建築家・ナイトウタカシさんのブログ「厳しい法規制がプラスになることも。」

厳しい法規制がプラスになることも。

2019/06/14 更新

昨日、新しい家つくりのため、敷地を視察してきました。



閑静な住宅街の一角。(一枚目)

実は、名古屋市内でも、過ごしやすいエリアです。



地下鉄まで、少し距離はありますが、徒歩圏内。



それなりに、利便性のいい土地は、

周辺がビルやマンション、3階建ての家に囲まれてる

ような環境のはずなんですが。。



こちらは、閑静な住宅街。

まわりは、2階縦の戸建て住宅か、3階程度のマンションくらい。



こちらの土地も南側が道路で、

日当たりは抜群でした。



その理由は、この敷地が、とても厳しい法規制のエリア

に入っていることが幸いしています。



第一種低層住居専用地域(一番厳しい)

建蔽率:50%(敷地半分は空地)

10m高度地区(北側は高さを厳しく規制)



初めてご覧になった方だとわかりにくいのですが、

少しでも知ってる方だとピンときます。



法規制が厳しいことって、自分とっても大変なんですが、

街並みという意味では、とてもいい方向に作用します。



ということで。

とってもいい敷地でした!




少しわかりにくいかもしれませんが。。

この敷地に、和をベースにした、和モダンな家を考えています。(二枚目)



大らかなに流れていく大屋根をベースにして、

外壁には、塗り壁を採用したり、木の建具を採用したり。



建物に限らず、植栽も、しっかりとデザイナーを入れて

いい雰囲気に仕上げる予定です。



11月着工に向けて、正式にスタートします!!



楽しみです!

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

7月 1回目の設計相談会の…

平 泰博

2019.06.19
こんばんは タイラヤスヒロ建築設...

建築家:平 泰博

和モダンを研究してみる

ナイトウタカシ

2019.06.19
とある建築家が作り出す和モダンなデ...

建築家:ナイトウタカシ

6月のオープンハウス+住ま…

吉原健一+宮本恵美子

2019.06.18
これから家を建てようと思っている方...

建築家:吉原健一+宮本恵美子

アイランドキッチン・大屋根…

竹内国美・竹内由美子

2019.06.18
大屋根の家のキッチンはグラフテクト...

建築家:竹内国美・竹内由美子

「宅地造成規制法+がけ条例…

ナイトウタカシ

2019.06.18
一枚目の図面。 とある家づくりの...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ