日本の10人に1人が食べてる【ドンキ】ヒルナンデスも注目「1,180万個バカ売れ」108円グルメ

  • 2021年04月21日公開

こんにちは、甘いスイーツをこよなく愛するヨム―ノライターのきなこです。

なるべくお安いスーパーを求めて日々チェックしています。
そんな中、しばらくご無沙汰していたのがドン・キホーテ。

実は、私の子どもたちが通っていた幼稚園の近くにドン・キホーテがあり、15年前はよく利用していました。最近ではテレビ番組でも紹介されているのを見て、久しぶりに行ってみると、変わらず激安な商品がたくさん。

ここでは、ヒルナンデス!でも紹介され、並んででも買う人がいるというドン・キホーテの「焼き芋シルクスイート」をご紹介します。

ヒルナンデス「MEGAドン・キホーテ密着24時」

2021年2月9日放送の「MEGAドン・キホーテ密着24時」に登場したドン・キホーテの焼き芋。

ドン・キホーテの公式ホームページにも「ドンキの焼き芋アレンジレシピ めっちゃ売れてる!ドン・キホーテのねっとり濃密な焼き芋を使った美味しいレシピを大公開」と、気合が入ったページもあります。
https://www.donki.com/donkitchen/feature/yakiimo/

ドン・キホーテ「焼き芋 シルクスイート」108円(税込)

※季節によって、シルクスイートまたは紅はるかを使用しています。

店頭のポップには「なんと年間1180万本売れています!!一年間に日本の人口の約10人に1人が食べている!?ドンキの人気商品です!」と書かれていました。

一般的なスーパーでも焼き芋は購入できますが、お値段をみると200円程度。

それがドン・キホーテでは108円(税込)とコスパがいいのも人気のヒミツかもしれませんね。

※値段はお店やエリアによって異なる場合があります。

シルクスイートってどんな芋?

シルクスイートについて、少し調べてみると……。
シルクスイートは2つの品種を交配して作られたさつまいもで、甘味が強くなめらかな口当たりが特長だそう。

どんなお味か期待値Maxです!

焼き芋専用の紙袋入り

ドン・キホーテの公式キャラクター「ドンペン」が描かれた紙製の袋に入っていて、真ん中から手で切れるようになっています。

焼き芋がアツアツの時には、袋を持ったまま食べられるんです。ちょっとした工夫が嬉しいですよね。

焼き芋シルクスイートのサイズは小ぶり

お皿に出してみると、サイズ的には小ぶりな印象……。試しに計ってみたところ、約11㎝ほどありました。

手持ちのスマホ(galaxy feel2)を横に並べてみるとサイズ感が伝わりますでしょうか。

サイズ的には少し物足りなさも感じるところ……。

電子レンジで温め直して食べるのが◎

自宅で食べるつもりで持ち帰ってきましたので、少し冷めてしまいました。そこで、袋から出して電子レンジで1分温めてみるとアツアツが復活!

※お使いの電子レンジの性質によっては加熱時間が変わりますので、様子をみながら温めてみてくださいね。

食感はねっとりしてかなり柔らかい!

早速いただいてみると、甘くてねっとりした食感!そしてかなり柔らかいです。

焼き芋といえばホクホクしたものを思いうかべますが、シルクスイートはスプーンですくって食べられるほど柔らかくて、まるでスイートポテトみたい。

あくまで個人的な感想ですが、試しにバターを乗せてみたところ、口の中ではまさにスイートポテトになりました(笑)。

自然な甘味で、これだけおいしいなんて最高です!

何かアレンジしてみようかと思いましたが、なめらか食感の上に甘さも強いので、そのままで食べるのが一番美味しく頂けるかと思います。

ちなみに実際に食べてみると、1人で食べるには十分な量でしたよ♪

ドン・キホーテの焼き芋は年間1180万本売れる人気商品!

テレビで紹介されていましたが、ドン・キホーテの焼き芋を買うために、焼き上げ時間に合わせて並ぶ方もいるほどの大人気商品です。

見つけたらラッキー♪なので、即買いをおすすめします。ちなみに私が見かけたときには残り3個で、ギリギリゲットできました♪

まとめ

ドン・キホーテの焼き芋シルクスイートは、一度食べたら病みつきになるほどおいしい焼き芋でした。

気になった方は、お近くのドン・キホーテに行った際にぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事