本井公浩 建築家・本井公浩さんの作品

鉄骨階段のある家/スケルトン[階段]

スケルトン階段

スケルトン階段

建築家のコメント

 リビングダイニングルームの目線の広がり確保と、デザインとして階段を活かすために、鉄骨のスケルトン階段を採用しました。
 スケルトン階段は、家族が帰宅すればリビングダイニングからわかります。子供の行動が把握しやすいでしょう。ただ、小さなお子さんや年配の方の場合、安全に配慮したプランにする必要があります。
 デメリットとしては、階段のホコリが下に落ちるので、階段下の掃除をマメにしないと汚れががる事です。それを考慮しても広い土地を確保するのが難しい中、居住スペースの広がりというメリットは大きいと感じています。

この作品のその他の箇所情報

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 洗面  キッチン  リビング・ダイニング  廊下  階段 工事の種類 リフォーム・リノベーション・増改築
建物の種類 オフィス・事務所 構造 プレハブ工法
施工面積 197.0m2 総工費(目安)※ 1500万円
築年数 24年 ロケーション 郊外
施工前の間取り その他 施工後の間取り その他
設計・デザインのポイント  以前のプレハブ倉庫を、元々ある大空間を活かして開放感のあるLDKを作りました。キッチンは落ち着きある室内を意識して表に出過ぎない配置に、また、回遊性のある通路を作りそこに収納を設けることで無駄な動きをなくしました。快適な暮らしができるようプランニングしています。エッジのあるデザインやガラス戸で全体をシャープに、木材や発色の美しい水性塗料で柔らかく濃淡を作るなど、工夫を重ねました。
所在地 神奈川県 沿線 小田急小田原線
工期 設計:6ヶ月間  施工:9ヶ月間 竣工 2019年 07月
メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2020年09月23日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

本井公浩

本井公浩(株)本井建築研究所一級建築士事務所

神奈川県綾瀬市小園629-6

光や風、自然を扱う建築手法やシンプルで繊細な美意識や精神性は、今もなお 私たちの日常をより豊かなものへと導きます。 大切に長く使える安全性と進化するテクノロジーに呼応した機能性を基本に、クライア...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

0点 / 5点 評価者0人

評価の詳細

デザインがいい
(0点/5点) 評価者0人
コストに納得
(0点/5点) 評価者0人
参考になった
(0点/5点) 評価者0人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

箇所ごとの詳細を見る (クリックで各箇所のページへ移動します)

本井公浩さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

このページの先頭へ