建築家・ナイトウタカシさんのブログ「法的な規制は、しっかりと協議!」

法的な規制は、しっかりと協議!

2019/11/19 更新

珍しく、写真撮り忘れました。。



昨日、確認検査機関へ、いくつかの家づくりについて

法的な確認をしてきました。



広大な土地にポツンと家を建てるのであれば、

法的に厳しいことはないのですが。。



名古屋市内で、かつ狭小地となりますと、

ギリギリまで攻めた計画が必要になったりします。



たとえば。



道路に面している敷地は、ある一定以上の高さを

建ものを道路ぬ面して建てることができません。



道路の幅に応じて、家の形に制限が出てくるんです。

専門的には、「道路斜線」といいます。



よく考えてみると、

広い道路の沿線には、ビルとか、大きな建物ありますよね。



道路の幅が極端に狭いところにビルは建ってないですよね。

狭いところにビルが乱立すると、避難上も危ないですし、

日当たりもよくないし、いいことありません。



それを避けるために、道路斜線を設定しているんです。



そんなことをわざわざ聞きに行ったの???

と思われたかもしれませんね。



いやいや。

道路斜線は、ある一定条件を満たすと、緩和されるんです。

やり方は、いろいろあるのですが。。



ただ、道路って、法律が設定しているように、

まっすぐでなかったり、幅も違ったりします。



その場合、どんな風に規制を適用するかは、不明確。

それを共有しておかないと、法的にアウトになります。



そのほかにも。

緩和に緩和を重ねて、適用してもいいのか??



これも、堅く考えると、ダメなのかなと思いますが、

解釈の問題でもあるので、しっかり協議して、考え方を示せば

それも可能になる場合があるんです。



実際、昨日は、それが一番のポイントでした。

もちろん、OKもらいましたよ。



規制が厳しいエリアでは、こういったちょっとしたことで、

3階建てができるのに、2回建てになったりすることも。



しっかりと法的なことも把握していて、協議もできること。

狭小住宅であれば、なおさら、そういった経験と知識をもった

建築家と家づくりをすることをお勧めします。





ついつい長くなってしまいました。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

竣工記念写真を撮影に行って…

ナイトウタカシ

2019.12.15
昨日のAMは、こちらのシーサーが鎮...

建築家:ナイトウタカシ

吹き付け断熱完了

北原啓子

2019.12.14
ウインダミアの家、 吹き付け断熱完...

建築家:北原啓子

家づくりでは、何を大事にす…

ナイトウタカシ

2019.12.14
昨日、とある家づくりの打ち合わせへ...

建築家:ナイトウタカシ

スケルトン階段にもいろいろ…

ナイトウタカシ

2019.12.13
スケルトン階段。 いいですよね。...

建築家:ナイトウタカシ

断熱工事をしっかりと!

ナイトウタカシ

2019.12.12
とある家づくりの現場のワンショット...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ