建築家・ナイトウタカシさんのブログ「タタミコーナーのつくり方!」

タタミコーナーのつくり方!

2021/03/08 更新

リビングからつながるタタミコーナー。(一枚目)



小さなお子様がいるご家族ですと、

このスペースを要望されることがよくあります。



目の届く範囲で、ある程度自由に遊ばせることができますし、

転んだ時のことやハイハイなんてこと考えると、

フローリングに比べて、安心ですので。



広さは、3帖からスタートで、4.5,6帖くらいまでが多いです。

ただ。

3帖ですと、シングルの布団を二つ並べるのが少しきついので、

二人が宿泊されるようなケースがありそうなら、4.5帖がオススメ。



ちなみに。

冬に炬燵を置いて、寛ぐようであれば、4.5帖あると、

4人がゆったりと座れますよ。



一枚目の写真のように、フローリングと段差なくつながっていく

というカタチであれば、あまり、ハッキリと和を感じさせるよりは、

リビングのインテリアに雰囲気を合わせるといいですよ。



床がつながっていくと、視線も連続していくのと、

普段は、戸が開いていて、つながってるようであれば、

その方が、LDKの雰囲気に馴染みますから。





二枚目の場合は、壁や天井がつながっているので、

一体に見えそうな感じですが、腰かけできるほどの

段差があるので、空間としては、少し区切られた印象です。



壁の途中で色柄を切り替えるのは、不自然なので、

こちらの場合は、正面奥だけ、少し和を感じさせる

壁紙を採用しています。



床の段差だけで、ずいぶんと印象が変わります。



ちなみに。

段差は、30-45cmほどで、ちょうどダイニングチェアと同じくらいの

高さなので、ちょうどイスのように座れるので、便利ですよ。



さらに、コストはかかりますが、底上げした床下を使って

引き出しの収納を設置できたりするのもメリットです。





三枚目はどう感じましたか?



段差は、腰かけるほどありませんよね。



実は。

タタミコーナーのインテリアを見るとわかるのですが、

襖の作り方や障子を使ったりして、和を感じる雰囲気。



LDKとは少し違った空間として見せるため、

ちょっとした段差をつけることで、仕切っているんです。



ここからは、少し違う空間ですよって。



段差だけではありません。



お分かりだと思いますが、白木の建具枠を四方取り付けて、

縁取りすることで、奥が和空間であることを表現しています。



ちなみに。

LDK側のインテリアが、その枠に違和感を感じさせない場合に

限りますが。



こちらのLDKは、無垢を生かしたインテリアになっていたので、

違和感なく、馴染んだ感じにできました。





たかがタタミコーナーなんですけど、どんな風に見せたいかで

いろんなやり方があったりするので、いろいろ調べてみてください。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

個性や能力を充分に生かす社…

中村弘道

2021.04.11
法律の中で一級建築士でなければでき...

建築家:中村弘道

珪藻土?漆喰?土壁?どれが…

ナイトウタカシ

2021.04.11
昨日は、とある家づくりの家づくりか...

建築家:ナイトウタカシ

玄関土間からLDKがつなが…

ナイトウタカシ

2021.04.10
手前に見えている、モルタルの床は、...

建築家:ナイトウタカシ

はじめての家づくり 02 …

相川直子+佐藤勤

2021.04.09
新年度ということもあってか、世の...

建築家:相川直子+佐藤勤

上棟後の作業進捗

本井公浩

2021.04.09
鵠沼O邸新築工事 [上棟後の作業...

建築家:本井公浩

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ