マンション売却の前に!知っておきたい手数料のハナシ

これから所有しているマンションの売却を行おうと計画している方が、知っておきたいのがマンション売却にかかる費用です。マンションを売却するわけなので、売却時に費用は発生しないものだと思ってはいないでしょうか。実は売却する際には、様々な手数料がかかってきます。売却を考える際は、予想される費用を考えたうえで実際に売りに出すことが賢明です。売りにかける前に、マンション売却時にはどのような手数料がかかるのか、費用は妥当なのかもう一度おさらいしてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション売却にかかる手数料とは

マンションを売却するにあたって、印紙税や譲渡所得税の他に、司法書士に支払う手数料と不動産会社への仲介手数料が発生します。登記の変更や抵当権の抹消は手続きが複雑なので、司法書士に一任することも多いでしょう。司法書士への手数料は、事務所によって変動してくるので、事前に見積もりをもらうなどである程度の金額を知ることができます。そして、不動産会社に対する仲介手数料。マンションを売却する際はほとんど不動産会社を通して行うことになるため、当然仲介にあたり手数料が発生します。具体的には、広告の掲載料や人件費、売却時の調査費用などが仲介手数料として計上されます。仲介手数料は、マンションの売却費用の中でも大部分を占めるので注意しておきたいものです。

仲介手数料の注意

仲介手数料は、基本的にはマンションの売却が成立したときに支払う費用です。しかし、中には売却が成立する前に手付金としていくらか受け取りたいという不動産会社も存在します。仲介手数料の支払い方法については、マンション売却の契約時に確認しておきたいところです。また、仲介手数料は不動産会社によってばらつきがあります。大手不動産会社に一括見積ができるサービスを利用すると、より多くの会社の中から吟味できるので便利です。

仲介手数料で損をしないために知っておきたいこと

仲介手数料は不動産会社によって多少のばらつきはありますが、宅地建物取引業法によって上限が定められています。マンションを売却するために、仲介手数料が妥当か確認してみましょう。

取引物件価格が200万円以下・・・取引物件価格の5%+消費税
200万円以上から400万円以下・・・(取引物件価格の4%+消費税)+(20,000円+消費税)
400万円を超える場合・・・(取引物件価格の3%+消費税)+(60,000円+消費税)

上記が法定基準になります。例えば、取引物件価格が2,000万円の場合は、手数料712,800円が上限になるわけです。上限に近い仲介手数料を提示された場合、交渉次第では安くしてもらえる場合があります。売却を行う際は、常に妥当な価格なのか判断することが大切です。

マンションを売却する際の経費の一つが、不動産会社への仲介手数料。仲介手数料は法律で上限が定められているうえに、売却が成立したときだけ支払いの義務が発生します。売却の契約時には、仲介手数料の支払いについて、どのように記載されているかしっかりと確認するようにしましょう。場合によって、複数の不動産会社に見積もりを取って、より自分の希望に合ったものを見つけるのも賢い判断です。

早速査定スタート
  1. STEP 1
  2. STEP 2
  3. STEP 3
  4. STEP 4

無料査定スタート