建築家・ナイトウタカシさんのブログ「ペンダントライトはどれがいい?」

ペンダントライトはどれがいい?

2021/01/17 更新

素敵なダイニングキッチンですよね。(一枚目)



タモの木目が生きていて、ナチュラルにも見えますが、

ステンレスのキッチンを取り入れたりして、かっこよさも持ってます。



この写真の中で、この雰囲気を演出するために、

いろんな要素が関係しているのですが、その中のポイントになっている

ことを一つお伝えしておきます。



それは。

ダイニングキッチンの上に取り付けた、ペンダントライトです。



木目やガラス素材なんかにしてしまったら、空間に馴染みすぎて

せっかくのライトが生きてきません。



それだったら、ペンダントライトではなく、ダウンライトやスポット

がよほどオススメです。



せっかくのペンダントなので、しっかりと主張をしつつも、

邪魔にならない組みあわせがベストです。



こちらの家のインテリアの方向性には、ブラックのペンダントが

とてもフィットしていました。



だからといって、全てがブラックということでもありません。

二枚目を見てください。



パープルのガラス素材ですね。



これ。

お客様がネットショップで購入したもの。



大きさといい、存在感といい、とてもいいですね。

(大きさは偶然かもしれませんが(笑))



シックな雰囲気でまとめたインテリアの方向性だったのですが、

せっかくなので、アクセントで、お客様の好きな色ということで、

こちらになりました。



実は。

写真には写っていないのですが、リビングのソファが

このガラスと同じ系統の色なんですよね。



好きな色が差し色で入っていて、しかも、同じ色。



なので、自然と全体に統一感が出てきているんですよね。



三枚目のペンダント照明は、どちらかというと、

天井に馴染ませた感じでセレクトしてます。



実は、こちらのお客様は、レッドシダーの天井に

すごくこだわりがあって、それをしっかり見せたい。



なので、レッドシダー以上に主張してしまうものって、

あまり嬉しくないんですよね。



そう考えると、このセレクトって、とてもいいなって思います。





何を大事にしていて、どう見せたいのか。

それをしっかりと決めておけば、自然と、納得のインテリアに

仕上がっていきます。



逆にそれがないと、統一感も難しくなりますから。

しっかり考えてくださいね。







そうそう。

昨日、朝イチから、とある家づくりの打ち合わせでした。



何度かおじゃましてお話させていただいてるのですが、

毎回、とても楽しく打ち合わせさせていただいてます。



打ち合わせ半分。雑談半分といったところでしょうか。



合理的な発想であれば、打ち合わせのみ話をすればよいのですが、

お互いを知るという意味では、雑談って、とても大事だなって

思っています。



家づくりのパートナーって、しっかりと分かり合った、

信頼し合える関係がベストなので、お互いを知ることって

第一歩ですから。



じっくりと。しっかり。



さぁ。今日も家づくり楽しんできます!

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

自宅の解体工事が始まりまし…

竹内国美・竹内由美子

2021.03.05
十数年間の暮らしが、確かにそこにあ...

建築家:竹内国美・竹内由美子

完成しました!

本井公浩

2021.03.05
伊勢原市ID邸新築工事 [完成し...

建築家:本井公浩

現場監督の家づくり。最終章…

ナイトウタカシ

2021.03.05
とても開放的な空間ですよね。(一枚...

建築家:ナイトウタカシ

書籍「リフォームデザイン2…

小野寺 義博

2021.03.05
書籍「リフォームデザイン2020」...

建築家:小野寺 義博

基礎工事完了しました。

本井公浩

2021.03.04
鵠沼O邸新築工事 [基礎工事完了...

建築家:本井公浩

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ