建築家・ナイトウタカシさんのブログ「クローゼットドアは折れ戸がいい?」

クローゼットドアは折れ戸がいい?

2022/10/03 更新

昨日も相変わらずですが。

とある家づくりの打ち合わせへ行ってきました。



午後打ち合わせした打ち合わせの際、

収納の扉について、お話する機会がありました。



クローゼットのドアをどんなタイプにするのか。



よく見かけるのは、一枚目の折れ戸です。

両側にスッキリ折りたためて、クローゼットの中身を

一気に見渡せるのは、とてもいいところ。



今日はどの服にしようかなぁ。

なんて、考えたりするのが好きな方にはピッタリ。



あーでもない。こーでもないって。



そういったシーンを想定すると、この折れ戸が多い理由も

理解できそうです。



ただ。

折りたためるのはいいのですが、両側にたまったドアの

厚み分、有効が小さくなりますよね。



ドアが両側に固定されたりしていると、

両側数センチが使えず、家具の引き出しが引っかかったり。。

といいつつ、家具の配置を工夫すればクリアできますね。



それと。

折れ戸自体、引き戸や開き戸に比べると、動き方が複雑なので、

力のかけ具合によっては、壊れやすかったりします。



もちろん。

ずっと丁寧に使っていただければ、こちらもクリアできそうです。



クローゼット=折れ戸というわけでもありません。



引き戸だって候補になりますよね。





こちらの事例は、2枚の引き違いで、少し小さめですが。。



引き違いの場合は、扉がどちらか半分に残るので、

折れ戸のように、一気に中身を見渡すことができません。



でも。

扉として、動きはシンプルなので、壊れにくいですね。



それと。

引き戸の場合、壁から出っ張ってこないこともポイントです。

折れ戸は、出幅は小さいながらも、扉の幅分は前に出てきますから。



もしかして、部屋がミニマムで、できるだけ有効を広く取りたい。

そんな場合は、引き戸がいい選択になると思いますよ。



採用の際、気を付けたいところがっもう一つ。

扉の厚みが、折れ戸に比べて倍になるので、

その分、奥行を確保しておかないと、服がはみ出たり。。。

ご注意くださいね。





それと、こちら。



そうなんです。扉なし。

潔すぎです(笑)



昨日のお客様も、子供部屋のクローゼットは、

扉なしでよいですよとのことでした。



その趣旨は、部屋を少しでも広く感じたいからなのですが、

別の意味でもよいかもしれません。



全ての子供がそうという意味ではありませんが、

ドアの使い方が、ラフになることも。。



なので、思い切ってドアがないというのもいいと思いますよ。



もし、どうしても隠したくなったら。

ドアではなく、カーテン設置すれば問題ないですから。



カーテンの方がササっと操作できて、壊れにくく、

邪魔にもならない。

ということで最高のクローゼットドアなのかもしれませんね(笑)



クローゼットに折れ戸。

当たり前でもないので、いろいろ考えてみるとよいかも。



自分の暮らしに最適なセレクトをしていけるといいなと思います。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

二世帯が別で暮らす家。引き…

ナイトウタカシ

2022.11.29
昨日の午前中は、曇ったり、晴れたり...

建築家:ナイトウタカシ

住まいの設計12月号に再掲載

石川淳

2022.11.28
「住まいの設計」12月号に8月号で...

建築家:石川淳

ペンダント照明の選び方は?

ナイトウタカシ

2022.11.28
ガラスでできたペンダント照明。 ...

建築家:ナイトウタカシ

ガルバニウム鋼板の屋根にも…

ナイトウタカシ

2022.11.27
整然と並んだライン。 美しいです...

建築家:ナイトウタカシ

キッチンをフラットにするか…

ナイトウタカシ

2022.11.26
昨日、とある家づくりの現場で、いよ...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ