リフォーム費用「比較サイト」
リフォームO-uccino(オウチーノ)

リフォームO-uccino(オウチーノ) ナビゲートキャラクター「リフォモ」

会員・商談ページへ

和室・床の間のリフォーム

老朽化した和室のリフォームにはどのような工事があり、費用はどれくらいかかるものなのでしょうか。リフォームO-uccino加盟店がこれまで手がけた工事事例をもとに、工事費用の相場を確認してみましょう。その他、和室のリフォームを行う際の注意点もあわせて紹介します。

和室・床の間のリフォームについてご案内します

項目をクリックすると、その中身をすぐに見ることができます

1和室・床の間のリフォーム費用・相場

和室をリフォームする場合の費用について、事例をもとに見ていきましょう。

和室・床の間のリフォーム工事の費用例

畳の表替え、クロス・襖の張り替え ~10万円

和室における最小のリフォーム内容は畳の表替えです。1枚あたり5000円前後が予算の目安です。また、クロス・襖の張り替えを同時に行うケースも多く、その場合は10万円未満を目安として考えておきましょう。障子の張り替えや枠のアク抜きなどクリーニングに相当することも数万円で行えます。

畳新調、自然素材の利用などこだわりの和室 20万円

畳の新調、クロス・襖の張り替えを行った場合、費用の目安は10万円前後です。最近ではプラスで収納に関する工事が行われることが多く、押入れをクローゼットにしたり、床の間部分を造作の収納に変えてしまうケースがあります。また壁にクロスではなく珪藻土などの自然素材を塗るなどこだわり度がアップすると、全体で20万円前後の工事となる事例も見られます。

和室を洋室にするリフォームは 20万円~40万円

和室を洋室にするリフォームは、畳をフローリングに変えるだけのものから、収納やサッシ、建具の交換も含むもの、間取りの一部に手を加えるものまで多種多様で、それによって工事費用は変わってきます。最小で10万円前後~、事例として数が多いのは20万円~40万円の範囲です。

2和室・床の間のリフォームの特徴

昔ながらの和室の特徴といえば、畳・真壁づくり・床の間・塗り壁・障子・襖などがあり、どれも職人の手仕上げ。和室のリフォームは、伝統的な匠の技に触れられるチャンスでもあります。

イメージも材質も。畳いろいろ

畳は、畳床(芯)・畳表(表面のゴザ)・畳縁(縁)のパーツからできています。畳縁は装飾も兼ねているので、選び方で違うイメージに。縁のない畳もあり、モダンな和室によく使われます。畳表にはイグサ(イグサ科の植物)や和紙があり、カラフルな化学繊維を使用したものはカラー畳と呼ばれています。

和室に多く見られる塗り壁いろいろ

土壁は土を用いた左官仕上げの壁の総称。京壁とも呼ばれ、上塗りの土によって、じゅらく壁・大津壁・錆壁など種類があり、刷毛やコテなどで様々な表情を生み出すことができます。漆喰壁は日本独自の塗り壁で、表面が滑らかなのが特徴。ほかにも自然素材で人気の珪藻土や、プラスター・砂壁・繊維壁などがあります。

3和室・床の間をリフォームするときのよくある疑問

和室のリフォームを行う人が、リフォーム前に疑問に思うことを集めました。知っているとリフォームがスムーズに進みます!

Q1畳のメンテナンスについて教えてください

A1裏返し・表替え・新畳の方法があります

裏返しは畳表をはずし裏返しにして使う方法。表面があまり傷まないうちにするのがポイントです。表替えは畳表と畳縁を新しいものに交換することで、裏返しの次の段階のメンテ。新畳は完全に新しい畳。既存の畳を踏んだときにへたりを感じたら交換の時期です。

Q2予算を抑え、リビングの一部に和の雰囲気をだしたい

A2工事費不要。置き畳やユニットを利用しては

床に置くだけで和のスペースが完成する置き畳。各メーカーからモダンな室内にも似合うようカラーバリエーション豊富に提案されています。また、収納付畳ユニットを活用すれば小上がり風にも。寒い時期に重宝する掘りごたつ式も出回っています。

Q3リフォームで掘りごたつを作れる?

A3オリジナル仕様でワンランク上の和室に

掘りごたつは電気コタツと豆炭コタツの2種類があります。豆炭コタツは電気とは一味違う味わいがあるとされますが、豆炭を常に用意する必要があります。実際に家族が座ったときの膝下の長さを図ってもらい、最適な高さを決めましょう。掘りごたつを設置費用は机の材質によっても大きく変わります。わざわざ掘りごたつをつくるから、と比較的高価な机にする方が多いようです。

Q4床の間について教えてほしい

A4和室の座敷飾り。昨今ではモダンアレンジも

床の間は和室に配した座敷飾りのひとつ。古くから掛け軸や花、鏡餅などが飾られた観賞空間です。付書院や床脇棚など備える伝統的形式がいろいろありますが、近頃では簡略化され、床と床柱だけのものやモダンなデザインにアレンジしたものも多くなっています。

4和室・床の間のリフォーム会社選び

和室のリフォームを依頼する会社を選ぶときは、こんなところをチェックすると安心度がアップします。

本格的な和室は職人とのパイプが太い会社へ依頼

和室のしつらえには、床の間や塗り壁、天井のデザインなどに古くからの形式があります。本格的な和室に仕上げたい場合は、大工職人とのパイプが太い会社や昔ながらの木の家づくりを行う会社が考えられます。また、大工や左官などの職人が集まる協同組合もあるので、相談してみるのもいいでしょう。

展示場でアイデアをキャッチして伝えよう

モダンで洒落た和室が希望なら、デザインにこだわる会社へ依頼したいもの。会社との相談の前にショールームに足を運びましょう。ショールームでは様々な和室が提案されていて、使えるアイデアも満載。気に入ったデザインがあれば、写真におさめておくとリフォーム会社もイメージをつかみやすくなります。


お知らせ
  • プロと一緒に現地へ!未購入物件の内覧同行サービス(無料)

施主支給でもできる!満足度UPのリフォーム事例を掲載

メディア掲載情報

ビジネス誌『ダイヤモンド別冊 5年後、伸びる街』に情報掲載
ダイヤモンド別冊 5年後、伸びる街
ダイヤモンド別冊(2016/12/15)にO-uccinoが取り上げられました。

ダイヤモンド特設ページ

会社名・フリーワードで探す

  • キャンペーン