建築家・ナイトウタカシさんのブログ「色を決めるときは直観がオススメ!でも。。」

色を決めるときは直観がオススメ!でも。。

2019/09/25 更新

一枚目。

とある家づくりの現場のワンショットです。



何となくイメージできますか?



そう。

玄関なんですよね。



こちらの家づくりでは、仕上げの工事が進んでいます。

その一つが、このタイルの工事です。



少し乾いた感じで、ムラがいい表情。

なのに。

全体的な統一感はある。



そんなタイルなんですよ。



お客様のセレクトなんですが、センスいいですよね。



こちらの家づくり。

お客様らしく、全体的にスッキリしていて、

スタイリッシュながらもやさしさがあります。



このタイル一つとっても、それが表れてると思いませんか?



もっと荒々しい石目だってあるし、

ムラの少ないものもあり、色だってナチュラルな色もあるんです。



たくさんあるタイルの中から、これ!ってセレクトされたのが

こちらのタイル。



直観って、ほんと、お客様の個性が出てきますよ。



色柄を決めるときは、専門家のアドバイスも大事ですが、

ご自分の直観を信頼して、意思決定することを

強くオススメします!



ただし。

全体とのバランスを見極めできるパートナーが

必要ですのでご注意ください。





二枚目の写真。

拡大しすぎてわからないかも(笑)



こちら。床面の一部なんですよね。



床の仕上げが切り替わるところって、どうなってると思います?

例えば、LDKの中で、キッチンだけ違う素材に

することって、よくあります。



異素材が隣にある場合は、見切という部材を

入れるんですよね。



この写真に写ってる見切りは。。

ステンレスだったりします。



実際、表面に出てくるのは、細いラインだけ!

なので。

スッキリ、シャープに見えるんです。



何も言わないと、太い木で切り替わったりします。



実は、そういった細かなところに

しっかり神経が行き届くかで、全体の見え方が変わります。



それこそ、建築家(といってもごく一部ですが)と

それ以外の工務店やハウスメーカーの家の見た目が

違ってみえる理由だったりします。



何も指示しないと、大工さんの持つ常識の範囲内になりますよ。



それがいけないわけでもないのですが。

自分らしさを実現するには、大事な要素だと思います。



そんな風に、こだわった家づくりをサポートしています。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

テレワークスペース

竹内国美・竹内由美子

2020.05.27
マンションリノベーション。 壁上部...

建築家:竹内国美・竹内由美子

IKEAの家具を採用する時…

ナイトウタカシ

2020.05.27
洗面台の脇にある、二つのハコ。(一...

建築家:ナイトウタカシ

ジャパンブランドコレクショ…

石川淳

2020.05.27
今日は掲載本のお知らせ。 jap...

建築家:石川淳

どちらもカバ(バーチ)無垢…

竹内国美・竹内由美子

2020.05.26
見え隠れするマンションリノベーショ...

建築家:竹内国美・竹内由美子

居心地よくて温かみのある家…

ナイトウタカシ

2020.05.26
車のショールームですね。 ...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ