建築家・竹内国美・竹内由美子さんのブログ「何度目だナウシカ?と1984年」

何度目だナウシカ?と1984年

2023/06/01 更新

おはようございます。

安田成美さんが歌う風の谷のナウシカ。
あの曲が映画の作中で流れたという、
もはや都市伝説と化したアノの話がまた持ち上がっています。

実際には作品の中であの歌は使われていません。
私も映画館で見たとき、あの曲が流れなくてがっかりした記憶があります。
ただ当時巷では良く聞く曲でしたし、映画館の幕間にも流れていたので、
記憶違いをしてしまう人がいるのも理解できます。

その一方でエンドロールであの曲が確かに流れたと、
主張する方々も少数ですがいます。
風の谷のナウシカが上映された1984年を振り返ると、
今と比べたら時代がまだいい加減なところもあり、
もしかしたら映画館単独の作為や何かでそういう事もあったのかもしれません。

1984年と言えば今再放送しているNHKの朝ドラ、
あまちゃんでも重要なキーワードになっていました。
この年は日本の、特に文化、サブカルチャーにおいて、
それなりに重要な年だったのではないかと思います。

当時まだアイドル歌手全盛の時代、
若い子を売り出す為にはとにかく歌わせるという、
ちぐはぐなプロモーションはよくある話とは言え、
全く違う路線だった安田成美さんもちょっと気の毒でしたが、
あの調子っ外れな歌声(すみません)は、
今となってはあの時代特有の味わいになっているようにも思えます。

この年14歳だった私にとっても1984年は、今思えば特別な年だったように思います。
何か特別な思い出があったという程でもありませんが、
自分の人生の中で、どこかまだ能天気でいられた最後の年だった事は明確に覚えています。

ナウシカは渋谷東急文化会館で見ました。
(今ヒカリエがあるところです。)
あれは土曜日、学校の教室でK君と話していたらなんだか盛り上がり、
ナウシカ見に行こうよ!と誘われてその日の午後、
急遽見に行くことになりました。
当時学校は土曜日は休みではなく、午前授業だったのですよね。

K君とは学校で会えば楽しく話すけれど、普段特につるむ事が無かったので、
新鮮な映画体験として、印象に残っています。
3人で行った気がしますが、もう一人誰だったか記憶が・・・ごめんね。

そうそう、これ書いていて思い出しましたが、
K君は2回目のナウシカだったのですよね。
急な話だったので一旦家に帰ってから出かけるまで少々手間取り、
私が待ち合わせ時間にち遅れると、
彼は少々怒っていたというか焦って語気が荒くなってました。
学校では穏やかなイメージだったのでキャラの違いに困惑しましたが、
今思えば彼のそんな態度も理解できるし、
それだけ作品に強い思い入れがあったのでしょう。

さて、ナウシカを観た後、次の週からK君と私の友情が深まる、
という事は特になく、二人の関係はそれまでと変わらず卒業しました。
K君、今どうしているかな?

(写真はジブリ公式提供のフリー素材)

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

洗濯スペースをどうする?①

ナイトウタカシ

2024.07.21
昨日まで、クローゼットのお話でした...

建築家:ナイトウタカシ

想像を超えようとする職人的…

本井公浩

2024.07.20
弊社プレハブ事務所リノベーション ...

建築家:本井公浩

クローゼットのお話し⑥

ナイトウタカシ

2024.07.20
昨日は、クローゼット内部を できる...

建築家:ナイトウタカシ

耐震診断 現調@千葉県成田市

平 泰博

2024.07.19
耐震診断のご相談を受け、成田市まで...

建築家:平 泰博

クローゼットのお話し⑤

ナイトウタカシ

2024.07.19
昨日は、クローゼットの中身について...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ