建築家・ナイトウタカシさんのブログ「外壁にサイディングってどう?」

外壁にサイディングってどう?

2020/04/08 更新

とある家づくりの現場。(一枚目)

昨日、こちらの現場へ定例の打ち合わせへ行ってきました。



いくつかの内容について打ち合わせはあったのですが、

通常に比べると、質疑も少なく、控えめ。



とても順調に進んでいる現場だからでしょうかね。

現場監督が、早めにいろいろ検討してくれていたこともありそうです。



というわけで。

現場の状況を、いつも以上に丹念に見る時間ができました(笑)



現在、外壁を工事している途中なので、

その施工状況を見てきました。



パッと見ると、なんでもないシンプルな外壁ですよね。

実は、こちらの製品。初めて採用します。



素材は、窯業系サイディングで、

いわゆる「サイディング」になります。



サイディングというと、レンガ模様や木目柄、タイル風といった

表情のあるタイプが多いんですが、そんな中でも、

敢えて、スッキリとしたタイプにしてます。



シャープでモダンな雰囲気に仕上がります。



さらに「四方あいじゃくり」という特殊な仕様になっていて、

メンテナンスにもしっかり配慮しているものだったりします。

(目地はありますが、コーキングではないんですよね)



予算もかけていただいたのですが、

こちらのお客様には最適な外壁になったと思います。



早く全面張れないか。。

なんて、とっても楽しみですね。





いきなり部分のアップですが(笑)



こちら。

壁と床の取り合いに設置する巾木なんです。



アルミのアングル+タモの集成材。

ちょっと不思議な形状、素材ですよね。



実は。



基礎の内側に断熱した場合、玄関土間周りは、

うまくやらないと、断熱が欠損してしまいます。



それを回避するための、工夫の集積の結果が、

この拡大した部分になります。



なぜ、下まで木部がいかないのか。

木部が凸凹した形状なのはなぜか。

上が丸くなってるのはなぜか。



全てに理由があるんです。



こちらの家のお客様は、断熱+気密に

とってもこだわりがある方なので、

基礎の断熱が欠損してるなんていけませんから。



実は、全体からすれば、わずかなので、計算上も関係ないんですが、

お客様の強いこだわりだからこそ、細かなところまで、

しっかりと突き詰めて工事しているんです。



こちらの家。

断熱+気密もすごくて、全館空調も入れてる。。

最強に快適な家になりそうです。



かっこよくて、快適に暮らせる家。

うらやましいですね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

ハウスメーカー?工務店?建…

ナイトウタカシ

2020.06.07
とある家づくりの現場。(一枚目) ...

建築家:ナイトウタカシ

食洗機はミーレ?国産?

ナイトウタカシ

2020.06.06
ミーレの食洗器。(一枚目) ...

建築家:ナイトウタカシ

久しぶりのショールームへ!

ナイトウタカシ

2020.06.05
きれいな色が並んでますね。(一枚目...

建築家:ナイトウタカシ

ベイウィンドウのある家:植…

北原啓子

2020.06.04
外構工事の砕石の敷き込みが完了し、...

建築家:北原啓子

ステンドガラスのある家:6…

北原啓子

2020.06.04
この日は、木工事の追い込み施工中で...

建築家:北原啓子

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ