建築家・ナイトウタカシさんのブログ「玄関までのアプローチを演出するには?」

玄関までのアプローチを演出するには?

2021/01/24 更新

一枚目。駐車場から玄関への裏動線(家族用アプローチ)です。



来客用ほどゆったりとしていませんが、

つうこうするには支障のない幅になっています。



向かって左手。

この角度だとわかりにくいのですが、縦格子にしています。



この格子。目隠しという意味合いがつよいんですけど、

完全にふさがった壁に比べると、圧迫感が軽減されています。



裏動線に使う通路とはいえ、窮屈な感じでない方がよいですから。



また、見た目だけでなく、風通しがよくなるため、

夏場には、気持ちのよい空間になると想像できます。



もう一点。

天井を見てください。



天井を低くフラットにせず、梁や桁を見せてることもあって、

高さ方向にも開放感が感じられるようになっています。





二枚目はどう感じますか?



向かって左側の壁は、思い切って、ふさいでしまっています。

というのも、左側に道路があって、そこから玄関を見られないように

するためです。



完全にふさいでしまっているので、一枚目の通路幅では、

かなりな圧迫感になってしまうため、通路自体を広く確保しています。



それだけでなく、奥へと抜けていく視線をつくって、

その抜け感で、より開放感を感じてもらうように意図しています。



天井をフラットにして、高さを抑えてるので、

この奥への抜け感が、とても効いているんですよね。





三枚目はどうでしょう??



通路の幅は、一枚目と二枚目のちょうど中間だったりします。

奥は詰まっていて、天井もしっかり押さえています。



これで、さらに壁を立ててしまうと、かなり窮屈になります。



なので。

思い切って、壁のない開放的な造りにしています。



ちなみにですが。。

右側の開放されてるところは、その高低差にもよりますが、

手摺を付けることもありますよね。



その場合、その手摺自体を、抜け感のあるタイプにすると、

こちらで感じている開放感を残すことができます。





道路から玄関までのアプローチ。



あまり窮屈な感じにならないよう、その幅や抜け感、

天井の作り方等、しっかり考えるといいですよ。



それによって、家自体の印象がずいぶんと変りますから。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

長く暮らす家だからこそ。

ナイトウタカシ

2021.02.26
昨日、とある家づくりの現場で、引き...

建築家:ナイトウタカシ

スケルトン階段とお知らせ

平 泰博

2021.02.25
千葉市|星久喜町の住まい ...

建築家:平 泰博

玄関ホールの手洗い。いろい…

ナイトウタカシ

2021.02.25
お気に入りのペンダントライトがいい...

建築家:ナイトウタカシ

家づくりの打ち合わせを楽し…

ナイトウタカシ

2021.02.24
昨日は、一日家づくりの打ち合わせで...

建築家:ナイトウタカシ

変化してく要望って自然です…

ナイトウタカシ

2021.02.23
昨日、とある家づくりの打ち合わせへ...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ