築100年超の建物を爽快バリアフリー住宅へ|リフォーム、増築・改築ならリフォームO-uccino(オウチーノ)

リフォーム費用「比較サイト」
リフォームO-uccino(オウチーノ)

リフォームO-uccino(オウチーノ) ナビゲートキャラクター「リフォモ」

会員・商談ページへ

リフォーム見本帖 見たい!知りたい!成功のヒケツ「厳選」リフォーム事例集 reform best style files

file3

耐震性・耐久性・快適性にこだわって一新!
築100年超の建物を爽快バリアフリー住宅へ

築100年超の建物を爽快バリアフリー住宅へ

自力で地元のリフォーム会社を探そうと試みたものの、思うように見つけられなかったというAさん。すがる思いで最初に利用したリフォームサイトでは、能力不足と感じる会社からしか応募がなく、いよいよ困り果てたそう。そんなとき出会ったのがリフォームO-uccino(オウチーノ)。提示した難工事の条件に応える会社がついに現れた。

旧家の有効活用と安全確保を兼ねて

リフォーム対象の建物はAさんの旧家で、近年は倉庫代わりになっていたもの。「そのままだともったいないし、地震がくると崩れてしまうおそれがあり危険。消費税が上がる前に、なんとかしたいと思っていました」。そう語るAさんは「ゆくゆくは子どもたちが住んでもいいし、私たち夫婦が移ってきてもいい」とも。ただし、接道していない土地のため、建て替えの建築許可は下りない。そこで大掛かりなリフォームに踏み切ることになった。

リフォーム費用 2,400万円
面積/間取り 5LDK→4LDK
家族構成 4人
市区町村 滋賀県大津市
築年数 100年以上

リフォームの概要

耐震補強の実施とともに光と風を呼び込む
Aさんが希望した内容は、「まずは耐震性の確保。断熱性・通風性・採光性も高め、外壁や屋根はメンテナンスが楽なほうがいい」。すでに築100年以上におよぶ建物は、あちこちに不備が生じていたため耐震診断を行い、基礎部分から柱や壁に至るまで現行の建築基準を満たすものに耐震補強を実施した。同時に、2階よりも1階部分が南北に飛び出す「下屋(げや)」を減築し、LDKと一体感を持たせた洋室の併設により、1階奥まで自然の光があふれる快適空間へ。「風通しにも恵まれ、夏は冷房要らず。冬もペアガラスなどで断熱性を高めているので心配ありませんね」とAさん。少々予算オーバーだったとはいえ、「建物があまりにも古かったので」と納得の範囲だとか。

これだけは譲れない!こだわりのポイント

傾斜天井の採用で高さを確保
建物の制約上、2階の天井の高さはそのままだと2.1mくらいが限界だった。しかし、天井高はAさんが譲れなかったこだわりのひとつ。少しでも高さを確保するため、動かせない大梁を頂点にした傾斜天井を採用することにより、最高所約2.3mを実現。視覚的にも奥行と広がりを体感できる開放的な空間の実現に成功した。

こだわり-勾配天井

空間の増減が自在な間仕切り
「部屋を広く使いたい」というAさんのリクエストに応え、1階のLDKと洋室の間、および2階の洋室2室の間に折れ戸スタイルの間仕切りを設置。壁側に畳み込んで開放すると使い勝手の良い巨大な空間が生まれ、逆に閉ざせば別々の個室へと変身する。普段は開放しておき、暖房効率を高めたいときなどは閉じるという。

こだわり-スライディングドア

バリアフリー仕様が行き届く
将来のことを考えて室内はバリアフリーを徹底し、各空間の仕切りに敷居のないフラット構造とした。扉についてもトイレは折れ戸、その他の主要部分は引き戸を採用し、十分な開口幅を持たせることで車椅子にも対応。手すりは今のところ設けていないものの、必要になったときに取り付けできるように下地を設けてある。

こだわり-バリアフリー

実はこんな苦労も

会社のヒアリングミスで工法が違う!?
当初からAさんが頭に思い描いていたのは、屋根や外壁に通気工法を採用した省エネ対応の家。ところがリフォーム会社のヒアリングミスもあり、工事を進めてから希望と違っていることに気付く。一度動き出すと容易に変更できずトラブルの原因になりがちだが、すぐに非を認めてやり直してくれたのでAさんもひと安心。もともとはリフォーム会社の落ち度とはいえ、「常に真摯に対応してくれたのが好印象です」と今となっては笑い話に。

Before→After

  • Before以前の台所は北側に突き出した下屋部分に位置。部屋の奥まで外光が届きにくく、少し暗い印象だった。
  • →
  • After下屋を減築してすっきり明るいダイニング・キッチンへ。IHクッキングヒーター付きのシステムキッチンも導入。
  • Before3つの個室があった2階は、続き間として広く使うことはできたけれど、古めかしい印象は否めなかった。
  • →
  • After3室ともフローリングを採用し、掃除もしやすい洋室に。そのうち2室は間仕切りの開放で一体化できる。

教えて!リフォーム経験者のホンネ

Q. 検討を始めてから工事完了までの期間は?
8か月
Q. リフォームを相談した会社数は?
4社
Q. 実際に現地見積もりを依頼した会社数は?
1社
Q. 当初予算との差額は?
400万円オーバー
Q. この会社に最終的に決めたきっかけは?
信頼感が持てたこと。
建物だけでなく、家族の暮らし方など、
きめ細かく希望を聞いてくれました。

施工のポイント(工務店の声)

大胆にスケルトン・リフォーム
基本的にスケルトン・リフォームということで、骨組以外はすべて取り換え、一部は骨組も動かしています。また、建物が傾いていたのでジャッキアップして水平にするなど、十分な耐震性・耐久性を確保しました。今回は重機が入れないなどの制約もありましたが、ご相談いただいた当初からお伺いしていましたので苦労だとは思いません。実際、私どもではこれまでにも同じような条件のリフォームに携わってきました。設計プランにあたってはAさまがとても勉強されており、明確なご希望を持たれていたので、それを忠実に実施することに努めました。

リフォーム会社情報

有限会社カプライ

代表取締役 大浦 滋さん

After

中古住宅の全面リフォームに豊富な実績がある大阪府東大阪市のリフォーム会社。 戸建て住宅の耐震診断から耐震補強設計・耐震補強工事、マンション・リノベーションのプランニングから施工までワンストップで対応可能です。

【対応エリア】 滋賀県|京都府|大阪府|兵庫県|奈良県|和歌山県

※一部対応できない市区町村がある場合があります。

ユーザーレビュー- リフォームO-uccino(オウチーノ)を使ってみていかがでしたか? -

難しい条件でも会社探しが簡単!
リフォームO-uccino(オウチーノ)の利点といえば、初めは自分の名前を出さずに相談することができ、断るのも自由にできるということ。今回は、接道がない築100年以上の建物という困難な工事だったため、反応があったのは2社だけでしたが、むしろこの厳しい条件に応えてくれる会社が簡単に見つかったのは驚きです。個人で足を使って探すのはとうてい不可能ですからね。それに、リフォームO-uccino(オウチーノ)さんを通してやりとりするので安心感も。

上記の記事は、2012年10月30日現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社オウチーノ(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。


お知らせ
  • プロと一緒に現地へ!未購入物件の内覧同行サービス(無料)

施主支給でもできる!満足度UPのリフォーム事例を掲載

メディア掲載情報

ビジネス誌『ダイヤモンド別冊 5年後、伸びる街』に情報掲載
ダイヤモンド別冊 5年後、伸びる街
ダイヤモンド別冊(2016/12/15)にO-uccinoが取り上げられました。

ダイヤモンド特設ページ

会社名・フリーワードで探す

  • キャンペーン
このページの先頭へ