建築家・ナイトウタカシさんのブログ「外壁を全面タイルっていいですね。」

外壁を全面タイルっていいですね。

2017/10/12 更新

ガルバニウム鋼板で、横葺きの屋根。
(一枚目)

少し左に見えている平瓦の屋根から
連続するような屋根なので、
この葺き方を採用しました。

とってもシャープですし、
瓦屋根との一体感もばっちりでした。

ガルバニウム鋼板は、立ハゼ葺という
縦ラインの入る葺き方が多いのですが、
今回は、全体のバランスから、こちらの葺き方にしています。

あまりラインがきれいだったので、
軒樋をつけたくないくらい。
(でも、機能的に必要なので、つけますが)

和を感じるデザインの場合、
屋根や、軒先のデザインで、
ずいぶんと印象が違ってしまうので、
パートナーと一緒に、しっかり考えるといいですよ。

ちょっとした違いが。。。



二枚目の現場はちょうど、外壁のタイルを張り始め。

タイルは、細めのボーダーで、ちょっとした凹凸感があるタイプ。

あまりフラットすぎても、さみしいですし、
凹凸が大きいと汚れのことが気になります。

今回は、その辺、ほどよいバランスのタイルを
採用しています。

磁器質のタイルは、焼き加減で、
各々のタイルが、いい意味でムラになって、
とてもいい表情を創ってくれるので好きです。



そうそう。

タイルは、三枚目のような専用の接着材を塗りながら、
コツコツと張っていきます。

しかし。。
外壁全面ともなると、大変な量になります。

ほんと。
職人の方々には、頭が下がりますね。

最近は、メンテナンスのことを考えて、
タイルを採用される方も多くなってきました。

そもそも。
塗り替えということがないですからね。

ただ。
初期投資は、それなりに必要です。。


その辺は、バランス感覚です。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

おしゃれな飾り付けって、い…

ナイトウタカシ

2018.04.25
一枚目は、先日、伺った家のワンショ...

建築家:ナイトウタカシ

家づくりに関わる 人の気質

片桐寛文

2018.04.25
家づくりに関わる 人の気質は 「...

建築家:片桐寛文

こんな敷地はダメだ!

片桐寛文

2018.04.24
建物は 4m以上の道路に 2m以上...

建築家:片桐寛文

やっぱり、実物見ないとね!

ナイトウタカシ

2018.04.24
昨日、とある家創りのため、 いくつ...

建築家:ナイトウタカシ

設計事務所ではじめる春の家…

川嶌 守

2018.04.23
『 設計事務所ではじめる春の家づく...

建築家:川嶌 守

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ