【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

実は簡単!網戸の張り替えは、業者に頼まず家でできる【材料3つ&1000円以内】

  • 2020年05月16日公開

こんにちは、ヨムーノライター「家事代行ことのは」です。

暑い日も増えてきて、窓を開ける機会も多くなってきました。この季節になると、気になるのが網戸。
お子さんやペットのいるお宅では、破れてしまうことも少なくありません。

破れていては、そこから蚊などの虫が入ってきてしまう心配もあり、網戸の役目を果たせていません。新しい網戸にしたいけれど、業者に頼むと高いから、ついつい部分的な補修で済ませていませんか?

実は、網戸の張り替えはとても簡単に、かつ安くできるのです。

そこで今回は、網戸を張り替える方法をご紹介します。この記事を読めば、網戸の張り替えが難しくはないとわかるはず!

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

網戸の張り替えに必用な道具は「3つ」だけ!

我が家でも、毎年1枚はどこかの部屋の網戸を変えています。

なんとなくダラッと緩んでいたり、汚れていたりするからです。

まずは、部屋にレジャーシートを広げて、取り外した網戸を置きます。

網戸が思いのほか汚れているので、レジャーシートを必ず敷いてください。

網戸の張り替え1

網戸の張り替えに必用な道具はたった3つ。

張り替える予定の網戸の寸法に合った網戸用ネット網戸用ゴムゴムを抑えるローラーの3つです。

網戸の張り替え2

いずれもホームセンターなどで手に入り、商品の価格にもよりますが、全部そろえても1,000円ほど。

「え?たったそれぐらいしかかからないの?」と思われましたか?

そうなのです。網戸を張り替えるために必要な道具と費用はそれだけなのです。

注意点ですが、各ご家庭の網戸によって使われているゴムの太さが違います。ゴムの太さを定規で測ってから購入してください(※大体3種類ぐらいのゴムが、ネットと一緒に陳列されています)。

いざ実践!網戸の張り替えは本当に簡単だった

まず、網戸を外してみましょう。どんなふうに留まっているかが分かります。

網戸の張り替え3

ネットが、ゴムによって抑えられているだけなのです。たったこれだけで網戸のネットが固定されています。

古いネットを外し終わったら、一度フレームをきれいに拭き上げます。

砂埃などで驚くほど汚れています。

網戸の張り替え4

きれいに拭き上げたら、新しいネットを取り出し、フレームに合わせます。

網戸の張り替え5

このとき、ずれないように私は洗濯ばさみで固定します。ホームセンターでは専用のクリップも販売されていますが、洗濯ばさみでも十分だと思います。

ネットを固定したら、ゴムを溝に埋め込んでいきます。

網戸の張り替え6

このように、「ギュッ」とゴムを手でねじ込んでいきます。

少しきつめにできていますが、この状態によってネットがフレームに固定されていきます。

1周ぐるりと固定し終わったら、ハサミかカッターで余った部分を切り取っていきます。

網戸の張り替え7

余った部分を切り取ったら、網戸の張り替えは完了です。

網戸の張り替え8

白く、きれいになりました!

本格的な夏が来る前に、気になっていた網戸を張り替えることができて良かったです。

とても簡単なので、ぜひ一度、張り替えにチャレンジしてみてくださいね。

網戸張り替えの道具は通販でも購入できる

網戸用ネット

様々な大きさの網戸用ネットがあるので、張り替えたい窓の形やサイズに合わせて選んでくださいね。

販売ページを見る(楽天)

網戸用ゴム

網戸用の網押えゴムです。

販売ページを見る(楽天)

網戸用ローラー

網押さえゴムを入れる際に、きれいに手早く作業できるようにするためのローラーです。 こちら以外にもさまざまなローラーがあります。

販売ページを見る(楽天)

網戸張り替え5点セット

網戸の張替えに必要なゴムやローラーなどを含んだ5点セットです。

販売ページを見る(楽天)

家事代行ことのは
ライター

小学生男児2人の母です。週の半分は介護職を残りの半分は家事代行業を営んでいます。写真映えではなく、生活のしやすさ掃除のしやすさを重要視した生活の知恵を発信しています!

家事代行ことのは の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事