清水裕子+清水貞博+松崎正寿 建築家・清水裕子+清水貞博+松崎正寿さんの作品

I.house

トンネル状の建築的な地盤と空中庭園に建つ2層の住宅

トンネル状の建築的な地盤と空中庭園に建つ2層の住宅

依頼者の要望
狭小地ながらもゆったりとした生活空間と通風、採光の確保、またペットの犬2匹と気兼ねなく暮らせるライフスタイルが望まれた。
旗竿敷地ながら駐車場の確保と、快適なリビング、じめじめとしない浴室、ペットの犬2匹のみでも住宅内にいられる住宅が望まれ、また、住み手の自由度のある無駄を省いた意匠計画、省エネの生活環境の確保を求められた。
建築家のコメント
斜線制限の厳しい旗竿敷地において、良好な住環境の形成には内部空間と外部空間の包括的な有効利用が不可欠である。両者を建築が作り出す新たな地形として積極的に獲得することを試みている。

敷地周辺は緑豊かな公園や、隣家の庭等に囲まれており、旗竿敷地の特徴である奥としての豊かな落ち着きがある。
建築的な地盤としてのヴォリュームを敷地から持ち上げることで、上方、下方にそれぞれ敷地最大限の地下空間、新たな地盤としての空間を住環境として提供している。


フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 その他(鉄骨造+木造)
間取り - 総工費(目安)※ 3350万円
敷地面積 105.1m2 延床面積 108.5m2
設計・デザインのポイント 地下は白く塗装された土留め擁壁まで敷地一杯に空間が連続している。上方の新たな地盤は空中庭園となり、寝室・水回りが庭に建つ2層の白い箱状の住宅として配置されている。

一方、持ち上げられた建築的な地盤の中は洞穴的なトンネルになっている。南北に空いた間口がステンレスメッシュにより囲われたグレーチングテラスと連続し、トップライトが上方の庭と連続することで、ひっそりとしつつも開放的なリビングとなっている。
所在地 東京都 ロケーション 都市部
沿線 - 工期 -
竣工 -年 メディア掲載 ステキな間取りを見つける本:X-knowledge2013年
部屋別・間取りアイデア300:X-knowledge2013年
126家族の間取り:X-Knowledge2013年
MY HOME 100選 VOL.10:扶桑社2012年
最高の間取りをつくる本:X-Knowledge2011年
新しい住まいの設計:扶桑社2010年1月号
新しい住まいの設計:扶桑社2009年11月号
MY HOME 100選 VOL.4:扶桑社2009年
大人の洗練インテリア:X-Knowledge2008年
My HOME+ VOL.14:X-Knowledge2008年

※この作品事例の登録日は、2017年01月13日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

清水裕子+清水貞博+松崎正寿

清水裕子+清水貞博+松崎正寿有限会社atelierA5建築設計事務所

東京都世田谷区経堂3-3-14

atelierA5は、清水裕子、清水貞博、松崎正寿の3人で共同設計を行っています。性別も考え方も異なる人間が意見を交わしながら、普遍的な価値、新しい価値を求めて設計を行っています。 住まい手がそ...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

2点 / 5点 評価者9人

評価の詳細

デザインがいい
(2.1点/5点) 評価者9人
コストに納得
(1.9点/5点) 評価者9人
参考になった
(2.1点/5点) 評価者9人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

清水裕子+清水貞博+松崎正寿さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

東京都の近隣エリアで設計事務所を探す

東京都を含めた近隣エリアで建築家を探す

東京都を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ