建築家・ナイトウタカシさんのブログ「親の近くに暮らす。設計は慎重に!」

親の近くに暮らす。設計は慎重に!

2020/01/04 更新

すがすがしい青空ですよね。

その下に鎮座する、二つの建物。



どっしりとした雰囲気の黒い和風の家。

直線的なデザインが特徴的なモダンな家。



この二つの家をご覧になって、

何か気が付いた方はいらっしゃいますか?



全然違うデザインですねって。

それも当たりの一つですが。。



この二つの家。

ただの隣近所ではありませんよ。



よく見てください。

カーポートの屋根が、両方の家の敷地にまたがってますよね。



そうなんです。



この二つの家。

親世帯の暮らす家と、子世帯が暮らす家なんです。



どちらが子世帯かは、一目瞭然ですよね(笑)





実は。

大きな敷地の中に、母屋(親世帯)が建ってて、

その脇にあった、納屋を解体。



そこを敷地として、子世帯が、家を別棟で建てた。

といういう流れなんです。





同じ敷地内に、二つの家を別棟で建てる。

ある意味、二世帯が暮らす家の一つのカタチです。



先日ご紹介したのは、一つの棟で中が完全に

分離していたのですが、こちらは、棟が分かれてますね。





ほどよい距離感をつくるという意味では、

物理的にも実現しやすくて、いいのですが。。



それ相応に敷地がないといけませんよね。



なので。

街中というよりは、郊外の広い敷地の時に

オススメのカタチになります。





世帯で完結した家を建てるんだから、

家がくっついたような二世帯住宅みたいな大変さは

ないと思われがちです。



でも。

それは大きな間違いです。





もともと暮らしている親世帯の生活スタイルは

しっかりと確保しながら、自分たちの暮らしを重ねていかないといけません。



子世帯のみでなく、親世帯とも、

しっかり対話しながら、家づくりを進めることが大事になります。





こちらの家づくりでは、スタート当初から、

そのコミュニケーションも含めて、関わらせていただく

ということを、約束していました。



もちろん。

しっかりと関わらせていただきましたよ!





親の近くに暮らす。

その家づくりをするためには、ただの設計士や

ハウスメーカーでは難しいと思います。



そういった家づくりに関わらせ手いただいた経験から、

強く、そう思いますね。



二世帯住宅。

そんな家づくりをする場合は、パートナー選びを

しっかりとすることをお勧めします。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

ステンドガラスのある家

北原啓子

2020.08.03
完了検査! 水回りの設備機器も設...

建築家:北原啓子

外部の色決めから照明の体感…

ナイトウタカシ

2020.08.03
昨日、とある家づくりからスタート。...

建築家:ナイトウタカシ

地盤補強の工事を現地でチェ…

ナイトウタカシ

2020.08.02
青空がきれいです。(一枚目) と...

建築家:ナイトウタカシ

建築事例を公開しました!

ナイトウタカシ

2020.08.01
実は。 先日、こちらの建築事例を...

建築家:ナイトウタカシ

ワークスペース

柳沢伸也+柳沢陽子

2020.07.31
 在宅勤務をされるようになって、自...

建築家:柳沢伸也+柳沢陽子

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ