建築家・ナイトウタカシさんのブログ「強い日差しをコントロールするには?」

強い日差しをコントロールするには?

2022/06/28 更新

ついに。。

梅雨があけて、ずいぶん早い夏の到来ですね。



私は暑さ大丈夫なので、夏はウェルカムですが(笑)

これからの季節は、その暑さが体へ負担をかけます。



オーバーヒートしないよう、コントロールしていきたいですね。



昨日、東海地方では、午前中から、30℃近い気温で、

相当な暑さ。



そんな中、街中でふと空を見上げたら、木漏れ日が。。

植栽がいい日影を創り出してくれていて、すごく涼しくて、

過ごしやすかったんですよね。



それを体感しながら、ふと思ったことがあります。





気持ちよさそうでしょう?

ポイントは。。

ウッドデッキじゃないですよ(笑)



ご覧いただきたいのは、2階の窓に取り付いている

外付けの電動ブラインドなんです。



木漏れ日を見ながら、隙間から光が差し込んでくる様子から

ブラインドを連想しました。



ブラインドって、家の内側に、カーテンの代わりに

つけたりするイメージの方が多いと思います。



ただ。

こちらの家のように、外に設置できる、アルミ製の

ブラインドがあります。



内と外で何が違うの?と思いますよね。



実は。

全然違います。



何が違うのかというと、日差しを遮る能力が違います。



外側についている場合、日射熱が内側へ入るまでに反射しますが

内側の場合、すでに、日射熱は、内側に進入してますよね。



この差って、結構大きいんです。





特に、こういった吹抜けの窓の場合は顕著です。



吹抜けの上の大きな窓があって、軒もなくて、空が見えている。

たくさんの光が入ってきて明るいし、開放感が素敵!



そんな、素晴らしいヴィジョンがあります。



ただ。

夏場の強い日差しが、リビングに直接、しかも、

大きな窓を通して入ってきたら、なかなかな熱量。



窓が小さいとか、細いとかであればよいのですが、

大きなFIX窓だったりすると、すごいですから。



そんな時には、外側にブラインドつけると、

全然違いますよ。



しかも、電動で、羽の角度を変えることができるので、

完全に閉じてしまうこともできますし、

時間帯によっては、日差しを反射させて取り込むこともできます。



結構な優れものなんです。



もし、リビングの上に、大きな吹き抜けがあって、

そこに、大きな窓を設置するのであれば、

採用を検討してみてもよいかなと思います。





そうそう。

こちらは、とあるクリニックの現場。



現場監督と立ち会って、打ち合わせをしてきました。



徐々に、間仕切りができてきて、空間がイメージできる

ようになってきてますね。



ビル内部で、空調がきいていない中なので、

かなり、現場の環境として、厳しいのですが、

職人さんが、頑張って、コツコツと進めてくれていました。



ほんと。

頭が下がります。



現場は順調に進んでいます。

今後の変化が楽しみですね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

災害に強い家つくり

柳沢伸也+柳沢陽子

2022.08.19
短期間に局地的に激しい雨が降る「ゲ...

建築家:柳沢伸也+柳沢陽子

完成しました!

本井公浩

2022.08.19
綾瀬市 I邸新築工事。 ウッドシ...

建築家:本井公浩

明るさだけでなく暗さも大事…

ナイトウタカシ

2022.08.19
すごいいい景色ですよね。 ...

建築家:ナイトウタカシ

いろんな現場を確認へ!

ナイトウタカシ

2022.08.18
白い壁が見えてます。 こち...

建築家:ナイトウタカシ

詳細設計が大詰め。いよいよ…

ナイトウタカシ

2022.08.17
昨日は、天気がよくて、夏らしい空で...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ