アラフォーとは何歳から何歳まで?「貯金はいくら?」「結婚は?」【年齢別あるある】

  • 2021年10月15日更新

会話の中で年齢を表すときに「アラサー」や「アラフォー」というワードを耳にする機会が増えています。

しかし、具体的に何歳から何歳までを示すのかあいまいなため、自分がどこに入るのか分からないという方も多いでしょう。 そこでこの記事では、アラフォーとは何歳から何歳まで指すのかを明らかにするとともに、世の中のアラフォーの生活事情を解説していきます。

アラフォーとは何歳から何歳まで?

アラフォー女性

アラフォーとは「around forty(アラウンドフォーティー)」のこと。「周辺・およそ」という意味の「around(アラウンド)」と、40歳の「forty(フォーティ)」を組み合わせて作られた和製英語です。

つまり、「アラフォー」は「40歳前後」を意味します。アラフォーは30歳前後を表す「アラサー」から派生して作られたワード。何歳から何歳までをアラフォーという定義はありません。

世間一般的には、37~44歳をアラフォーとして認識していることが多く、四捨五入して40歳として表しているわけではないようです。

【アラサーについて詳しくはこちら】

アラフォーなみんなの生活事情

ここからは、アラフォーの生活事情について見ていきましょう。アラフォーになると周囲に聞きづらくなることも増えてきます。気になる貯蓄額や結婚観について、世の中のアラフォーはどう考えているのか見ていきましょう。

気になる貯蓄額

貯金通帳
![](https://rimg.o-uccino.jp/store/articleimage/image/large-87400ec6885abda7403d5b6d37560fa1.jpg?origin=4574137_m.jpg)

アラフォーになると気になってくるのが貯蓄額です。30歳を過ぎた頃から将来について考えはじめ、貯蓄をスタートする女性がほとんど。

総務省統計局が平成26年に行った「全国消費実態調査」では、40代単身女性の平均貯蓄額は959万円。ちなみに40歳未満は264万円です。年齢幅が広いとはいえ、40歳未満と40歳以上ではかなりの貯蓄額の開きが見られます。アラフォーはいかに顕著に貯蓄しているかが分かりますね。

出典:総務省統計局 平成26年「全国消費実態調査

結婚4人に1人の未婚率

アラフォー女性

20代前半に第一次結婚ラッシュがあり、「30歳までには結婚したい」と30歳を目前に駆け足結婚をする第二次結婚ラッシュが続きます。

その後、キャリアや私生活が充実することから結婚をする人が減少。総務省の国勢調査では2015年の35~39歳の未婚率は「23.9%」。4人に1人の割合で未婚ということです。ちなみに同年齢の男性の未婚率は「35.0%」と女性より上回っています。

女性の社会進出が進み、多様性が認められるようになった現代では「結婚をしない」ことも選択肢のひとつとして求められるようになりました。自立した女性が増えてきているということが言えるのではないでしょうか。

出典:内閣府 平成29年版「少子化社会対策白書

平均年収はライフタイルの変化で横ばい

家計簿

国税庁が行う「民間給与実態統計調査」における令和2年度の調査結果では、35~39歳女性の平均年収額は「313万円」、40~44歳女性は「318万円」というデータが発表されています。

男性と比べると女性は、年齢別での年収の差はそれほどありません。女性は、結婚や出産を機に短時間労働やパートに切り替えたり、仕事をやめたりする方が多くなり、平均年収が横ばいになっていることが考えられます。

出典:国税庁長官官房企画課 令和元年分「民間給与実態統計調査

これが悩み?!アラフォーあるある

ここからは、アラフォーになると感じる心や体の変化を「あるある」形式で紹介していきます。

こんなところにあった?シミ・シワ・白髪

女性は30歳を過ぎた頃から、加齢により体中の水分が減少していきます。そのことが原因で知らないうちにシミやシワが増えていくのです。

ある日、鏡で顔を見ると、「昨日までなかったシワやシミを見つけた!」という経験をしたことがある方も少なくないはず。

40歳前後には、白髪も徐々に増えてきます。自分では確認しにくいので、美容室に行ったときに美容師さんに白髪はないか聞いてみるといいかも。

さっぱり薄味が好きになる

肉じゃが

アラフォーになると、さっぱりとした口当たりの料理を好むようになります。若い頃は、焼き肉にしゃぶしゃぶ、とんかつなど脂っこいお肉をいくらでも食べられますが、お肉は胃もたれを起こしやすいので、たくさん食べられなくなります。

最悪の場合、翌日まで体調が悪くなるケースもあるので、お肉に求めるものが量より質に変わっていきます。お味噌汁や肉じゃがなどの和食も、薄味の方がおいしいと感じるようになるでしょう。

何かに付けて出てくる涙

歳を重ねると涙もろくなるというように、アラフォーになると今まで泣かなかったようなことでも涙が出るようになります。

テレビで動物が出産するシーンや、子どもの成長を映しているシーンなど、今までは泣かなかった場面でも涙が自然とこぼれ落ちてきてしまいます。とくに出産を経験したアラフォー女性は、涙腺が崩壊気味。

子どもがいても不安に感じる将来

アラフォーは充実した生活を送れる一方で、現実的な将来への不安を感じることが増えてきます。20代や30代前半には結婚や出産について悩むことが多い反面、将来への希望を胸に日々過ごすことが多かったはず。

でも、40歳前後になると周囲は育児の真っ最中。育児で充実した人生や子どもとの時間を楽しんでいる姿をみて、老後の資金や健康など将来への不安を感じることも多くなっていきます。

結婚・出産を経験したアラフォー女性も不安を感じないわけではありません。子育てで幸福感を感じつつも、我慢していることも多くあり、自分の人生これでいいのかと思うことも。

育児が終わったら自分に残るものはあるのか、働くのか、なにができるのかなど不安に思いはじめるのもこの頃です。

魅力的なアラフォー女性になるポイント

40歳前後でおばさんと呼ばれるかどうかは自分次第!魅力的な女性に見られるには、それなりの努力は必要です。ここでは、「おばさん」と呼ばれない魅力的なアラフォー女性になるポイントを紹介していきます。

年齢に合ったおしゃれやメイクを心がける

自分はまだ「おばさんじゃない」という思いが強すぎて、服装やメイクで若作りしていませんか?20代の頃に着ていた昔の服をアラフォーになっても着続けるのは要注意。

もちろん似合っていれば問題はありませんが、似合わなくなってきたなと感じたらファッションもアップデートしましょう。

40歳前後の女性は清潔感と華やかさを意識すると魅力的な女性に。その年代にしか出せない色気や品というものもあります。ボディラインが出やすいタイトな服よりも、ボリューム感でエレガントさを引き出すのもあり。

ただし、柄や小物を足し過ぎるのは良くないので、服装を決めるときは引き算を意識してみて!

内面から美しく!スキンケアも怠らない

若いときには日焼けなど気にしていなかったけど、アラフォーは万全な日焼け対策が必須。スキンケアにはエイジングケア効果のあるものを使うなど、お肌には気をつける必要があります。

睡眠や運動はお肌にも大きく影響してくるので、質のいい睡眠と適度な運動を心がけましょう。

年齢を重ねると体力が落ちていくとともに、ダイエットをしても体重がなかなか落ちません。若い頃は食事を抜くだけで痩せられたという人も、アラフォーになると食事を抜いただけでは痩せにくく、体調を崩す原因にもなりかねません。

適度な運動を日々続けることを意識し、食事も栄養バランスを考えて取りましょう。少しずつでも、結果は数字として現れてきます。

行動することを忘れない

「アラフォーだから」が口癖になり、それを理由に行動できなくなってしまうことも多くあります。しかし、行動あるのみです。恋愛にしても仕事にしても自らが行動しなければ何もはじまりません。

年齢を言い訳にせず、どんどん行動していきましょう。アクティブに動いている人はとても生き生きしていて魅力的にみえます。

魅力的な場所には人が寄ってきますし、頼り甲斐がある人というイメージから男性に好意を抱かれることも。積極的な行動は、仕事も恋も良縁に恵まれるチャンスを生み出すことにつながります。

自分らしさを忘れずに!魅力的な40代へ…

人生100年時代、人生まだまだこれから。アラフォーはまだ折り返し地点にも立っていません。

時間は人類に平等に与えられた唯一のものです。自分らしさを忘れずに今を後悔することなく素敵な毎日を過ごしていきましょう。

【あわせて読みたい】アラサー・アラフォー おすすめ記事

アラフォー女性におすすめの「満たされニット」

アラフォー女性に人気のブランド「LEPSIM」から、機能満載で着回し力抜群の「満たされニット」シリーズが販売されています。今回の特集記事では「機能もコーデも満たされる」5アイテムをご紹介します。

アラフォー体型でも足回りほっそりな「華奢見えジーンズ」

ユニクロの「スラウチテーパードアンクルジーンズ」が値下げされて、再び注目を浴びています。腰回りがゆったりしつつも、足先が細く見えるので「お腹周りが気になる」というアラフォー女性におすすめのデニムです。

逆に「老け見え」!?アラサー・アラフォー女子のマスクメイク術

どこに行くにもマスクが欠かせないご時勢ですが、メイクをしてマスクをすると「お疲れ気味」の顔になるとお悩みの人は少なくありません。そこで、「アラサー・アラフォーのマスクメイク」のコツを紹介します。

忙しくてもキレイをキープ!アラフォー向け「おうち美容」アイデア

子育てに家事に、お仕事にと、忙しい毎日を送っていると自分のスキンケアは後回しになりがちです。美容マニアのヨムーノメイトの皆さんから、毎日続けている「おうち美容」アイデアを教えてもらいました。

2万人が痩せた!?アラフォー必見のダイエット法

40代になるとなぜか出てくる下腹のたるみ。プヨプヨ&ポッコリお腹の原因のひとつが「血の巡り」の悪さです。そこで「プヨプヨお腹」がスッキリする「1分間の“下腹しぼり”ダイエット」を紹介します。

アラフォーは要注意!?絶対にやってはいけない「朝食」の取り方

30代を過ぎ、アラフォー近くになると「あまり食べていないのに太ってしまう…」とお悩みの方も多いでしょう。アラフォーになったら絶対にやってはいけない「朝食」の取り方を解説します。

アラフォー向けダイエット徹底比較!「下腹絞り」VS「ヨーグルトダイエット」

アラフォー向けダイエットと言われる「「下腹絞り」と「ヨーグルトダイエット」を徹底比較します。 きつい運動や食事制限なしの簡単ダイエットなので、ぜひチェックしてみて下さいね。

アラフォー世代の子育てもアシスト!「子供乗せ電動アシスト自転車」の選び方

アラフォーともなると、子供を自転車に乗せて移動するのが体力的に辛くなるものです。子乗せ電動アシスト自転車の選び方や乗り心地などを詳しくレポートしますので、電動アシスト自転車選びの参考にしてください。

アラサーっていつから?

25歳を過ぎると「アラサー」という言葉が気になり始めるもの。そこで、「アラサー」という言葉の意味や「アラサーになったら始めたいこと・辞めたいこと」などをまとめてみました。

素敵な大人の女性になるためのヒントが詰まっていますので、ぜひご覧くださいね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事