【ダイソー】カードゲームが話題!人気ショップコラボや音声読み上げまで!驚愕6選

  • 2021年03月30日更新

ダイソーといえば、昔からおもちゃやゲームも豊富に並んでいますが、「とはいえ100円だから」というものも多いイメージはありませんか?

しかし、もうそれは昔の話。今、ダイソーのゲームの中でも“カードゲーム”は、「これで100円なの!?コスパ良すぎ!」とSNSでも大きな話題になるほど!

思わずお腹を抱えて笑っちゃうものから、知育教育にも役立つものまで、話題のダイソーカードゲームは必見。
少人数から家族みんなで楽しめる、おすすめのダイソーカードゲームをどどんとご紹介します!

SNSで大人気「トウキョウのハト エサバ・バトル」

タイトルからして「東京の鳩?」「餌場バトル……?」と思わずダイソーで見つけたときはつぶやいてしまったカードゲーム。実はTwitterで大きな話題になり、品薄状態になるほど人気に火がついています。

ルールは少し難解ですが、2人対戦用で、「4×4に並べたカードを動かし、ボスハトを囲い込んだら勝ち」というゲーム。簡易版の将棋という印象です。

しかし「将棋みたいなものね」と説明書を流して読むのはちょっともったいないのがこちらのゲーム。
実は説明書がとても面白くて「ハンバーガーを食べた、もしくは食べたいという願望が高い方が先」とか「パスという甘い選択肢はありません、即負けです」などと容赦がない説明文を読んでいるだけで、思わず吹き出してしまいそう!

実際に家族と戦ってみると、白熱してだんだん自分が鳩になってしまい「ポーポッポッポ」と叫び始めてだいぶ危ない人になるので要注意です。

また、説明書にはQRコードがついていて、「英語の説明書」をスマホでゲットすることもできます。まさかダイソーのカードゲームで英語の勉強ができるとは!

価格は100円(税別/2021年2月現在)とお値打ち。これならつい買っちゃいますよね!──やろうども、やっちまえ!(※説明書文)

演技力を試されるカードゲーム!?「変顔マッチ」

上で紹介した「トウキョウのハト…」のカードゲームは、対象年齢8歳からと、小さい子にはちょっと難しいゲームですが、こちらの「変顔」は、老若男女問わず誰だって参加できる、もちろん小さい子だって参加できる、まさにファミリーゲーム。

ルールはいたって簡単で「カードを引いた人がそのカードを見ずに、みんなに見えるようにおでこに当てて他のゲーム参加者に見せ、そのカードの変顔をやってもらい、どの変顔をしているか当てる」というゲーム。

正直いうと、カードゲームの域を超えて「演技力」が問われるゲームです(笑)。
家族でやると盛り上がること間違いなし。さらに、初対面の人たちでこのゲームをやったら、すぐに仲良くなれそう!

対象年齢は6歳から。もちろん100円(税別/2021年2月現在)ですよ!

読み上げ音声機能付き?!「歴史人物かるた」がすごい

ダイソーのカードゲームには知育教育におすすめのものも多数あります。
たとえば“かるたシリーズ”。

こちらの画像の「歴史人物かるた」は、その名のとおり、歴史人物をあてるカルタ。読み札にはその歴史人物に関連した文章がならび、絵札の裏はどの時代にどんな功績を残したかが書かれていて、まさに歴史のお勉強ができる知育カルタです。

それだけでもすごいのに、カルタの箱にQRコードがついていて、「読み上げてくれる音声」をスマホから出すことができる優れもの。
ということは、2人からでも本気でカルタ遊びが楽しめるというわけ!

他にダイソーのカルタシリーズは「いろは・都道府県・ことわざ・四字熟語」などがあり、そのどれもが音声読み上げのQRコード付き!これで100円(税別/2021年2月現在)商品だなんて……ダイソーどうなってるの!?

早くとったもん勝ち!「ぼくちく」は絶対盛り上がる!

こちらの「ぼくちく」も対象年齢は6歳からとなっていますが、会話が成立しはじめた2歳過ぎから十分参加可能とSNSでも話題になっているカードゲームです。

カードゲームといっても、箱の中にはなぜかシリコンの動物型(ひつじ・ブタ・うし・うま)が入っていて様子がおかしい(笑)。
というのも、このゲームは「めくったカード絵柄と同じ動物型を素早くとった人が手札をもらえる」というルールだから!

単純だけど、単純だからこそ盛り上がる!そして小さい子から大人までみんなが楽しめるので、家族みんなで盛り上がるにはもってこいです。

もちろんこちらのカードゲームの価格も100円(税別/2021年2月現在)。一家にひとつ欲しくなっちゃいますね。

バーガー専門店とコラボで品薄!「アロハ!バーガー」

ダイソーにはこんなにおしゃれでかわいいカードゲームがあったなんて!?
実は人気バーガー専門店「クアアイナ」とダイソーのコラボで実現した、超話題の「アロハ!バーガー」というカードゲームです。

小ぶりながらリアルなハンバーガーのパンや具材がプリントされていて、見ているだけで「ああハンバーガーが食べたい!!」と悶絶したくなります。

こちらもルールは簡単。「広げたカードを順番に表に返して、自分が作らなければならないバーガーを作っていく」ゲームです。……が、もうこれは「子どもとハンバーガー屋さんごっこ」ができるカードとしておままごとでも楽しめるかわいさ。

こちら、サイズは子どものてのひらサイズ小さめながら、このクウォリティーで100円(税別/2021年2月現在)とは、ダイソーさんすごすぎる!

「オーダーピザーラ」で今日はピザにしたくなる!

こちらも、ピザーラとダイソーコラボのカードゲーム「オーダーピザーラ」。

ルールは、「神経衰弱のようにカードをピザの面を上にして広げ、親役が裏返した黒いオーダーカードにあるアルファベットのピザのカードを一斉に取り、オーダーカード全8枚が無くなるまでこれを繰り返し、最後に得点の高い人が勝ち」というもの。

アルファベットを探す、ピザを作る、得点を計算する……という作業は、子どもたちの集中力が切れず、子どもウケもとってもいいゲームと評判です。

最終的にはルール関係なく、ただ“自分の食べたいピザを作る”という行動をおこしてしまい「アロハ!バーガー」と同じく「今日はピザにしよう!」という衝動に駆られてしまいます。

こちらももちろん100円(税別/2021年2月現在)商品ですよ!

ダイソーカードゲームは100円とは思えないクウォリティー!

現在のダイソーのカードゲームは、音声読み上げがついていたり、英語解説がついていたり、ショップとコラボしていたり……、100円とはとても思えないラインナップで圧巻でした。品薄のものも多いので、見つけたらぜひゲットしてみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事