角倉 剛 建築家・角倉 剛さんの作品

簾と木塀で守られたバルコニーがある家

簾と木塀で守られた二層吹き抜けのインナーバルコニーがある家です

簾と木塀で守られた二層吹き抜けのインナーバルコニーがある家です

依頼者の要望
敷地は住宅地の中の角地にあります。角地の隅切り部分が南を向き、南東と南西が道路に面して、明るい開放的な環境となっていました。この敷地に作る夫婦と小さな子供3人のための住宅の計画を依頼されました。建主はこの開放的な環境を評価し、それを生かした家づくりをしたいという気持ちを持ちながらも、同時に周りの視線を気にせず生活できるような、守られた住宅であることも望まれていました。そしてその守られた空間が、家族5人の一体感を感じ取れるような、おおらかなものであることを求められていました。その二つの要望に答えることを目指して計画をおこないました。
建築家のコメント
1階は水回り以外を、4本の柱が立つワンルーム空間としました。柱間にはレールなどを装備し、建具の付け外しでワンルーム空間から、三つの子供室+玄関ホールに様変わりできるようにも作られてます。1階は開放的な螺旋階段で2・3階とつながりをもたせてあります。2・3階は閉じることが必要とされた部屋以外は全てが繋がったおおらかな空間としてリビングは、切妻の屋根形状に沿った二層吹き抜けとしました。その外のバルコニーもリビングと同じようなふきぬけとしました。
バルコニーは外部に対して一旦開いた構えとしました。その上で金属フレームを作り、1.1mまでを木塀で覆った。さらにその上に取り付けられた簾の開閉で外部からの視線の侵入量の調整を可能にしました。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 バルコニー・ポーチ  工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
間取り 2LDK 総工費(目安)※ 3070万円
敷地面積 70.0m2 延床面積 104.0m2
設計・デザインのポイント 斜線制限などで限られたボリュームの中でのやりくりに苦労しました。設計の方向性にもずいぶん悩みましたが、大きなバルコニーで施主の望んでいる空間ができるとわかってからは、スムーズに進みました。準防火地域の木造3階建てを準耐火建築物でなく「3階建て建築物の技術的基準」で造ることができたので、柱や梁をあわらしとできました。
所在地 東京都 板橋区 ロケーション 住宅密集地
沿線 東武東上線・東武東上線・都営三田線 工期 設計:10ヶ月間  施工:6ヶ月間
竣工 2021年 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2021年10月11日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

角倉 剛

角倉 剛有限会社角倉剛建築設計事務所

東京都渋谷区代々木4-19-14ニューハイツ切り通し301号室

建築は、関わる人全てにとって、楽しい物だと思います。その楽しさを共有できればと思います。続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

0点 / 5点 評価者0人

評価の詳細

デザインがいい
(0点/5点) 評価者0人
コストに納得
(0点/5点) 評価者0人
参考になった
(0点/5点) 評価者0人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

箇所ごとの詳細を見る (クリックで各箇所のページへ移動します)

角倉 剛さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

東京都の近隣エリアで設計事務所を探す

東京都を含めた近隣エリアで建築家を探す

東京都を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ