中村弘道 建築家・中村弘道さんの作品

小田急線秦野駅橋上駅舎・自由通路

土地の特徴を織り込んだ物語性をコンセプトに取り入れた駅舎化・大胆な構造を採用

土地の特徴を織り込んだ物語性をコンセプトに取り入れた駅舎化・大胆な構造を採用

依頼者の要望
効率の良い機能的な駅舎を提案してほしい。
建築家のコメント
建築の外観はともかく、ホーム上の開放性や将来性を担保した基本コンセプトの中で、経済性を重視しつつ、駅といえば新駅はどれも似通ったものが多い中で、乗降客の毎日の充実感を味わえる空間の豊かさや満足感を味わっていただけるその土地の雰囲気を醸成した駅舎となっていることには成功しているのではないでしょうか。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 その他
建物の種類 公共建築(役所・学校等) 構造 S造(鉄骨造)
間取り - 総工費(目安)※ 50000万円
敷地面積 - 延床面積 -
設計・デザインのポイント 緩やかにカーブしたホームの開放性を重要視した柱の省力化を追求し、経済性を効率化し、管理しやすい公共空間を実現するために大胆な構造形式で提案実現された、ユニークな駅施設です。二階のデッキと改札口は丹沢の入口に合わせた物語性を隠喩しふさわしい材料やスケールを取り入れている。
現在ではよく見かける液の開放性や考えを先進的に取り入れた建築として意味を成している。
所在地 神奈川県 秦野市 ロケーション 郊外
沿線 小田急小田原線・小田急小田原線 工期 設計:5ヶ月間  施工:3年間
竣工 1996年 11月 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2021年02月16日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

中村弘道

中村弘道(株)中村弘道・都市建築計画設計研究所

東京都世田谷区上祖師谷2-28-15-228

クライアントと設計者の信頼関係を深くしてゆくために、こまめな情報交換は欠かさず、クライアントのセンスに寄り添った最大の努力をいつも心がけています。 クライアントのイメージを引き出し、漠然とした要...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

4.3点 / 5点 評価者1人

評価の詳細

デザインがいい
(4点/5点) 評価者1人
コストに納得
(5点/5点) 評価者1人
参考になった
(4点/5点) 評価者1人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

中村弘道さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

神奈川県の近隣エリアで設計事務所を探す

神奈川県を含めた近隣エリアで建築家を探す

神奈川県を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ