建築家・ナイトウタカシさんのブログ「建築家と初面談した時は?」

建築家と初面談した時は?

2020/05/18 更新

昨日の打ち合わせ風景です。



午前中は、これから家づくりをしようとしている

ご家族と初面談に行ってきました。



最初は、緊張した空気感。



ですが。

いろいろと話していくうちに、慣れていきました。



どんな家づくりをしたいのか。

その思いを聞くのって、ほんと刺激的で、楽しい。



いつもそうなんですが。。

その想いを伺うのに、こんな条件をよくお伝えします。



①予算は度外視で。

②ご夫婦で食い違ってもOK。



この二点です。

なんだ、そんなことかと思われるかもしれませんが、

実は、この二点で、ずいぶんと制約されますよね。



例えば、①について。

予算に上限は必ずありますよね。



こんなことしたいけど、高くなり「そう」。

そんな思い込みから、こうしたい!を率直に伝えにくくなります。



それより、もっと優先することあるよねって。



でも。

その高くなり「そう」と思った根拠って?

実はないのかなと思います。



「なんとなく」なんだと思うんです。



そんな思い込みのために、伝えたいことを

心の中にしまいこんでしまう。



それって、もったいないですよね。



できるかどうかはわからないけど、



「こんなことがしたいんです!」

「こんなスペースがほしいんです!」



そう伝えてみたらどうでしょうか。



できるかどうか。

それは、われわれプロが予算を勘案しながら、

判断していくことです。



もしかしたら。

そのままズバリではないのですが、別のカタチで

同じような暮らしができるご提案ができるかもしれませんしね。



後で、こうしたかった!なんてことがないように、

最初に、全てを伝えていただくようにしています。





ちなみに。②も重要です。



ご夫婦で統一の想いであるのもよいのですが、

二人の意見が食い違って当たり前です。



家に何を求めるのかで、優先度が違います。



ご主人がこういったから、奥様が控えて伝えない。

その逆もしかり。



「実は、私はこう思っていたんだよね」

なんて。出来上がってから聞いたら、寂しい。。



もしかすると、家づくりのパートナー次第では、

ご夫婦で意見が違うことを好まないケースも。



私は、ウェルカムにしています。





家づくりをスタートするのであれば、

パートナーに、全てを包み隠さず、伝達することを

おすすめします。



せっかくの家づくりですから。



ただし。

パートナーによっては、聞き入れてくれない場合もあるので

その辺はご注意しながら、進めてくださいね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

オフィスデザインもうすぐ完成

石本輝旭

2020.05.29
現在大阪で着工中のオフィス改装工事...

建築家:石本輝旭

生活スタイルって、十人十色!

ナイトウタカシ

2020.05.28
このムラ感。どうですか?(一枚目)...

建築家:ナイトウタカシ

建築ジャーナルに掲載されま…

西島 正樹

2020.05.27
建築ジャーナル(2020年5月号)...

建築家:西島 正樹

テレワークスペース

竹内国美・竹内由美子

2020.05.27
マンションリノベーション。 壁上部...

建築家:竹内国美・竹内由美子

IKEAの家具を採用する時…

ナイトウタカシ

2020.05.27
洗面台の脇にある、二つのハコ。(一...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ