建築家・ナイトウタカシさんのブログ「全館空調+換気って何がいいの?」

全館空調+換気って何がいいの?

2019/05/15 更新

昨日、とある家創りに採用予定の全館空調+換気について

メーカーと打ち合わせしてきました。



簡単にいうと、大きなエアコンから出た空気を

ダクトという筒を通して、家の隅々まで運ぶというもの。



そのダクトのルート確保が結構大事ですし、

大変だったりします。



その辺は、計画の段階から、しっかりと調整して

おかないと、あとで納まらないなんてことになるので。。



昨日も、しっかりとすり合わせしてきました。。





そもそも。

全館空調って、何がいいのか。



やはり、最大の特徴は、家中温度ムラがないことですね。



特に。

冬場の寒さは、ヒートショックにつながって危険なので、

温度ムラがないと安心できます。



実は、少し前までは、一台の大きなエアコンで、

冷暖風を創り出して、家中に送り出してきました。



それもあって、工事費が高くなってしまうので、

採用するのに、ずいぶんと高いハードルになっていました。





ただし。

最近は、採用する機会が増えてきています。



一番の理由は、価格が以前ほど高くなくなっているからです。

では。

何が変わったのか??





断熱性能がアップしていることがポイントとです。

(といっても、断熱気密に知識のない工務店等では難しいですが)



全館空調を採用する際は、断熱気密の性能を

相当高く設定するんですよね。

(私の場合は、そうでなくても高めですが!)



外皮の性能でいくと、0.56ほど。

ZEHが0.60なので、それより性能は高め。



そうすることで。

熱が逃げにくくなるため、熱負荷hが小さくなります。



その分、エアコンの馬力を大きくしなくてもよくなるんです。



しかも。

1階と2階で分けてしまえば、より一層容量を小さくできます。



結果。

コストを抑えて、工事できて、

しかも快適さを実現できるんですよね。



もう一つ。

各階で分けることで、いずれかが故障した場合も

困りません。





もちろん、個別のエアコンに比べると高めではありますが、

もう少し金額を足すと、快適な環境を手に入れることが

できます。



オススメですよ。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

上棟が済んだ後のチェックポ…

ナイトウタカシ

2019.05.22
昨日、とある家創りの現場へ行ってき...

建築家:ナイトウタカシ

計画候補地の視察

平 泰博

2019.05.21
おはようございます! タイラヤス...

建築家:平 泰博

暮らし始めて、必要になった…

ナイトウタカシ

2019.05.21
一枚目。山吹色の外壁。 インパク...

建築家:ナイトウタカシ

田園をのぞむ(借景)

石本輝旭

2019.05.20
敷地を建物で二つに割る 道路面が南...

建築家:石本輝旭

自分の「好き」をしっかり伝…

ナイトウタカシ

2019.05.20
一枚目。面白そうな雑誌じゃないです...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ