建築家 清水裕子+清水貞博+松崎正寿さんの作品事例

55件中 1〜10件を表示

1 2 3 4 5 6 次へ

コンクリートステインにより着色されたRC壁の新しいアプローチ空間

KB.villa

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
リフォーム・リノベーション・増改築 海の近く 4200万円 - 神奈川県

この敷地の大きな魅力である海への眺望は、老朽化したウッドデッキや、視線を遮る植栽、外構フェンスによって阻害され、その魅力を活かしきれていなかったため、新たにタイル貼りの広々としたテラスを、LDKから既存のプールへと連続させ、更に、外構フェンスを傾斜したガラス手摺に変更することで、海へと繋がる眺望を最大限に活かしている。
また、もう一つの課題であった既存建物へのアプローチ部分は、高い木々に囲まれた階段によって、薄暗い雰囲気を持っていた。それらの樹木や階段を撤去し、新たに、コンクリートステインにより着色されたRC壁を設置することで、邸宅街から建物へのアプローチとしての顔となる形状に改修している。

吹抜け側をガラスの間仕切りとすることで広がりのある風景を住宅内に取り込んでいる。

YS.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 郊外 3050万円 - 神奈川県

周辺環境の取り込みとプライバシーを同時に成立させるために、住宅部分の開口部は、周辺の環境と外部からの視線を考慮し、北面、東面のハイサイドの位置から、南西のコーナー部分へと斜めに視線が抜けていくよう連続して配置し、その上に、柱によって浮いた大屋根を架けている。大屋根と柱部分は木素材とすることで、周囲の街並みにあったものとしている。
開口部は、裏側の山の景色から道路側に広がる街並み、更にその奥に広がる山々への眺望へとその形状を変化させ、それによって切り取られた白い外壁が周辺環境を繋ぐ外観として現れている。

テラスは斜めの袖壁で構成される目隠し壁で囲い、LDKからの視線を上空へと繋げる

ST.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 郊外 5000万円 - 神奈川県

南側空地に対し最大限の開口部を確保しつつ、2階のテラスを跳出すことで、1階親世帯の住空間は、屋根付きテラスに面した縁側的な空間を作り出し、2〜3階夫婦の住空間は、吹抜けの大開口がテラスに面した、開放的な空間となっている。
2階のテラスは、周囲からの視線を遮りつつ、周りへの圧迫感を抑える高さで調整し、斜めの袖壁で構成される目隠し壁で全体を囲うことで、LDKからの視線を上空へと繋げる視覚的な効果をもたらしている。また、テラスの外階段は3階のスラブへと接続することで、外部空間を取り込みながら連続的に上部へ空間を繋げ、更に、吹き抜けに面した廊下、螺旋階段を通ってリビングへと繋がり、内外の住空間全体に回遊性をもたらしている。

1階から3階へと連続する階段横の棚。見せたくない部分には扉を設置している。

KS.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 住宅密集地 2500万円 - 東京都

隣家が迫っている周辺環境から、採光と通風を確保し、無駄な動線の無い最大限の居住空間を成立させるため、敷地中央に光を取り込む中庭と階段室を設け、斜線制限によって決まる最大ヴォリュームの中央上部から光と風を取り入れる住宅を目指した。

LDKはRCの壁で囲われた中庭と一体になった柱のない開放的なワンルーム空間

WA.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 住宅密集地 6150万円 - 東京都

斜線制限をクリアする最大限に囲われたRC壁の内部を構成する諸室の間を、外部と上方からの光を取り込むことで、高いプライバシーとセキュリティを確保しつつ、室内の全てに光と風が行き届く明るく開放的な住宅を実現している。

隣家からの視線を配慮しながら構造壁を配置し、南西側の眺望を切り取っているLDK

TS.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 高台 - - 神奈川県

眺望を生かした屋根とプライバシーの高い基壇を道路と敷地に段差がある立地の特性を活かして配置することで、敷地の大きなポテンシャルである眺望をそれぞれの空間に最大限に活かした住宅が生み出されている。

オリーブの古木があるテラスからLDKを見る

IN.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 住宅密集地 - - 東京都

地下1階には駐車場、音楽室等を1つのヴォリュームとして配置し、室内は上方へと立体的に連続する外部に面している。1階はLDKとテラス、地下から連続する外部を配置し、ガラスで仕切られ、内外を一体化した空間としている。2階はプライベートな諸室がL字のヴォリュームとして配置され、1階のLDK上部に浮いた格好で箱の内側に配置されている。2階ヴォリュームの内側と外側は箱の外周壁から離れて空隙となり、1階テラス、地下ドライエリアと連続し、箱の中に立体化された空隙は上空へと開いていく。
分断された入れ子状のヴォリュームと連続する空隙は箱の中で絡み合い、高いプライベート性を維持しつつ、内側で光溢れる風通しの良い、開放的な住環境を獲得している。

光と風が降注ぐ中庭で包まれたLDKはプライバシーが保たれた開放的な空間

OH.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 住宅密集地 - - 東京都

隣地境界の既存塀とそこからオフセットされた構造壁との間は、連続する設備スペースとして室外機等が配置されている。この構造壁の西側は収納やトイレ、階段等が内包され、緒室にその機能を提供し、空間を柔らかく分節している。1階では更にオフセットされた入れ子状の納戸とSICが配置され、玄関、寝室、書斎に分節され、その周囲を駐車場、中庭等の外部が取り囲んでいる。1階の内包された外部は形を変えながら上空へと連続し、グレーチングのテラスとして2階のLDK、水回りを取り囲んでいる。3階は広い屋上に面して、寝室や和室を配置している。
敷地境界を入れ子状にオフセットさせることで、周辺の影響を受けない、水平方向、断面方向への開放性を獲得している。

既存の丸柱等、当初の雰囲気を活かしたオープンな和室には家族が自然と集まる。

KAT.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
リフォーム・リノベーション・増改築 高台 2200万円 - 神奈川県

既存建物は、和室を中心に、その廻りにリビング、ダイニングキッチン、水廻りなどを配置した、回遊性のあるプランであったが、壁や床の段差によって、その回遊性が弱まり、建物全体として薄暗い雰囲気を持っていた。

改修工事では、当初の和室を中心とした回遊プランを活かし、必要な耐震壁を、新設する壁面収納や、和室の廻りの壁に集約することで、空間の邪魔となっていた壁や段差を取り除き、回遊性を強めるような改修を行った。
建物の内装は全体を白色として、中心の和室は、既存の丸柱など、当初の雰囲気を活かした木調のオープンな空間として、住まい手が自然と中心に集まるような空間としている。

北側のトップライトと南側のテラスに面した開放的なLDK

AK.house

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 郊外 2700万円 - 埼玉県

敷地は郊外の住宅密集地に位置する25坪の狭小地である。前面道路は4mと狭く、周辺の住宅は雑然と立ち並んでいる。
圧迫感のある周辺環境から、採光と通風を確保するため、上へ抜ける住宅、空から光と風を取り入れる住宅を目指した。
3層のヴォリュームは上階の外壁をセットバックさせ、階段状に積層させることで、広がった空からの光が下階に降りるように計画している。

55件中 1〜10件を表示

1 2 3 4 5 6 次へ

注目の建築家

ユーザーが選んだ
建築家作品ランキング

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ