Renovation Planner's 賃貸リノベーション×建築家 は空室率増加の打開策!

古くなった賃貸物件の入居率を維持するためには、内装のリフォームや設備の更新などにより、できるだけ古さを感じさせないようにするのが一般的な対策だろう。しかし最近では、「ただキレイなだけ」ではない、プラスアルファの魅力を備えた賃貸物件が登場している。それが、建築家とのコラボレーションで生まれた「リノベーション賃貸」だ。

「建築家×リノベーション」は空室率増加の打開策となるか?

築30年を超え、老朽化が進んだ賃貸物件の空室増加に頭を抱えるオーナーは多い。しかし、空室率が全国的に高水準で推移している昨今、「建て替え」は大きなリスクを伴う選択だ。費用をかけて建て替えても、その後必ずしも入居者が集まるとは限らない。

こうした物件に入居者を呼び戻すための手段として「リノベーション」に注目が集まっている。リノベーションはこれまで、主に中古で購入した分譲マンションを購入者が自分好みにカスタマイズする目的で行われることが多かった。しかし近年、賃貸物件のオーナーが、空室率の低下に歯止めを掛けるための施策としてリノベーションを行うケースも見られるようになった。

こうした物件には、従来のような一般的なリフォーム(内装や設備の更新など)ももちろん必要だ。しかし、古くなった建物が新たな魅力を備えるには、キラリと光る独創的なアイデアや、住まい手が楽しくなるようなプラスアルファの工夫が求められる。こうしたアイデアを求めるなら、リノベーションを建築家に依頼するのもひとつの手だ。快適な間取りやスムーズな動線、心地よく暮らせる素材の選択などに精通した建築家なら、他にはないオンリーワンのリノベーションを可能にしてくれる。

空室率に悩む賃貸物件のオーナーから依頼を受けた建築家が、実際にどのような解決策を示したのか、3つの実例をもとに紹介しよう。

before

ブラウンをベースとした塗装のグラデーションで高級感が一気にアップ。「上から塗り重ねただけ」という最小限の手間ながら、ファサードのイメージを見事に刷新した。

after
FILE 1

福岡県福岡市・山王マンション

「新しいものにはない付加価値」を。
建築家×リノベーションで輝きを取り戻した「山王マンション」

信濃康博さん

建築家・信濃康博さん

当時はまだ「リノベーション」という概念が一般に普及する前でしたから、オーナーの吉原氏とともに手探りで進めることになるのだろうな、とは予感していました。それでも、「単にキレイにするだけなら新築に住めばいい。古いものには、新しいものにはない価値があるはず」という吉原氏の想いに共感を覚え、「山王マンション」のリノベーションをスタートさせました。予算に制約もあったので、…続きを読む

before
問題点
  • 建物の老朽化が進み、古くなった間取りや設備などが敬遠されて空室が目立つようになっていた
  • 部分的なリフォームで一時的に入居者を増やすことはできたが、今度は家賃の滞納などの問題が
  • その場しのぎのリフォームを繰り返すのではなく、「古いものの良さ」を生かして、建物そのものに新たな付加価値をもたらしたいと考えた
after 1
after 2

窓枠や天井が白く塗られ、壁で仕切られた部屋同士をつなげたことで、明るく開放感のある空間が実現。流木のオブジェが古いものの魅力を静かに語る。

この事例の続きを読む
FILE 2

愛知県名古屋市・名古屋グランパス池見

若者から大人まで入居できる
幅広い世代のニーズに応える室内空間に

山内智恵さん

建築家・山内智恵さん

オーナーのT氏からは、「他にないような、非日常が感じられる間取りにしたい」という要望をいただいていましたから、通常のリフォーム(更新)だけでなく、プラスアルファの要素を望んでいたことは十分に理解していました。その答えとして出した結論が、玄関から大きな局面を描いて続く白い壁です。以前の間取りでは、玄関をあけるとすぐに部屋が目の前に現れるような間取りで、面白みもなく、圧迫感がありました…続きを読む

before
問題点
  • 入居者の多くが学生だったため、卒業シーズンには退出者が一気に増え、収支計画が不安定だった
  • 良くも悪くも無難で、学生受けは良くても社会人の入居者には物足りなく感じられる間取りであった
  • もともと1室あたりの広さがかなり狭く、閉塞感のある間取りであった
after 1
after 2

水廻りを1個所に集めたことで、狭さからくる閉塞感を一気に解消した。白を基調としたホテルライクな内装も開放感の演出に一役。若者から大人まで気持ちよく過ごせる空間に。

この事例の続きを読む
FILE 3

愛知県名古屋市・OS STAGE

“最低限の手入れ”でもデザインが光る
建築家とのコラボでよみがえった

小川文也さん・東野友信さん

建築設計/TOFU
小川文也・東野友信さん

予算に明確な制限がありましたので、全てを新しいものに更新するというわけにはいきませんでした。そこで、今あるものから不要なものを取り除き、最終的にシンプルで心地よい空間を作るという、いわゆる「引き算」の設計を心がけました。間仕切壁を撤去して空間を広げる「引き算」を行いつつも、見せ場となる部分だけは最低限、新たに追加することで、最小の手間で最大の効果を得ようと考えました。今回の事例で言えば…続きを読む

before
問題点
  • 格安ではあったが、不動産の購入時点で築30数年と古い建物であった
  • 築年数が古いため、設備や共用部の老朽化が進んでおり、入居者が集めにくい状態であった
  • 人通りの多い通りに面していたこともあり、特に人目につきやすい外観のデザインは重視したい
after 1
after 2

雰囲気のあるものはあえて残しながら、使い勝手のよい木製のカウンターは新設。限られた予算でも洗練された空間に。共用部の塗装は白で統一することでじめっとした雰囲気も解消した。

この事例の続きを読む

賃貸リノベーション×建築家 賃貸リノベーション対応可能な建築家

共同住宅は、ワンルームから億ションの全体設計から住戸内改装まで、数多くの実績があります。

賃貸リノベーションのポイントは「ローコスト且つ、大胆なアイデア」で成功間違いなし。

空室率の改善にはデザインの一新が効果的で同時に設備・構造をどうメンテナンスするかが成功の秘訣です。

環境とマッチしたリノベーションが必要で、リノベーションとは革新ですから全く違う空間に蘇生させることです。

壊れてしまった設備だけを更新しても、特に引き合いはありません。お気軽にお問合せください。

新たな価値とデザインにより建築は蘇ります。人々が集い続ける場所であるために、最適なプランを提案します。

注目の建築家

ISSUE

新着お役立ち記事

記事一覧へ

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

建築家との注文住宅:お気軽にお問い合わせください/03-5776-1746 受付時間:9時~18時(土日祝除く)建築家オウチーノの担当をお呼び出しください

お問い合わせフォームはこちら

TRUSTe

このページの先頭へ