建築家・ナイトウタカシさんのブログ「木目を生かしたインテリアのモダンな家!」

木目を生かしたインテリアのモダンな家!

2021/04/15 更新

青空に白いモダンな外観が映えますね。(一枚目)



2階バルコニーから屋上へと延びている

鉄骨の階段が印象的です。



ハコ型のモダンなデザイン。

シンプルですが、流行に左右されないので、

10年後に見ても、古めかしい感じはないでしょうね。



外壁は、ジョリパットという塗り壁。

左官屋さんに、しっかり押さえてもらっているので、

マットでフラットな仕上がりになってます。





インテリアはどうかというと、こんな感じです。(二枚目)



外観のモダンな印象とは少し違っていて、

天井にレッドシダー、床にアカシアの無垢材を使って、

木目の印象が強くなってます。



その樹種ゆえに、木目自体に表情があるので、

少々荒々しい印象ですが、それがまたいいですよね。



その中に、宙に浮いたようなデザインの

ブラックのキッチンがアクセントになってます。



ちなみに。

このキッチンは、パナソニックのラクシーナというシリーズ。



とてもかっこいいんですけど、パナソニックでは、

中位グレードで、さほど高くなかったりします。



高いからかっこいい。

というわけでもなくて、しっかりセレクトすれば、

かっこよく見せることもできるんです。



そういえば。

リビングダイニングを、勾配天井にしています。



高いところで、4mほどになることと、

特注のサッシを使って、南に向かって大きな窓を

設けていますので、開放感がありますね。



レッドシダーの流れ方向を、勾配方向にしたので、

視線が高い方へと流れていくため、より高く見えてます。



ただ。

左側(北側)の天井高さは、1.9mほど。

えぇ?と思われたかもしれえませんね。



この家の敷地は、とても厳しい法規制のエリアなので、

建物の北側に高さに制限があって、この高さが最大なんです。



天井低いところは、収納にしてしまうことも考えたのですが、

思い切って、LDKの一部にしました。



理由は。

その低さがあるからこそ、高い部分が、より高く見えるから。

漠然と全体が高いより、強弱があった方が際立ちます。



実際、立って生活することって、あまりないので、

この天井高さは大正解でした。



開放的な空間の中で、ゆったりと暮らす。

っていいですね。



他にはない、たった一つの家づくりを通して、

豊かな未来の実現をサポートしています。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

1/100の可能性・580…

本井公浩

2021.05.07
ケヤキの枝プロジェクト [1/1...

建築家:本井公浩

オーダーキッチンから和紙の…

ナイトウタカシ

2021.05.07
昨日、木製のオーダーキッチンを得意...

建築家:ナイトウタカシ

問い合わせからの初回面談っ…

ナイトウタカシ

2021.05.06
昨日は、朝からこんな感じ。 夜ま...

建築家:ナイトウタカシ

工法から考える家づくり ❷

相川直子+佐藤勤

2021.05.05
前回からのつづき。 「柱・梁や床と...

建築家:相川直子+佐藤勤

アンティークの和家具を探し…

ナイトウタカシ

2021.05.05
味のある家具たちが並んでいます。(...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ