片岡英和 建築家・片岡英和さんの作品

東大阪歯科クリニック/ゲート的ファサード

昭和40年建築(新耐震以前)への昇降シャフト

昭和40年建築(新耐震以前)への昇降シャフト

依頼者の要望
・既存ビルへのエレベーター新設
・1階:駐車場
・2階:歯科クリニック
・3階:オフィス
・4階:居住スペース
建築家のコメント
今回最も頭を悩ませたのは、既存建物へのエレベーターの設置(1~3階)は、建物自身が現行建築基準法に適応していないということもあり、単純にエレベーターを取付けて完成という訳にも行かず、建築本体の構造とエレベーターの構造を別扱いできる設計とすることで、建物への遡及効果なしの必要最低限のコストで納まる計画としました。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 リフォーム・リノベーション・増改築
建物の種類 次世代クリニック・医療施設 構造 RC造(鉄筋コンクリート造)
施工面積 566.9m2 総工費(目安)※ 3500万円
築年数 45年 ロケーション 都市部
施工前の間取り 施工後の間取り
設計・デザインのポイント 1970年に4階建て事務所ビルとして建築され、築40年が過ぎたこの建物に歯科クリニック、住宅、エレベーターの3つの機能が求められました。
歯科クリニックは、心地よい待合いロビーを持ち幅広い年齢層に対応できるインテリア及び、客動線と交錯しない使い勝手の良い医療動線を重視したプランニングを心掛け、 住宅エリアは、自ずと家族の集まる場所となる心地よい居住スペース、明確な家事動線を軸に計画しました。
所在地 大阪府 東大阪市 沿線 近鉄奈良線
工期 設計:3ヶ月間  施工:3ヶ月間 竣工 2012年 04月
メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2014年02月19日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

片岡英和

片岡英和一級建築士事務所片岡英和建築研究室

京都府京都市中京区元本能寺町382MBビル3F

ローコストからハイクラスまで、「心地よい生活」のご提案。住宅、 店舗、オフィス、クリニックなど幅広い分野でのお洒落設計の経験を活かし、様々なニーズに柔軟な設計スタンスでお応えいたします。 京都を...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

3.8点 / 5点 評価者1591人

評価の詳細

デザインがいい
(3.8点/5点) 評価者1591人
コストに納得
(3.8点/5点) 評価者1591人
参考になった
(3.8点/5点) 評価者1591人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

片岡英和さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

大阪府の近隣エリアで設計事務所を探す

大阪府を含めた近隣エリアで建築家を探す

大阪府を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ