スケルトンリフォームのリフォーム費用・相場情報

リフォーム費用「比較サイト」
リフォームO-uccino(オウチーノ)

リフォームO-uccino(オウチーノ) ナビゲートキャラクター「リフォモ」

会員・商談ページへ

スケルトンリフォームのリフォーム費用・相場

住まいを骨組み(スケルトン)の状態に戻し、空間構成やデザイン、設備を一新するスケルトンリフォーム。リフォームのなかでも大がかりな工事で、費用も日数もかかり、工事費以外に引っ越し代などの諸経費もバカになりません。自治体の助成金や補助金、公的ローンなどをかしこく利用したいものです。

-

希望の条件を登録するだけで、最大9社の優良リフォーム会社をご紹介!費用・提案を比較して、安心のリフォームが可能です。

匿名・無料でリフォーム会社に相談・見積もりを依頼する

スケルトンリフォームのリフォーム相場金額

スケルトンリフォームのリフォーム相場金額

スケルトンリフォームは、部分的なリフォームに比べ、費用が高額になることは否めませんが、右のグラフ(スケルトンリフォームを行った際にかかった費用の割合)を見ると、500万円未満のケースが28.6%と全体の1/4を占めています。費用の相場としては、築古の戸建てに耐震補強を施したり、古いマンションを新築並の設備に戻す場合は、400万円前後〜。耐震工事は物件の劣化具合や工事の内容により費用は前後します。設備の一新はもちろん、間取りやレイアウト、インテリアへのこだわりを実現するには500万円以上を目安に。800万円以上では、自然素材の多用、 造作家具、増築、ライティングデザインなど、希望を反映した住まいづくりが可能となってきます。

スケルトンリフォームのリフォーム事例

工事事例をもとに、スケルトンリフォームの工事費用について相場感を確認しましょう。

事例1 築68年。老朽化した一軒家が安全かつお洒落に

築68年。老朽化した一軒家が安全かつお洒落に

築68年の建物をスケルトンにし、基礎の無かった部分には基礎を打ち、壁全体を構造用合板で補強。耐震性能が向上しました。一階は、細かく仕切られた壁を撤去し広々としたLDKに。リビングからフラットに続くウッドデッキも新設しました。…詳しくはこちら

住まいのタイプ:一戸建て
工事費用:360万円
工事日数:90日間

事例2 築30年超のマンションの設備を新築レベルに

木のぬくもりを感じるナチュラルなリビング

築30年超のマンションを、新築と同レベルの設備の環境にしたいというお客様からの依頼でした。築年数が経過していると、水回りの配管の設置にも限界があるため、キッチンなどの配置はアフターメンテナンスのことも考慮して設計を行いました。…詳しくはこちら

住まいのタイプ:マンション
工事費用:450万円
工事日数:35日間

事例3 和と洋が絶妙に融合した落ち着きある空間が実現

和と洋が絶妙に融合した落ち着きある空間が実現

仕切られて狭かった空間を広々とした一続きに。リビングの一角に設けた和室は、半畳の縁なし畳を敷いて客室や書斎にと重宝です。全体的に木をふんだんに使ったあたたく落ち着きのあるインテリアに仕上がりました。…詳しくはこちら

住まいのタイプ:マンション
工事費用:680万円
工事日数:70日間

事例4 西南サクラの無垢床や珪藻土の壁に包まれる空間

西南サクラの無垢床や珪藻土の壁に包まれる空間

西南サクラのフローリング材を無塗装で仕入れ、蜜ろうワックスを塗って仕上げました。壁は珪藻土を中心に、竹ブラインドも取り入れ、あたたかな雰囲気となりました。自然素材をたっぷりと使用した贅沢なリフォームです。…詳しくはこちら

住まいのタイプ:マンション
工事費用:800万円
工事日数:45日間

事例5 閉塞感があったリビングが開放的な空間に変身

閉塞感があったリビングが開放的な空間に変身

閉塞感が満載だったリビングが、スケルトンリフォームで開放的な空間に大変身。壁面には造作棚を設け、上下から間接照明で柔らかな光を。インテリアは、素材感を活かしナチュラルテイストに仕上げました。…詳しくはこちら

住まいのタイプ:マンション
工事費用:858万円
工事日数:30日間

スケルトンリフォームのリフォーム費用にまつわるよくある質問

Q. 耐震補強工事に対する助成金・補助金・特別控除について教えて

多くの自治体が耐震リフォームに助成金や補助金を支給しています。また、昭和56年5月31日以前に建てられた家屋の場合は「住宅耐震改修特別控除」が適用され、一定の金額が所得税から控除されます(平成29年12月31日までに改修することが条件)。

Q. 住宅ローンを利用すると、所得税から控除される制度とは?

住宅ローン減税といって、住宅ローンを利用して一定の要件を満たす増改築などの工事をした場合、入居年から10年間、ローン残高の1%が所得税から控除されます。工事後の床面積が50平米以上、ローン返済期間10年以上などの要件があり、控除対象限度額は4000万円です。

Q. 規模の大きな改修工事の際、忘れてはいけない諸経費にはどんなものがあるの?

工事中の仮住まいのための敷金・礼金・賃料に引っ越し代が2回分。荷物を預けるトランクルーム代。耐久消費財とよばれる新しく購入する家具・インテリア・家電製品にかかる費用などがあります。

Q. 見積書に明記されていない費用ってなに?

リフォーム会社により様々ですが、大きな額としては「設計費」が工事費に含まれず別途計上になる場合があるので、気をつけましょう。また、「別途費用」と表記されているものには、どんな内容が含まれるのか細かく確認することが大切です。

匿名・無料でリフォーム会社に相談・見積もりを依頼する

※2013年10月「リフォーム産業新聞調べ」

スケルトンリフォームの関連コンテンツをチェック

スケルトンのリフォームノウハウ



リノベーション・スケルトンの事例

フルリフォーム

工事中

一戸建て

リフォーム箇所:リノベーション・スケルトン

価格:1400万円

個室化・収納力アップ・バリアフリー化

個室化・収納力アップ・バリアフリー化

一戸建て

リフォーム箇所:リノベーション・スケルトン

価格:---