清水裕子+清水貞博+松崎正寿 建築家・清水裕子+清水貞博+松崎正寿さんの作品

H.house

ジョリパッド仕上げの1〜2Fの上に、ガルバリウム鋼板仕の3F部分が積層されている。

ジョリパッド仕上げの1〜2Fの上に、ガルバリウム鋼板仕の3F部分が積層されている。

依頼者の要望
LDK中心の住空間を望まれていた。
建築家のコメント
敷地は細長い狭小地で、角地のため歩行者や車の抜け道となり、住宅地としては比較的交通量の多い敷地といえる。
プライバシーの確保と、細長い敷地の特性を生かした空間の広がりを実現させること、クライアントからの要望であるLDK中心の住空間を実現することを目標とした。
LDKの床面は半層上がった畳コーナー、半層下がった主寝室と連続し、屋根ボリュームからはワークスペースが下がっていくことで、起伏を作り出している。これにより2層分のLDK空間に断面的な凹凸を作り出し、区切られながらも敷地全体に連続する空間を作り出している。
起伏のある床と屋根を持つLDK空間が断面的に連続し、テラスまで繋がっていくことで、長さを最大限に生かした住空間が実現した。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
間取り - 総工費(目安)※ 2350万円
敷地面積 - 延床面積 -
設計・デザインのポイント 建物は3階建てとし、1,2階を2層分のLDK空間として敷地全体を最大限に囲っている。3階部分には子供部屋と水廻りを配置して、それらをLDK空間に架かる屋根のボリュームとして扱っている。その屋根ボリュームをLDK空間の中央に配置することで、両端にトップライトとテラスを確保し、上面からの十分な採光とプライバシーの確保を両立させている。
所在地 東京都 ロケーション 住宅密集地
沿線 - 工期 -
竣工 -年 メディア掲載 2012住まいの設計 :扶桑社2012年11・12月号

※この作品事例の登録日は、2017年01月13日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

清水裕子+清水貞博+松崎正寿

清水裕子+清水貞博+松崎正寿有限会社atelierA5建築設計事務所

東京都世田谷区経堂3-3-14

atelierA5は、清水裕子、清水貞博、松崎正寿の3人で共同設計を行っています。性別も考え方も異なる人間が意見を交わしながら、普遍的な価値、新しい価値を求めて設計を行っています。 住まい手がそ...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

1.2点 / 5点 評価者7人

評価の詳細

デザインがいい
(1.4点/5点) 評価者7人
コストに納得
(1.1点/5点) 評価者7人
参考になった
(1点/5点) 評価者7人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

清水裕子+清水貞博+松崎正寿さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

東京都の近隣エリアで設計事務所を探す

東京都を含めた近隣エリアで建築家を探す

東京都を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ