北原啓子 建築家・北原啓子さんの作品

English House B

イギリスのコテージの温かさと歴史を感じる家、100年以上建ち続けている田舎家。

イギリスのコテージの温かさと歴史を感じる家、100年以上建ち続けている田舎家。

依頼者の要望
すべてを茶色にしたいくらい茶色が好きなので、茶色の建物にしたい。アトピーや花粉のアレルギーもあるので、無垢材と珪藻土で仕上げて欲しい。
片付けが得意じゃないので、収納が簡単なプランをとのご依頼。
野球をしている息子さんが帰宅時汚れたまま入室し、そのまま入浴できるプランにしてほしい。

建築家のコメント
H様ご夫妻と、ご一緒に相模湖へ流木を拾いに行き、私の知り合いのベトナムカフェでベトナムコーヒーをいただき、スティーブのスタジオへお邪魔した思い出はとても懐かしいです。建て替えのご依頼で、ご訪問させていただいた時に、庭に可愛いねじり花が咲いていましたので、それをモチーフにした妻飾りや玄関ドアのデザインを、スティーブに依頼しました。
娘さんがいらっしゃるので、トイレの手洗い・洗面台等はオリジナルで可愛いデザインをご提案。隣にご両親がお住まいですが、将来介護が必要になった時の為に、またゲストの為に和室を設けましたが、解放的で、茶室の壁を思わせる珪藻土の塗り分けをしました。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
間取り 5LDK 総工費(目安)※ -
敷地面積 206.9m2 延床面積 132.1m2
設計・デザインのポイント イギリス人のアーティスト、スティーブに玄関ドアと、玄関の屋根の妻飾り、流木を焼き手摺の制作を依頼。
茶色が大好きということで、ドアノブも照明器具、カーテン等すべて茶色の物を輸入し、全体を茶で統一。敷地に余裕があり、四方からの陽射しと風もダイレクトに抜けるプランとした。
所在地 神奈川県 横浜市港南区 ロケーション 高台
沿線 横浜市営地下鉄ブルーライン 工期 設計:3ヶ月間  施工:7ヶ月間
竣工 2006年 01月 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2013年06月05日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

北原啓子

北原啓子エス・デザイン一級建築士事務所

神奈川県相模原市中央区中央1-4-1

完璧な人がいないように、完璧な建築素材・工法などはありません。ですから、それぞれのメリット・デメリットをしっかりお伝えし、ご理解していただき、ご自身で納得の建材・工法等をお選びいただき、それぞれ...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

3.8点 / 5点 評価者443人

評価の詳細

デザインがいい
(3.8点/5点) 評価者443人
コストに納得
(3.8点/5点) 評価者443人
参考になった
(3.8点/5点) 評価者443人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

北原啓子さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

神奈川県の近隣エリアで設計事務所を探す

神奈川県を含めた近隣エリアで建築家を探す

神奈川県を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ