清水裕子+清水貞博+松崎正寿 建築家・清水裕子+清水貞博+松崎正寿さんの作品

MR.house

既存コンクリートの梁を現しにしたLDK

既存コンクリートの梁を現しにしたLDK

依頼者の要望
周囲の喧噪を遮断しながら、開放的で静かな住環境を確保したい。
また、開放的な浴室をつくりたい。
建築家のコメント
既存建物の改修において、室内と外部とのつながり方を考察した住宅である。
敷地は山手線に道路を介して面した都心の住宅密集地で、その周囲は商業施設に囲まれている。

一日中通過する電車の音、都会の喧噪を遮り、静かな生活を確保する事が求められた。
外部に対して閉じれば音の問題は解決出来るが、息苦しい空間となってしまう。そこで、半外部空間を室内に挿入し、周囲の喧噪からのバッファーとすることを目論んだ。




半外部空間の存在は縁側のように、外部の影響力をやわらげながらも、連続性を強め、都心にありながらも静謐な住空間を実現させた。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 リフォーム・リノベーション・増改築
建物の種類 一戸建て 構造 RC造(鉄筋コンクリート造)
施工面積 - 総工費(目安)※ 2200万円
築年数 18年 ロケーション 都市部
施工前の間取り 施工後の間取り
設計・デザインのポイント 線路側に面するLDKと3F浴室には半外部空間を設け、木製建具で室内と分節し、半外部空間をバッファーとして外部と内部が段階的に連続するような構成とした。
半外部空間には給気と排気の換気扇を設置し、サッシを閉じた状態で常に空気が流れるため、室内の換気と通風を外部からの音を遮りながら確保出来る。半外部空間はサッシ、木製建具の開閉によって外部の延長、また内部の延長としても利用可能なスペースとなる。
所在地 東京都 沿線 -
工期 - 竣工 -
メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2017年01月13日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

清水裕子+清水貞博+松崎正寿

清水裕子+清水貞博+松崎正寿有限会社atelierA5建築設計事務所

東京都世田谷区経堂3-3-14

atelierA5は、清水裕子、清水貞博、松崎正寿の3人で共同設計を行っています。性別も考え方も異なる人間が意見を交わしながら、普遍的な価値、新しい価値を求めて設計を行っています。 住まい手がそ...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

1.5点 / 5点 評価者6人

評価の詳細

デザインがいい
(1.5点/5点) 評価者6人
コストに納得
(1.5点/5点) 評価者6人
参考になった
(1.5点/5点) 評価者6人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

清水裕子+清水貞博+松崎正寿さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

東京都の近隣エリアで設計事務所を探す

東京都を含めた近隣エリアで建築家を探す

東京都を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ