります。

また、風が強い日も安心して干せるグリップ式のハンガーフックも魅力の1つです。

小久保 バスタオルハンガー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小久保 6994 バスタオルハンガー2本組
価格:721円(税込、送料別) (2018/12/10時点)

大きなバスタオルを省スペースでかけられるハンガーです。上半分が開くようになっているので、一般的には干しにくいバスタオルもスムーズに干すことができます。

最大掛け幅は約62cmです。ストッパー付きなので干したバスタオルがずれる心配もありません。

まとめ

ハンガーを選ぶ際は洋服との相性をしっかり考えることが大切です。特にハンガーの肩幅と厚みのサイズ感が合わないと、洋服にシワや型崩れを起こす原因にもなりかねません。

オシャレ感も重要ですが、お気に入りの洋服をいつまでもきれいに保つためにも、ぜひハンガーのサイズ感にこだわってみてください。

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「すかいらーくご優待券(500円)」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事