建築家・ナイトウタカシさんのブログ「全館空調の工事の大事なポイントは?」

全館空調の工事の大事なポイントは?

2020/01/29 更新

昨日、とある家づくりの打ち合わせへ。



といっても。

お客様との打ち合わせではなくて、

工事関係者との打ち合わせでした。



ここ最近、全館空調を採用する機会が増えています。



数年前までは、全館空調というと、

採用するのにハードルが高かったのですが、

最近は、そのハードルが少し下がってきてるのが、

大きな理由かもしれませんね。



最近は、断熱性能の向上もあって、より少ない馬力で、

快適な空気感をつくることができるようになりました。



とはいえ、壁付けの個別エアコンよりは、割高。

でも。

得られる効果が高いので、その辺は、予算とのバランスですね。



そうそう。話は戻りますが。



昨日の打ち合わせは、この全館空調に関係する打ち合わせ。



設計の段階でも、しっかりと打ち合わせはするのですが、

工事になると、もう少し具体的で詳細な話をします。



ちなみに、昨日の打ち合わせの主な内容は。。



①空気を流す筒(ダクト)のルート確認

②エアコン本体の設置方法やメンテスペースの確認

③機器の搬入ルートの確認

④他工事との取り合いの調整

⑤工程的なすり合わせ



なんだか、難しそうな内容かもしれませんね。



でも。

この辺をしっかりと調整しておかないと、

後で、入るとか、入らないとか、手戻りがあったり

他の工事への影響が出てしまいます。



工事関係者だけの打ち合わせ内容では?

と思われたかもしれませんが。。



お客様の意向や

設計者としての意見も、しっかり共有しないといけません。



昨日は、その辺、しっかりと調整してきました。

あっという間は2時間ほど。。



こういった打ち合わせは大事にしてます。



気持ちよさそうな空間です。



二枚目は、名古屋市役所のエントランスホール。



時代を感じるデザインではありますが、

改めて見てみると、天井がユニーク。



ちょっとした遊び心のあるデザインが、素敵でした。



そうそう。

市役所へは。。

とある家の敷地について、法規制を確認しに行ったんです。



最近では、ネットでわかる情報もあるのですが、

やはり、窓口でしっかりと確認する方が安心です。



間違いがないように、しっかりと調査してきました。





いろんな家づくりが進行中。

毎日楽しませていただいて、感謝ですね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

ステンドガラスのある家

北原啓子

2020.02.23
鋼管杭施工完了。 隣地との高低差...

建築家:北原啓子

いよいよ最終見積を提示!!

ナイトウタカシ

2020.02.23
昨日の午前中は、お客様と現場へ。 ...

建築家:ナイトウタカシ

百聞は一体感に如かず!体感…

ナイトウタカシ

2020.02.22
なんだか不思議な感じですよね。(一...

建築家:ナイトウタカシ

枚方 事務所の新築工事

稲田 康紀

2020.02.21
枚方市で現場進行中の事務所新築工事...

建築家:稲田 康紀

アウトドアリビングにダイニ…

ナイトウタカシ

2020.02.21
リビングからフラットにつながるテラ...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ