建築家・ナイトウタカシさんのブログ「家づくりの打ち合わせを楽しむ!」

家づくりの打ち合わせを楽しむ!

2021/02/24 更新

昨日は、一日家づくりの打ち合わせでした。



毎日、なんだかんだと家づくりのプロセスに関わらせて頂けて

とっても、ありがたいです。



午前中のお客様とは、とあるカフェで待ち合わせ。



9:30に集合してのですが、一番混みあう時間だったようで、

席が空くまで待ちました。



それもそのはず。

その時間は、モーニングセットのある時間ですから。

朝食替わりに、そのセットをいただく方が多いんでしょうかね。



モーニングセットをいただきながら、雑談。

そういう時間って、なんだかとても贅沢な感じでした。



食後は、しっかり打ち合わせしましたよ(笑)



こちらの家づくり。

これまで、じっくりと打ち合わせを重ねてきました。

書面上は、第10回目。



書面上と書いたのは、途中、ショールームへ行ったのが

入っていないからですけどね。



打ち合わせでは、前回の変更内容の確認からスタートして、

いつもより早くに終了となりました。



実は、ちょうど基本設計というプロセスが完了したところで、

家の仕様が一通り決定したことになります。



一度決めていただいた内容をもとにして、

次回までに見積書を作成して、次回ご予算とのバランスを

確認することになります。



ドキドキですよ。



例えていうなら。

テストの結果を待つような気分なんだと思います。



そのドキドキも、家づくりの楽しみの一つですので、

しっかり感じていただきたいです(笑)





午後、別の家づくりの打ち合わせへ。



こちらも家づくりも、基本設計の途中なんですが、

最終章に差し掛かっています。



打ち合わせ内容は、外構というか、敷地の造成についてでした。



こちらの家の敷地は、市街化調整区域という、

基本的に家を建てられないエリアにあるのですが、

県から許可をもらえれば建てれます。



何でもない平坦な土地であればよいのですが、

敷地内で高低差があったりするんですよね。



地盤の設定の仕方によっては、大変な手続きが

必要になるんですよね。



その手続きをしなくてもよいようにするために

敷地をどう設定するのか、家をどうつくるのかを

いろいろお話させていただきました。



建てられないとうリスクを回避しながら、

煩雑になるような計画を回避しながら、

それでも、自分たちのやりたいカタチを探していく。



この辺は、経験が大事になりますね。



今までに、いろいろ関わせていただいたおかげで、

いろいろご提案はできました。



できるだけ、スムーズに、理想的なカタチで、

家を実現できるといいですね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

住まいの設計の良し悪しとは

中村弘道

2021.03.02
住宅などの設計で、外壁には20年経...

建築家:中村弘道

木製のオーダーキッチンって…

ナイトウタカシ

2021.03.02
扉がいくつか並んでます。(一枚目)...

建築家:ナイトウタカシ

インテリアに使う素材って大…

ナイトウタカシ

2021.03.01
見えているのは、フローリングのサン...

建築家:ナイトウタカシ

竣工してからも楽しく!

ナイトウタカシ

2021.02.28
繊細な格子がきれいな、一枚目の家。...

建築家:ナイトウタカシ

タイルで時代の空気を感じる

ナイトウタカシ

2021.02.27
玄関前のポーチ床になります。(一枚...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ