建築家・ナイトウタカシさんのブログ「キッチンは、細かく観察すると面白い!」

キッチンは、細かく観察すると面白い!

2020/07/07 更新

キッチンって、家を構成するものの中では、

とっても重要な要素の一つですよね。



使い勝手は、もちろん大事ですが、

LDKの中では、とっても目立つので、

見た目にも、しっかりこだわっておきたいところ。



そんなカタチで、どんな素材を組み合わせて、

どんな設備機器を使うのか。



自由にセレクトできると、同じようなキッチンになることって

ほとんどありません。



使う奥様の個性が現れる場所になります。



例えば、一枚目のキッチン。

フルフラットタイプのI型キッチンですね。



圧迫感がでないように、敢えて手元を隠さずに、

フラットでリビングダイニングとつながります。



このキッチン。ホーローという素材でできてます。

磁石はくっつくし、汚れはふき取れるし、

劣化していくことがほとんどなく、長持ちします。



ちょっと失礼なお話ですが、タカラスタンダードって

あまりデザインが得意ではないのですが、

セレクトの仕方では、こんな素敵な感じになるんですよ。



キッチンの手元照明として、ダウンライトでなく、

ペンダント照明を組みあわせてるのは、ユニークです。



もう一つ。

背面の収納をご覧ください。



吊り戸がありませんよね。

高いところは使いにくいからということで、

思い切って吊り戸は取りやめて、

窓にしてしまってます。



なので。

とっても明るいキッチンになりました。



なんとなく見てしまうと、普通に見えるかもしれませんが、

よくご覧いただくと、いろいろ工夫がありますね。



二枚目のキッチン。



先ほどと同じく、I型ですが、リビングから手元が見えないよう

手元隠しを設けています。



ちょっと整理されてないときに来客があっても

安心ですね。



パッとご覧になって気が付いた方がいるかもしれませんが、

キッチン本体と背面の収納は色が違いますよね。



ひと昔前までは、キッチンと背面収納って、

揃えることが多かったので、違和感感じる方がいるかもしれませんが。

最近は、そうでもないんですよね。



なぜ、変えたのか??



その理由は。。

背面側は、リビングから見えます。

リビングからのインテリアを統一するためなんです。



ちなみに。

キッチン本体は、天板にどうしても、この色のセラミックを

採用したかったそうです。木目柄との組み合わせも。



この木目柄で、背面収納を構成してしまうと、

せっかく採用した、レッドシダーの天井とダブってしまい、

レッドシダーの良さが出ないので。



それでも。その木目が気に入ってたんです。



でも。不思議と、違和感がないですね。

それは、しっかりとコーディネートしてますから。





せっかくのキッチンですから。

漠然とでなく、細かなところまで、ご覧になって、

参考にしたりして、自分だけのキッチンをつくってくださいね。



楽しいですから。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

すんごい快適を体感するため…

ナイトウタカシ

2020.08.08
ユニークなカタチしてます。 シン...

建築家:ナイトウタカシ

ステンドガラスのある家:カ…

北原啓子

2020.08.07
ステンドガラスのある家:カーテン完...

建築家:北原啓子

笹塚の家 Ⅱ 外装工事

山本浩三

2020.08.07
笹塚の家Ⅱは外壁のモルタルまで終了...

建築家:山本浩三

浜田山の家 工事終盤

山本浩三

2020.08.07
浜田山の家は、工事は終盤に差し掛か...

建築家:山本浩三

植栽って。素敵ですが。。

ナイトウタカシ

2020.08.07
昨日、とある家づくりの現場へ。(一...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ