建築家・ナイトウタカシさんのブログ「タイルの外壁といってもいろいろ!」

タイルの外壁といってもいろいろ!

2019/06/13 更新

先日、こちらでご紹介した、外壁のタイル。(一枚目)



以前まで、タイルというと、

二丁掛タイル(22.7cm×6cm)というレンガと同じような

サイズが多く使われていました。



最近、マンション等で使われるタイルは、

45二丁タイル(45mm×95mm)が、まだまだ主流。



見た目は、なんとなく面白みの少ない仕上げでした。



最近では、細いボーダータイプのタイルも多くなってきました。



ただ。

細いタイプは多くなっていますが、

一枚目の写真のような凹凸のあるタイルは

さほど多くはありません。



カタログのイメージ写真等で見たとき、

少し派手に見えていたのですが、

実際、シックな色合いにしたこともあいまって、

とてもいい仕上がりになりました。



想像していた以上の仕上がりでした。





二丁掛のタイルだからといって

スタンダードすぎるわけでもありません。



二枚目のように、時を経たような風合いの仕上がりで

かつ、色がいわゆるレンガ色以外であれば、

とても新しく見えますよね。





細かなタイルだけではありません。



三枚目のように、大判のタイルを外壁に張るのも

高級感があっていいと思います。



写真なので、わかりにくいのですが、

このタイルは、一枚の大きさが、800X400もあったりします。



こういった大判のタイルを採用する場合は、

あまりフラットな感じにしないことが大事。



ベタっとしてしまいますので。



大判ゆえに、凹凸感は出しにくいのですが、

一枚の中に、表情のあるタイルを組み合わせると

いい風合いに仕上がります。







タイルの外壁って、他の素材にはない、

独特の風合いを表現してくれます。



一部でも、全部でも。

採用してみると、ユニークな外観デザインの実現に

つながっていくと思います。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

地鎮祭!そして竣工検査!!

ナイトウタカシ

2019.06.16
一枚目。初めてご覧になる方もいるか...

建築家:ナイトウタカシ

丁寧に暮らしたい・・・けど

藤田 敦子

2019.06.15
毎日、如何にして家事にかける労力を...

建築家:藤田 敦子

完成前の設計者+工事監理者…

ナイトウタカシ

2019.06.15
とある家づくりの現場のワンショット...

建築家:ナイトウタカシ

受賞報告 建築士事務所協会

石本輝旭

2019.06.14
愛知県建築士事務所協会建築賞にて ...

建築家:石本輝旭

格子の陰影

竹内国美・竹内由美子

2019.06.14
横格子の木製建具の陰影が日々の生活...

建築家:竹内国美・竹内由美子

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ