建築家・ナイトウタカシさんのブログ「家づくりの打合せ回数に制限??」

家づくりの打合せ回数に制限??

2021/07/28 更新

昨日、とある家づくりの打合せへ行ってきました。



こちらの家づくり。

最初にお会いしてから、まもなく、1年が経過しようとしています。



お客様は、これまでに、ご自宅やご実家等の新築に、

何度も関わってこられていて、専門ではないのですが、

建築について、いろいろとご存じです。



私と関わる前に、ハウスメーカーや工務店ともお話されたのですが、

今迄のご経験から、ちょっと建築のことを知っている営業の方や、

あまりチャレンジなことをされてこなかった設計の方では、

満足いく回答がなかったそうです。



それもそのはず。



御要望はシンプルですが、そのシンプルさを実現するには、

いろんな考え方や課題の解決方法を組みあわせながら、

いろんな側面が整合するように、調整しないといけなかったんです。



ちなみに。

私でさえも、その場では即答はできないようなこと。

法的な取り扱い、構造的な解決方法が大きく影響していたので、

関係者にいろいろ相談、調整、協議したくらいですから。



ただ。

そのご返答をご覧になって、家づくりをご一緒させていただける

方向性になったので、よかったです。



上記した課題は、概ねクリアさせたのですが。。

そこからは、間取りのことで、いろいろとお話してます。



2週間に一度の頻度で、お会いして、お話していますが、

毎回、何かの御要望が出てくるため、

そのご要望をしっかりうかがって、次回新しい間取りをお持ちする。



そんな流れで1年ほどになりました。

これまでに作成した間取りって、もしかすると、50案くらいかも。



ちょっとした変化ではなく、毎回、大胆な変更でした。



私としては、納得のいく、最善の間取りにしていただきたいので、

毎回、その辺のお話してきたのですが。。



昨日、お客様から一言。



どこまででも打合せしていきそうだから、期限を決めよう。



私の返答は

逆に、いつまでにという条件はありませんか?



正直なところ、期限はないのですが、

取得された土地を遊ばせておくわけにもいかないので、

期限を決めてほしいと。



納得の家づくりをしていただきたいので、

打合せの回数を制限したりしていません。



なので。少し不思議な感じでした。





といいつつ。

間取りの方向性は、ずいぶんと固まってきているので、

その辺も踏まえてのお話かなと思いますが。



しっかりとお話して。

年内で設計を完了させて、年始に着工でいきましょう!

ということになりました。



もしかすると、竣工は、お会いしてから2年越しかもしれませんね。



とてもユニークで、過ごしやすい家。

和を感じる空間構成。



楽しみで仕方ありませんね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

スイッチとコンセント。だけ…

ナイトウタカシ

2021.09.17
気持ちよく、光が差し込んでます。 ...

建築家:ナイトウタカシ

居心地のいい家、電気配線確認

北原啓子

2021.09.16
今日のComfortable Ho...

建築家:北原啓子

シューズクロークが欲しいの…

ナイトウタカシ

2021.09.16
いろんな方から、家づくりのお話をう...

建築家:ナイトウタカシ

現場で検査と関係者打合せ!!

ナイトウタカシ

2021.09.15
昨日は、一日現場の打合せでした。 ...

建築家:ナイトウタカシ

間接照明を取り入れるには?

ナイトウタカシ

2021.09.14
とある家の主寝室のワンシーン。(一...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ