建築家・ナイトウタカシさんのブログ「ミニマルなデザインって古びません。」

ミニマルなデザインって古びません。

2019/09/30 更新

白いキューブ型の家。(一枚目)

二つの道路に面した角地に立っています。



道路側には、必要最低限の窓を配置。

それ以外は、完全に閉じていて、

周囲からのプライバシーをしっかりと確保しています。



目地のない外観ではなく、敢えて、横ラインを出して

水平ラインを強調しています。



目地をつぶしてしまって、フラットにするのもよいのですが、

長い目で見たときに、割れが発生すると、見た目がよくないため、

敢えて、目地を出すようにしています。



外壁には、汚れが付きにくい塗装をしているので、

真っ白なのですが、10年ほど経過しても

目立った汚れはありません。



そうなんです。



こちらの家。

10年前に設計させていただいた家なんです。



ミニマルでモダンなデザインは、10年たっても

古びた感じはありません。



おそらくですが。

20年後も、30年後も、しっかりと塗り替えをしてけば、

いつも新鮮で洗練された印象になると思います。



単にシンプルにしたという程度では、

こういった恒久性にはつながりません。



しっかりと細かなところまで、デザインしておくと

こんな風に、いつも新鮮にみえる家になりますよ、



建築家ならではなのかもしれませんね。



話はかわりますが。

昨日、とある家づくりの打ち合わせへ行ってきました。(二枚目)



こちらの家。

先ほどのような、ミニマルなデザインではありませんが、

とってもユニークな平屋の家。



ユニークって、どんな??



閉じてるようで、開いている。

囲んでいるようで、開放されてる。



何だかわかりませんよね(笑)



とにかく、めったに見かけない平屋なんですよね。



でも。

それって、私がイメージで見た目でデザインしたのではなく、

お客様の要望を組み合わせていった結果なんですよ。



なので。

なぜ、そのカタチなのかって、説明できちゃいます。



なにかって。



お客様のユニークさが、しっかりと家に表現されてます。



でも。

家って、そういうもんだよなと思うんです。

建築家のための家ではなくて、暮らす家族のための家なので。



「らしさを引き出してカタチにする」



大事にしているコンセプトです。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

【インスピレーションを与え…

西島 正樹

2019.11.18
homifyのマガジン欄に 【海の...

建築家:西島 正樹

練馬・パティオのある・・点…

北原啓子

2019.11.18
練馬・パティオのある光と風の家、1...

建築家:北原啓子

制震ダンパー設置

北原啓子

2019.11.18
ウィンダミアの家:制震ダンバーミュ...

建築家:北原啓子

いろいろ打ち合わせ行ってき…

ナイトウタカシ

2019.11.18
一枚目。手前に見えているのは、外壁...

建築家:ナイトウタカシ

ショールームでデートでした!

ナイトウタカシ

2019.11.17
昨日は、とある家づくりのため、 ...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ