建築家・ナイトウタカシさんのブログ「ウナギの寝床で地鎮祭!!」

ウナギの寝床で地鎮祭!!

2020/08/05 更新

昨日、とある家づくりの地鎮祭でした!!

毎度ですが、気持ちが引き締まります!



これまで、ずっと打ち合わせをしてきて、いよいよといった感じです。



こちらのお客様。

土地の取得の時から関わらせていただきました。



実は、とっても間口が狭くて、奥に長い、いわゆる、

ウナギの寝床といわれる狭小地なんです。



しかも。

将来、自分の敷地内だけで、外壁等のメンテナンスができることが

とても大事なポイントだったこともあり、間口が大きくないのに、

さらに周囲に離隔が必要だったので、家も相当細長いんです。



それでも。

しっかりと考えて、その幅を感じさせないような家を

計画してきたんですよね。



お客様も納得の計画になりました。

それが、いよいよ着工ですから、楽しみですよね。



これからは、工務店とも力を合わせて、

お客様が求めるクオリティの家をカタチにしていこうと思います。



午後は、とある家づくりの敷地を視察に行ってきました。



前面道路がゆったりしていて、閑静な住宅街。

なんだか開放的で、とても過ごしやすそうでした。



決して、天気がいいからではありませんよ(笑)



そうそう。

なぜ開放的で過ごしやすいと感じたのかというと。。。



この地域の法規制が、とっても厳しいからなんです。



厳しいと開放的なの??と思いますよね。

はい。その通りです。



大きな建物が建てられないですし、敷地の中で、家を建てられる比率

(建蔽率)が30%ですから。



その他の部分は、ゆとりになってるので、風通しや日当たりもよくなります。

どうですか?いいですよね。



でも。。

ある一定の広さがないと、家が建ちません。

こちらの敷地も、ギリギリ35坪の家が建つ感じ。。



土地を取得する際は、しっかりとその辺も見極めたいですね。

(というか、建築家にアドバイスをもらうといいですよ)



ちなみに。こちらの敷地は、さらにハードルが高くなってました。

現地を見るまではわかりませんでしたが、ハッキリ確信!!



さて。どうするか。

これから、いろいろ策練ります!そのあと、とある家づくりの現場へ。

いろいろ打ち合わせしてきました。



大工工事が後半戦なので、いろいろ細かなところで質疑がありました。

もちろん。しっかりとやり取りして、指示してきましたよ。



ただ。2点お客様に確認が必要なことがあったので、

この工事の報告と合わせて、メールで確認させていただきました。



そうそう。

私は、工事の監理をしているときに、毎週現場に行きますが、

その際に現場写真と合わせて、工事の進行状況を

メール差し上げています。



だって。

どんな感じで進んでいるのかって気になりますよね。

それを伝えることで、安心していただきたいからです。



ちなみに。

このスタイルって、私のオリジナルであって、

何かで決まってるわけではないので、やってる人は少ないと思います。



でも。そういったプロセスも大事にしてます。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

電球そのままブラケット照明

竹内国美・竹内由美子

2020.09.28
円筒型の器具に電球をそのまま取りつ...

建築家:竹内国美・竹内由美子

設計時の打合せと工事時の打…

ナイトウタカシ

2020.09.28
めずらしく、食事のショット(笑)(...

建築家:ナイトウタカシ

ステンドガラスのある家:写…

北原啓子

2020.09.27
8月の最後の土曜日に撮影したステン...

建築家:北原啓子

分ける事で心地よく、繋げる…

竹内国美・竹内由美子

2020.09.27
1枚目の写真の住まい(松戸市K邸・...

建築家:竹内国美・竹内由美子

プレゼンから現場、そして土…

ナイトウタカシ

2020.09.27
昨日、とある家づくりの打ち合わせか...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ